スポンサーリンク

【MLB2017】ブレーブスのファーム・システムがMLB No.1に

2017ブレーブス・トップ・プロスペクト

こんにちは。

MLBには色々な指標がありますが、現地2017年3月3日、ファーム・システムを評価する指標が発表されました。MLBをよく見ている人達による指標なので、結構面白いです。

指標は選手を数値化して、どのように獲得していったかを見ていったもので(本質的な大筋を申し上げますと)、当然のことながらトップ・プロスペクトが多くいればその分スコアが上がり、つまるところ、今後3年、5年先にどのクラブが強くなるかを見るいい指標です。

最も強力なブレーブス

そのファーム・システムでもっとも将来有望とされているクラブが、アトランタ・ブレーブスということになりました。

トップ10を見てみますと、こんな感じです。

1  ATL

2  NYY 

3  CWS

4  SDP

5  MIL 

6  LAD

7  PIT

8  COL

9  CIN

10 TBR

ブレーブスはダンスビー・スワンソンほかいい素材がかなりいます。

30名獲得の内訳

30名のトップ・プロスペクトをブレーブスはどうやって獲得したかというと、ドラフトで13名、インターナショナル・マーケットで5名、トレードで12名。

スワンソンはトレードでの獲得にカウントされます。

ポジション別

ポジション別だと、捕手が1名、1Bがなし、2Bと3Bが2名、SSが3名、OFが5名、右投手が8名、左投手が9名です。

バランスがいいです。SSがいれば内野や外野はこなせますし、OFは素材ですね。左投手が多いというのもなかなかいいと思います。

もっとも、これは現行の順位が低いため、ドラフトでいい選手を獲得できるという理由もあり、単純に3年後や5年後にごっそりとシーズンの順位が入れ替わるわけではないのが実際の面白いところでもあると思います。トレードも発生します。

そう考えると、ドジャースはすでに仕込みが進んでいると見たほうがよさそうですね。抜け目がないですね。前オーナーからの伝統のように思います。

お読みいただき、ありがとうございました。


Amazon タイムセール

コメント

NEW

【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
タイトルとURLをコピーしました