スポンサーリンク

【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク

今永投手が9戦目も快投

 現地2024年5月18日はカブスの今永投手の登板日。前日、ポール・スキーンズにやられたカブスですが、この日は同じルーキーの今永投手がパイレーツ打線に対して最高の投球を見せました。

 今永投手の先発登板はこの日でキャリア9試合目。これまでの8試合のシーズン通算ERAは0.96。果たして9試合目に1981年に一大センセーションを巻き起こしたフェルナンド・バレンズエラのERA 0.91にどこまで迫れるか?が注目でしたが、結果は超えて来ました!

Armed Forced DayとMemorial Day

 なお、今週末(18日)に各クラブが特別な黒いキャップを被っているのは、”Armed Forced Day”「軍隊の日」を記念してのこと。週末を通して、MLBは現役の軍人、退役軍人、軍人の家族を称える日としており、それに合わせたデザインのキャップを着用しています。

 もともと、MLBは5月の最終月曜日をメモリアル・デーとして毎年、国民とともに祖国のために亡くなった人々を追悼し、敬意を表する日としていました。2024年は5月27日(月)がそれです。Armed Forced Dayはその一環で創設されたようですね。

今永投手、7回/スコアレス/7 K

(YOUTUBE)Shota Imanaga lowers his ERA to 0.84 (Best in MLB!) | 

 その今永投手は初回、先頭のアンドリュー・マッカッチェンに四球を出す立ち上がりに。高めに浮いてしまいましたが、枠をわずかに外れるコースでした。しかし、2番のブライアン・レイノルズの打席からコマンドが修正され、ブライアン・レイノルズを3Bゴロに仕留め、コナー・ジョー、エドワード・オリバレスから連続三振を奪い、無失点に。

 パイレーツ先発のベイリー・ファルターの立ち上がりの投球を見て打線が苦戦することを今永投手が想定したのかどうかどうかはわかりませんが、2回以降はさらに精度が上がってきました。2回はニック・ゴンザレス、ジャレッド・トゥリーオロ(Jared Triolo)、ジョーイ・バートを三者凡退に仕留め、3イニング目もマイケル・A・テイラー、アリカ・ウィリアムズ、そして2巡目となったアンドリュー・マッカッチェンから凡打を奪い、ここまでノーヒット・ピッチング。

 初ヒットは4回表。2アウトからエドワード・オリバレスにSSへの内野安打を打たれました。しかし、このイニングも後続を抑え、スコアレス投球を継続。5回表も三者凡退に仕留め、6回裏に2アウトからブライアン・レイノルズに2安打目を許すも、またしてもSS内野安打という投球で全く打たれる気配のないままゲーム終盤へ。

 そして7回表、両軍スコアレスが続く中、今永投手はこの日初めてのピンチらしいピンチを迎えます。今永投手は2アウトまで奪うも、ジャレッド・トゥリーオロ(Jared Triolo)にこの日初めて外野(LF)へのシングルを打たれると、続くジョーイ・バートにもLFへクリーン・ヒットを打たれ、2アウトながら1,2塁でベテランのアンドリュー・マッカッチェンを迎えるという場面に遭遇。どうしても先制点を与えたくないという場面でした。

 しかし、今永投手は落ち着いており、アンドリュー・マッカッチェンを91.1mphの4シームと83.5mphのスプリッターの2球で追い込むと、最後は2球目よりもさらに厳しい高さへのスプリッターで空振りを奪い、なんと三球三振でこのピンチを切り抜けました。

 今永投手は7回でお役御免に。7.0イニング、88球、被安打4、スコアレス、BB 1、SO 7でまたしても素晴らしい投球を披露。

カブスがサヨナラ勝利

 今永投手が好投している間、パイレーツ先発のベイリー・ファルターに苦戦したカブス打線は、8回裏に2アウトながら満塁の大チャンスを迎えますが、パトリック・ウィズダムがコリン・ホルダーマンから三振を喫し、チェンスを活かせません。嫌な流れで9回表のパイレーツの攻撃を迎えますが、ここは3番手のヘクター・ネリスがパイレーツの中軸を三者凡退に抑え、サヨナラへのお膳立てを作ります。

 9回裏、パイレーツはクローザーのデービッド・べドナーにスイッチ。カブスは先頭の鈴木選手がCFフライに倒れましたが、次打者のコディー・ベリンジャーがLF線にグランドルール・ダブルを放ち、チャンスメイク。ここでクリストファー・モレルがフルカウントまで粘った後、べドナーのスプリッターを粘り強くCFへ弾き返し、これで2塁ランナーのコディー・ベリンジャーが微妙なタイミングでしたが、ホームに生還し、サヨナラ勝利。最後はVTR判定となりましたが、判定は覆らず。カブスが1-0で勝利を収めました。

 なお、今永投手降板後の勝利のため、今永投手に勝ちはつかなかったものの、今永投手は勝利に大きく貢献しました。

MLB Gameday: Pirates 0, Cubs 1 Final Score (05/18/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

今永投手の過去9試合のログ 

 この日の登板で今永投手のERAは0.84に。これは1913年以降でキャリア最初の9先発で、史上もっとも低いERAをマークしたことになりました。今永投手の9試合のログです。

RkDateOppRsltDecIPHRERBBSOHRERA
14/1COLW,5-0W(1-0)6.02000900.00
24/7LADW,8-14.02000300.00
34/13@ SEAW,4-1W(2-0)5.15102400.00
44/20(2)MIAW,5-3W(3-0)6.05320510.84
54/26@ BOSW,7-1W(4-0)6.15111710.98
65/1@ NYMW,1-0W(5-0)7.03001700.78
75/7SDPW,3-27.07221811.08
85/13@ ATLL,0-25.07003800.96
95/18PITW, 1-07.04001700.84
今永投手の最初の9試合のログ(現地2024年5月18日時点)

ついにフェルナンド・バレンズエラ超え

 そして、これまでキャリア最初の9先発でもっとも低いERAを叩き出していたフェルナンド・バレンズエラの1981年の0.91を今永投手は上回ることとなりました。

 なんと、なんと43年の時を超えて、今永投手が偉業を成し遂げました!

【フェルナンド・バレンズエラの1981年の最初の9先発】

OppRsltDecDRIPHRERBBSOHRERA
1HOUW,2-0W(1-0)999.05002500.00
2@ SFGW,7-1W(2-0)49.041121000.50
3@ SDPW,2-0W(3-0)39.050001000.33
4@ HOUW,1-0W(4-0)39.070031100.25
5SFGW,5-0W(5-0)49.07004700.20
6@ MONW,6-1W(6-0)59.05110700.33
7@ NYMW,1-0W(7-0)49.070051100.29
8MONW,3-2W(8-0)59.03221720.50
9PHIL,0-4L(8-1)37.03442610.91
フェルナンド・バレンズエラの1981年の最初の9先発

 なお、フェルナンド・バレンズエラの最初の5試合から8試合のERAは異常でしたね!!すごすぎました。

まだまだ継続しそう

 今永投手の4シームは浮き上がると言われており、これに各クラブは苦戦しています。いつかは慣れは出てくるとは思いますが、コマンドの良さと変化球の精度は健在で、2度目、3度目の対戦をこなさないとなかなか手こずったままではないでしょうか?

 それにチームに貢献するキャラクターもシカゴでは大いに評価されていますから、まだまだこの好成績は継続しそうです。

 フェルナンド・バレンズエラの代わりに今永投手がその名をMLB史に残しそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました