スポンサーリンク

【MLB2023】Dバックス、トップ・プロスペクトのジョーダン・ローラーをメジャーへ

Dバックス、ロスター入れ替え

 現地2023年9月6日、アリゾナ・ダイヤモンドバックス(以下Dバックス)は、SSのトッププロスペクトであるジョーダン・ローラー(Jordan Lawlar)を昇格させることが明らかになりました。ジョーダン・ローラーは現地7日から予定されているカブスとの大事なワイルドカードスポットをかけた4ゲームシリーズに起用する見込みです。

 ルーキーのフレッシュさでクラブに勢いをもたらせたい考えのようです。

 ローラーの昇進は現時点ではまだ正式発表ではありませんが、7日にはそうなる見込みです。

GG賞2度のSS、ニック・アーメッドをDFAに

 そしてトップ・プロスペクトの昇進と引き換えに、2018年、2019年に2年連続でSSのゴールド・グラブ賞を受賞したニック・アーメッド(Nick Ahmed)をDFAにし、そのスペースを空けます。

 ニック・アーメッドは今季は33才のシーズン。もともとは2011年のブレーブスの2巡目指名のSS。マイナー時代の2013年1月に、Dバックスがブレーブスからクリス・ジョンソンとジャスティン・アップトンを獲得したトレードでDバックスへ移籍。この時、Dバックスに一緒に移籍した選手に、現エンゼルスのブランドン・ドゥルーリーらがおりました。

 デビューはDバックスに移籍してからの2014年で、以降Dバックス一筋でした。

 今季は72試合の出場で.212/.257/.303、HR 2、二塁打 10、RBI 17。このうち、SSを守ったのは65試合で、23才のSS、ヘラルド・ペルドモ(Geraldo Perdomo)とシェアしていたような状態でした。むしろ、打率.266で得点に絡むペルドモの出場機会が多かったです。

ローラーは3Bの見込み

 今回昇格するローラーはSSではなく、3Bを守る見込みです。SSには上述の通り、ヘラルド・ペルドモが守ります。

 ペルドモは後半戦は打撃を落としていますが、守備は良い結果を出しています。ペルドモの調子如何でローラーのSSもあり得ます。

 ちなみに今季のDバックスの3Bは、ジェイス・ピーターソン、エマニュエル・リベラ、エバン・ロンゴリアを使い分けています。3Bの選手は打撃的にインパクトがないので、そこをローラーでカバーしようかという発想のようです。

Pre-2023ランク11位

 ジョーダン・ローラーは2002年7月17日生まれで21才になったばかり。右投げ右打ちです。

 2021年のアマチュア・ドラフトのDバックスの1巡目指名です。全体順位は6位。

 ドラフト・イヤーは、左肩の手術が必要な怪我に見舞われ、ルーキー・リーグで2試合に出場するにとどまりました。

 しかし、翌2022年はルーキー・リーグからはじめ、すぐにクラスAに昇格。クラスAでは、44試合に出場し、.351/.447/.663をマーク。HRは9本。ほどなくしてクラスA+に昇格し、クラスA+では30試合で、.288/.385/.478、HR 3本をマーク。ここもクリアーしたローラーは、ダブルAにまで到達。ダブルAでは20試合の出場で、打率は.212。プロ初のフルシーズンで3レベルを併せた成績は、.303/.401/.509、HR 16。

 そして2023シーズンは、ダブルAで89試合に出場し、みっちり鍛えてきました。ダブルAで、.263/.366/.474、HR 15、RBI 48をマークしたローラーは、トリプルAに昇格。

 トリプルAでは、16試合で.358/.438/.612、HR 5とこれまた結果を出し、晴れてメジャーへということに。

 ちなみに9月はトリプルAで3試合の出場ですが、16-7と打率は.600。好調なまま上がってくるということになります。

BBが多く、選球眼が良い

 今季の2レベルでのローラーの打撃成績は、.278/.378/.496。490 PAで四球が56と非常に多く、選球眼の良さからかなりセンスのある選手であることがうかがわれます。しかも盗塁数は36で、足も速く、作戦面でさまざまなオプションを与えそうです。

DバックスのWC争い

 NLウエストはドジャースが飛び抜けているので、Dバックスがポストシーズンに進むにはワイルドカードで残るしかありません。

 下記は、現地2023年9月6日終了時点のNLのワイルドカードの順位表です。NLのワイルドカードはかなり混戦。3位から6位までは日替わりで順位が替わる状況です。よって、カブスとのシリーズがDバックスにとって、かなり山場となります。

#ClubWLW%GB to MIA
1PHI7762.554
2CHC7664.543
3MIA7267.518
4AZ7268.5140.5
5CIN7369.5140.5
6SFG7070.5002.5
現地2023年9月6日終了時点

スライダーを攻略出来る?

 評判のルーキーがビッグリーグ・レベルに上がって苦戦しているのがスライダーです。ロイヤルズのボビー・ウィット・Jr.も ルーキー・イヤーにはスライダーでかなり苦戦を強いられておりました。

 上がってすぐに結果を出せるか?非常に興味深いです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】大谷選手が23号HR!6月絶好調で9本目!ドジャースは新シティー・コネクトを着用
【MLB2024】クリス・セールがソト、ジャッジ、スタントンを封じ、今季10勝目!ブレーブスがヤンキースに完勝
【MLB2024】ガーディアンズのスティーブン・クワン、ただいま打率.396 (現地2024年6月20日)
【MLB2024】ツインズ、ロイス・ルイスがHRでリボンを破壊!
【MLB2024】ウィリー・メイズが93才でなくなる。MLB史上、燦然と輝く名選手
【MLB2024】カイル・シュワーバーが2HRを放ち、6月通算60本を達成!その6月のレジェンドぶりのまとめ
【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
タイトルとURLをコピーしました