スポンサーリンク

【プロスペクト2019】ケストン・ヒウラ(MIL)、オースティン・ライリー(ATL)がデビュー戦で活躍!

スポンサーリンク

デビュー・ラッシュ

2019年のMLBも3月28日の本土開幕から約50日が経過し、まもなく2ヶ月となりレギュラーシーズンの1/3を迎えようとしています。

早いです。

メッツのピート・アロンソ、パドレスのクリス・パダック、フェルナンド・タティス・ジュニア、ブルージェイズのヴラディーミル・ゲレロ・ジュニア、レッドソックスのマイケル・チャビスなどすでに名だたるルーキーがデビュー。

ナショナルズのビクター・ロブレス、カーター・キーブーム、マリナーズの菊池投手、ホワイトソックスのイーロイ・ヒメネスと魅力的な選手が多いですね。

現地2019年5月15日までにビッグリーグ・デビューを飾ったルーキーは何人かご存じでしょうか?

ここまでデビューしたルーキーの数は85名!

もうすでに85名が今季にデビューを果たしているんですね。デビューした人数でいけば、2018年は5月14日(15日デビューがいなかった)までに75名ですから、ペースとしては早いです。なお、2018年は1年間で247名がデビューしています。

最年少は19才、上は30才

2019年デビューの最年少はブルージェイズの19才右腕エルビス・ルシアーノ(Elvis Luciano)。

ヴラディーミル・ゲレロ・ジュニアとフェルナンド・タティス・ジュニアが20才で続きます。

そして最高齢は30才。4月1日デビューのDバックスの右腕メリル・ケリー(Merrill Kelly)とツインズの右腕ライン・ハーパー(Ryne Harper)です。

メリル・ケリーはアジアで4年経験しており、第二のマイコラスとして注目されております。現地2019年5月15日時点で3勝4敗。

ケストン・ヒウラ、オースティン・ライリー

そして現地2019年5月14日にはブルワーズのケストン・ヒウラがついにデビュー。さらに15日にはブレーブスのプロスペクト、オースティン・ライリーもデビューしました。デビューラッシュです。

ケストン・ヒウラ(MIL)

2018年アリゾナ・・フォール・リーグ(AFL)でMVPを獲得した22才のケストン・ヒウラ(Keston Hiura)はデビュー戦の14日のフィリーズ戦ではいきなりの2安打。

15日はノーヒットに終わりましたが、IL入りとなったトラビス・ショーに代わり、ブルワーズの2Bをこなしています。

オースティン・ライリー(ATL)

ブレーブスのオースティン・ライリー(Austin Riley)は15日のデビュー戦でいきなりHRを放っています。

現地2019年5月15日に活躍したルーキー

マイケル・チャビス(BOS)

現地2019年5月15日、活躍したルーキーとしては、4月20日デビューのレッドソックス、マイケル・チャビスがロッキーズ戦でサヨナラヒットを放ち、ヒーローに。

マイク・ソロカ(ATL)

開幕前に右肩痛を患っていたマイク・ソロカは2018年5月1日デビュー済みですが、今季はまだルーキーステータス。

2019年の開幕に向けた調整 現地2019年2月22日、ドジャースのクレイトン・カーショウ(Clayton Kershaw)が左肩に...

現地2019年5月15日のカージナルス戦で7回、被安打3と好投しています。

ソロカのフォームは結構好きです。

COLがブレンダン・ロジャースをコールアップ

ロッキーズがトップ・プロスペクトのブレンダン・ロジャース(Brendan Rodgers)をコールアップさせるというニュースが出ています。

ブレンダン・ロジャースはロッキーズ内プロスペクト1位のSS。

2015年ロッキーズ1巡目指名の選手です。

なお、2018AFLでHRを量産したタイラー・ネヴィンはまだのようです。

2019トップ・プロスペクト 現地2019年1月26日、MLB.comが選ぶ2019年トップ・プロスペクト・ランキング1...

楽しみが続きますね。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク