スポンサーリンク

【MLB2023】やはり相性は良い!レンジャーズ、マリナーズとのデスマッチに連勝!

ALウエスト注目のシリーズ

 現地2023年9月22日からマリナーズ@レンジャーズのもはやデスマッチと言っていい非常に大事なシリーズがスタート。

  • 9/22-9/24:  SEA @ TEX
  • 9/28-10/1: TEX @ SEA

 誰が考えたのか?シーズン後半に1戦必勝の7試合が組まれているというすごいスケジュールです。

8月からの流れ

 この両クラブの8月からの流れを見て行きます。

 8月に大躍進したマリナーズに対し、8月半ばから8連敗を喫し、その差をうんと詰められたレンジャーズ。ただ、レンジャーズはトレード・デッドライン後にその効果をすぐに発揮して8連勝からスタートしていたので、8月の戦績は意外にも15勝12敗と勝ち越してはいました。

 レンジャーズの場合、トレードデッドライン前の7月に11勝13敗と負け越したので、今から考えると7月の方が苦しかったということになります。

 そして8月に21勝6敗と飛ばしに飛ばしたマリナーズは、9月に入ってその反動が来ました。この反動が9月前半までに収まれば良いなとは思ったのですが、TEXとの決戦前で8勝11敗です。

 レンジャーズは9月に入って最初の7試合を1勝6敗。ライバルのアストロズにスウィープされました。ただ、その後ワイルドカードを狙うブルージェイズを4ゲームスウィープし、その後、ガーディアンズにはスウィープされるも、レッドソックスには勝ち越し。22日のマリナーズ戦を前に9勝10敗。

 ともに良くない状態でデスマッチがスタートしました。レンジャーズはマックス・シャーザーが離脱するも、ジョシュ・ヤングが親指の骨折から復帰。さらにアドリス・ガルシアも復調の兆しがあり、良い材料が出てはいました。ただし、ウィル・スミス、アロルディス・チャップマンが不安定でゲーム後半の不安を抱えたまま。

 そしてマリナーズとの直接対決7試合を前に、いかに3位以内をキープするか?ということが課題でしたが、これを乗り切ってデスマッチを迎えたわけです。一時期はワイルドカードからも外れたのですから。

【Gm1】TEX、デーン・ダニングで勝利

 そして現地2023年9月22日のGm1ではマリナーズがブライス・ミラー、レンジャーズがデーン・ダニングが先発。戦前ではマリナーズが優勢かと思いました。

 しかし、レンジャーズはブライス・ミラーの立ち上がりを攻め、1回裏にコーリー・シーガーがソロHRを放ち、1点を先制。2回裏には9番LFのエバン・カーターが3ランHRを放って序盤から4点をリード。まさに電光石火の攻撃でした。

 デーン・ダニングは4回までBBが2つだけという素晴らしい立ち上がりを見せ、5回までスコアレス投球。良かったですね。レンジャーズは5回裏にも打席がつながって、さらに4点を追加。8-0と一方的な展開に持ち込みます。

 マリナーズも6回表にカル・ラレーがデーン・ダニングから3ランHRを放つなど4得点を上げて反撃。4-8に持ち込みます。

 しかし、この勢いを止めたのは3番手のアンドリュー・ヒーニーでした。ヒーニーは6回2アウトからマウンドに上がり、8回まで投げて出塁を許したのはBBによる1人だけという素晴らしいリリーフを披露。これで点差を詰めさせなかったのが最終回まで活きました。

 最終回、アロルディス・チャップマンがHRが出れば同点というピンチを迎えましたが、ヒーニーの好投による4点のリードが効き、1失点のみで凌いでゲームセット。レンジャーズが8-5で勝ちました。

Seattle Mariners vs Texas Rangers Box Score: September 22, 2023 | Baseball-Reference.com
Texas Rangers beat Seattle Mariners (8-5). Sep 22, 2023, Attendance: 3...

