スポンサーリンク

【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!

現役選手で最長、史上でも最長タイ

 現地2022年5月6日、サンフランシスコのオラクル・パークでのカージナルス@ジャイアンツ戦で、MLB現役選手で最も身長の高い、ショーン・ジェリがメジャー・デビューを果たしました。

Hjelle

 ショーン・ジェリの名前ですが、Hjelleとどう発音していいかわからないスペルです。Baseball Referenceの発音ガイドでは、 \JELL-ee\となっており、正確にはジェリーと伸ばすのかもしれませんが、実況を聞く限り、ジェリと伸ばさない方が良いように思いますし、その方がかっこよく発音できますので、ジェリと記載しておきます。

Sean Hjelle Stats | Baseball-Reference.com
2022: 0-0, 0 ERA, 1 SO,Career: 0-0, 0 ERA, 1 SO, P, Giants 2022, t:R, born in MN 1997

6フィート11インチ、211cm!

 そのショーン・ジェリの身長は6フィート11インチ、cm換算では211cm!20代や30代の年齢の方はピンと来ないかもしれませんが、これはなんとジャイアント馬場の208cmを上回る身長。

 さすがにでかいですね!

MLB史でもタイ

 過去のMLBプレーヤーの、最長身長を調べてみました。そうすると、史上で行っても最長タイということが判明しました。

211cm ジョン・ラウシュ

 ショーン・ジェリの登場前に最も身長が高いと言われたのが、ジョン・ラウシュ(Jon Rauch)。彼の身長は6フィート11インチ、211cmでショーン・ジェリと同じ。

 ジョン・ラウシュは、2002年デビューで2013年を最後に現役を引退。主にナショナルズで活躍。2007年には88試合登板というとんでもない出場試合数を誇った右腕。セーブ・ポイントで言えば、2010年のツインズ時代に21セーブをマークしています。

208 cm ランディー・ジョンソン

 その次に高いと言われているのがご存じ、ランディー・ジョンソン。6フィート10インチで、cm換算だと208cm。ランディー・ジョンソンの凄さはご承知の通りです。打てるわけがありません。

208 cm エリック・ヒルマン

 208cmは複数人おります。まずは1992-1994年にメッツに在籍していたエリック・ヒルマン。左腕投手です。通算4勝14敗。

208cm クリス・ヤング

 この方もご存じの人は多いと思いますね。元パドレス、ロイヤルズなどで活躍し、現在テキサス・レンジャーズのGMロールを担っているクリス・ヤング。彼も208cm。通算79勝67敗。

Chris Young Stats | Baseball-Reference.com
Career: 79-67, 3.95 ERA, 1062 SO, P, AllStar, Padres/Royals/... 2004-2017, t:R, 2x H9 Leader, born in TX 1979

208 cm アンディー・シスコ

 2005年から2007年までロイヤルズ、ホワイトソックスで投げた左腕投手のアンディー・シスコも208cm。

Andy Sisco Stats | Baseball-Reference.com
Career: 3-9, 5.18 ERA, 141 SO, P, Royals/WhiteSox 2005-2007, t:L, born in CO 1983

208cm アンドリュー・ブラックマン

 2011年、ヤンキースで3試合だけ登板したことのあるアンドリュー・ブラックマン(Andrew Brackman)も208cm。

その他

  • 6-9/ 206cm: マーク・ヘンドリクソン LHP (2002-2011)
  • 6-8/ 203cm: タイラー・グラスノー RHP (現役・レイズ)
  • 6-8/ 203cm: ローガン・オンドルーセック RHP (2010-2016)
  • 6-7/ 201cm: リッチー・セクソン 1B&LF (1997-2008)
  • 6-7/ 201cm: タイラー・メギル RHP (現役・メッツ)

 現役でいうと、メッツの2022年のオープニングを担ったタイラー・メギルが大きいなと思ったのですが、現在トミージョン手術のリハビリ中のレイズのタイラー・グラスノーの方が大きいことが判明。

 両右腕とも折れ曲がることなく、非常にかっこいい投げ方をしますね!

 野手で大きいのはリッチー・セクソンで201cm。主に投手の200cm超えが目立ちます。ひょっとしたら、野手でももっと大きい選手はいるかもしれませんが、調べたところ、彼らの名前をリストアップさせていただきました。

ショーン・ジェリとは

 ショーン・ジェリは1997年5月7日生まれ。ちょうど25才になったばかり。2018年アマチュア・ドラフトのジャイアンツの2巡目指名でプロ入り。大学はケンタッキー大学。

 ドラフト・イヤーの2018年にクラスAマイナスでプロデビュー。12試合に登板、SO9が9.3でBB9が1.7ですから、コントロールはかなりまとまっておりました。

 クラスA、クラスプラス、ダブルAで登板。3レベルをあわせてSO9が8.7、BB9が2.3とここでもまとまりを見せました。

 2021年はダブルAで開幕を迎え、トリプルAに昇格。ここでもある程度まとまりを見せていたものの、119イニングで被安打127と被安打数が多かったのが、改善の余地があるポイントでした。

 2022年はトリプルAでスタート。22.2イニングで27の被安打を浴びていたものの、昇格。下記は昇格直前のトリプルAでの投球。

 2022年5月6日のカージナルス戦では、7回の1イニングに登板し、11球で被安打0、BB0、SO1という内容でした。

 シンカーのベロシティーが最も速く、94.2mphという平均が出ております。その他、チェンジアップが87mph、スライダーが84.8mphです。

 身長が190cm以上あるメジャー・リーガーでもこれでは見上げるような目線になってしまいますので、今後の活躍が楽しみでもあります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました