スポンサーリンク

【MLB2023】「動きが違う!!」ジョーダン・ローラー、Dバックスに新風を吹き込み、WCスポットへ押し上げる!

ジョーダン・ローラーのデビュー戦

 現地2023年9月7日、前日の記事にもしたためましたように、Dバックスのトップ・プロスペクトのジョーダン・ローラー(Jordan Lawlar)がメジャー・ロスターに入り、カブス戦に8番SSでメジャー・デビューを果たしました。

 Congratulations!

 ジョーダン・ローラーは3Bでの起用になるかと思ったのですが、トリー・ルベロ(Torey Lovullo)監督はヘラルド・ペルドモを3Bに、ローラーをSSに起用してきました。ローラーの打順は8番。

大谷、オニール、エリーとはまた違う凄さ

大谷選手

 我々メジャー・リーグ・ファンはここ数年、怪物級の選手が見られる幸運に遭遇しています。大谷選手のパフォーマンスがまさにそうです。ホームランキングが100mphの速球を投げて10勝をマークするなど考えられないことです。しかも日本人プレーヤーがやってのけているというのが勇気を与えてくれています。大谷選手の場合は数字も然ることながら、激しく消耗したであろう登板翌日にもDHで出場するなど、そのタフさがまた怪物級です。ダブルヘッダーのGm1で登板して、Gm2で出るなどという考えられないこともやってくれました。

 もっとも、今現在の腹斜筋の痛みはそういった無理もたたっているとは思うのですが、まずは完治して欲しいと思います。

オニール・クルーズ

 想像を超えたという点では、2022年にパイレーツのオニール・クルーズがその計り知れない素質を見せてくれました。打球速度、足、肩などすべてが一級品。

エリー・デラクルーズ

 オニール・クルーズ・レベルはそうはお目にかかれないだろうと思っていたその矢先、2023年にはレッズからエリー・デラクルーズというとんでもない素材の選手が出現。名前、体格、強烈なアーム等、オニール・クルーズとエリー・デラクルーズはイメージとして重なる部分が多いものの、エリー・デラクルーズのスピードと肩には驚かされるばかりです。そして愛嬌が良いのもエリー・デラクルーズの魅力でまさにスター街道一直線というところです。

 そんな強烈な怪物級とはまた一線を画す魅力があるのが今回デビューしたジョーダン・ローラー。

軽くイレギュラーなダブルプレーをこなす

 まず、驚かされたのがイレギュラーなダブルプレーを難なくこなしたところです。

 1回裏、Dバックスの先発はライン・ネルソン。カブスは先頭のマイク・トークマンが四球で出塁。

 次打者のニコ・ホーナーが投手ゴロを放った時です。まず、この投手ゴロをうまくさばいたライン・ネルソンが素晴らしかったです。バランスを崩しながらも処理しました。そしてダブルプレーを取るために野手並みのスローイングを披露。これがベース上ではなく、カバーに入ろうとしたジョーダン・ローラーの動線にドンピシャリ。ここまではライン・ネルソンが凄かったのですが、ここからがジョーダン・ローナーが凄かったところ。ローラーはライン・ネルソンの送球に応えるかのように不規則なリズムとなりながらも足でベースタッチ。そして少ないステップで1塁へスローイング。

 見事にダブルプレーを成立させました。これがメジャーでのファースト・プレーです。難なくこなした点に感動すら覚えました。

 そして4回表、メジャー2打席目となったジョーダン・ローラーは、三塁線に鋭い当たりを放ちます。これをカブス3Bのジェイマー・キャンデラリオが1塁へ送球するも、ローラーの足が気になったと見え、1塁への送球がショートバウンドとなり、ローラーがセーフ。メジャー初ヒットを放ちました。

 さらに守備でもう1つ。4回裏、ニコ・ホーナーの強烈なSSゴロにローラーが反応。スピン・スローでアウトにしました。球際の強さもよくわかる動きでした。

 メジャー初戦でこの動き。ちょっとこの先、相当面白い存在になりそうなジョーラン・ローラーでした。

 この日は、4打数1安打。8回裏の守備から交代となりました。これは守備力に加え、打撃でも4打席を経験したことから、トリー・ルベロ(Torey Lovullo)監督も太鼓判を押したということでしょう。

Dバックス、カブスとの初戦に勝利

 ワイルドカード枠を狙うDバックスにとって、このカブスとのシリーズは非常に重要な位置づけなのですが、見事に初戦を取りました。

 ライン・ネルソンが6回途中、2ヒッター、1失点と好投。見事にゲームメイクしました。打撃はトレードデッドラインで移ってきたトミー・ファムが初回に先制のソロHR、3回にはシングルで出たコービン・キャロルを塁に置いてケーテル・マルテが2ランHRを放つなど、Dバックスが3段階で得点を入れ、6-2で勝ちました。

 なお、当たっている鈴木誠也選手は4-1で3塁打を放っています。鈴木選手はDバックスからマークされているでしょうね。

 この勝利により、Dバックスがワイルドカード枠で前日の4位から3位の枠内に入っています。

#ClubWLW%GB to MIA
1PHI7762.554
2CHC7665.539
3AZ7368.518
4MIA7268.5140.5
5CIN7369.5140.5
6SFG7070.5002.5
現地2023年9月7日終了時点のNLWC順位

 入ったと言っても日替わりで順位が替わるほど混戦ですので、ローラー効果でこの混戦から突き抜けたいDバックスというところです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
タイトルとURLをコピーしました