【Gm2】TEXがシャットアウト勝利

 迎えた現地2023年9月23日のGm2。マリナーズはローガン・ギルバート、レンジャーズはジョーダン・モンゴメリーが先発。

 モンゴメリーは8月27日のツインズ戦から9月8日のアスレチックス戦まで3戦連続でゲームメイク出来なかったものの、それ以降の2試合は14イニングで1失点と調子を上げていました。

ジョーダン・モンゴメリーが7回をスコアレス 

 初回、ジョーダン・モンゴメリーは2番フリオ・ロドリゲスに二塁打を打たれるも、フリオは続くテオスカー・ヘルナンデスのSSゴロの間に3塁を狙い、タッチアウト。この走塁ミスにも助けられて粘り強い投球を見せて行きます。

運も味方に 

 4回表、2アウトランナー無しで、ディラン・ムーアの打席。ムーアが放った打球はCFのレオディー・タベラスの頭上を超える大飛球。これはHRかと思った打球はフェンス上段のイエロー・ラインを直撃する当たりでフィールドに跳ね返る2塁打に。あと数センチでHRだっただけにこの当たりはマリナーズは不運でした。レンジャーズ側からすると運も味方にした打球となりました。

 ジョーダン・モンゴメリーはカーブ、チェンジアップ、4シームとどのボールも冴えて、7イニングを被安打5、スコアレス、BB 2、SO 6と素晴らしい投球を見せてゲームメイクしました。

 レンジャーズ打線は2回裏に2塁打で出塁したアドリス・ガルシアをスコアリング・ポジションに置いて、ミッチ・ガーバーが1塁線に絶妙なタイムリーは放って1点を先制。

 さらに4回裏には2アウトから四球で出塁したアドリス・ガルシアが2盗に成功。これをジョナ・ハイムがLFへシングルで還して2点目。

 その後、両クラブともに守りで凌いで最終回に。マリナーズ2Bのホセ・カバレーロ(José Caballero )のプレーは良かったですね。

 レンジャーズはセーブ・シチュエーションでよくひっくり返されるアロルディス・チャップマンを肚をくくって投入。1アウトからヒットと四球が続いて、やはり危ない投球となりましたが、このピンチをなんとか凌いで、ゲームセット。

 レンジャーズが2-0でシャットアウト勝利を決めました。

MLB Gameday: Mariners 0, Rangers 2 Final Score (09/23/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

【YOUTUBE】Mariners vs. Rangers Game Highlights (9/23/23) | MLB Highlights

やはり、TEXはSEAに相性が良い

 レンジャーズはこの厳しいシリーズに連勝。レンジャーズは今季の対マリナーズの戦績を7勝1敗としています。やはり相性は良いようです。

ALウエストの状況

 もう1つのライバル、アストロズは同じく22日から始まったロイヤルズとのシリーズになんと連敗。取りこぼしてはいけないというのがプレッシャーになったのかもしれませんね。

SeriesDateHOUSEATEX
19/22-24KCR x 3
●●
@ TEX x 3
●●
SEA x 3
◯◯

 そして順位の方は、レンジャーズがアストロズに1.5ゲーム差をつけております。

RankClubW-LW%GBWC Rank
1TEX86-68.558
2HOU85-70.5481.53
3SEA84-70.5452.04
現地2023年9月23日終了時点のALウエストの順位表

ALワイルドカードの状況

 マリナーズはこの連敗もあり、ワイルドカードの枠からも外れているのですが、ワイルドカード2位のブルージェイズがもたついており、23日はレイズに6-7で敗れました。よって、マリナーズもブルージェイズとアストロズの取りこぼし次第ではまだまだ挽回のチャンスはあり。しかも、この次のシリーズはアストロズとの直接対決です。

WC RankClubW-LW%
1TB95-61.609
2TOR86-69.555
3HOU85-70.548
4SEA84-70.545
現地2023年9月23日終了時点のALWCの順位表

 まだまだALウエストとALワイルドカードはわからない状況です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました