スポンサーリンク

【MLB2023】短期決戦に強い要素が満載のDバックスがブルワーズをスウィープ!NLDSへ(NLWC Gm2)

【NLWC Gm2】AZ 5 @ 2 MIL

 現地2023年10月4日、ワイルドカード枠3位でポストシーズンに入ったDバックスとNLセントラル地区優勝のブルワーズとのNL ワイルドカードGm2が行われ、ブルワーズが先制するも、Dバックスが中盤に逆転。見事にNLDS進出を決めました。

 筆者はワイルドカード・シリーズが始まる前にフィリーズ、ツインズ、レンジャーズが勝ち上がるだろうと予想していたのですが、このカードだけは投手力でブルワーズで軍配かと思っていました。見事に外しました。よくよく考えて見るとDバックスは短期シリーズに強い要素が満載でした。

満を持してザック・ギャレンが登板

 Gm1ではブルワーズがコービン・バーンズ、Dバックスはブランドン・ファート(Brandon Pfaadt )が先発。

 ファートで大丈夫か?という懸念通り、立ち上がりの2イニングでファートは3失点。しかし、Dバックスは3回表にコービン・キャロルの2ランHRなどで3得点を上げ同点。そして4回表にはガブリエル・モレーノのソロHRで逆転。9回表にもクリスチャン・ウォーカーのタイムリー2塁打で2点を追加。ファートの後はブルペン・ゲームにしたDバックスは、その後6人の投手を投入して無失点リレー。6-3で初戦をものにしました。

 いわばGm1は捨て身で挑んだDバックスは、例え敗れてもGm2でザック・ギャレンを投入し、Gm3まで持ち込むという戦略だったと思いますが、予想外にGm1をものにしたことで一気に楽になりました。

 立ち上がりはもたついてしまったザック・ギャレン。先頭のイェリッチにシングルを許した後、四球とシングルで満塁のピンチを迎え、犠牲フライとウィリー・アダムスのタイムリーで2点を奪われてしまいます。

 3回表にもカルロス・サンタナとマーク・カナに連続シングルを浴びて、ピンチを作ったザック・ギャレンでしたが、サム・フレリックからダブルプレーを奪い、ピンチを脱しました。

 ザック・ギャレンは5回以外は毎回ランナーを許す投球でしたが、被安打5、失点2、BB 3, SO4とゲームメイクし、流れを味方打線につなげる投球を見せました。

 ブルワーズ先発のフレディー・ペラルタ抑えられていたDバックス打線ですが、5回表にアレク・トーマスのソロHRで1点差に。

 6回表には疲れの見えてきたフレディー・ペラルタからヘラルド・ペルドモが四球で出塁。つづくコービン・キャロルの2ベースで2,3塁のチャンスを作った後、ケーテル・マルテのタイムリーで2点を奪い、ついに3-2と逆転。その後は守備の乱れもついてこのイニング計4得点で5-2とリード。これで趨勢は決まったような展開になりました。

 ブルワーズは8回裏にケビン・ギンケルを攻め、1アウト満塁のチャンスを作るも、4番手で登板した左腕のアンドリュー・サールフランクに反撃の芽を摘まれて無得点。

 9回裏にもクリスチャン・イェリッチの2塁打などでチャンスを作るも、最後はポール・セワルドに抑えられてゲームセット。Dバックスが5-2のスコアで勝利し、見事にNLDS進出を決めたのでした。

MLB Gameday: D-backs 5, Brewers 2 Final Score (10/04/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

【YOUTUBE】D-backs vs. Brewers Wild Card Game 2 Highlights (10/4/23) | MLB Highlights

コービン・キャロルの足は脅威

 Dバックスは短期シリーズに強い要素が多いのですが、やはり1番はコービン・キャロルの足かと思います。彼が塁に出れば盗塁でスコアリング・ポジションに進み、打者はシングル1本で済むことから非常に気が楽です。

 1試合に4度もそのチャンスが巡ってくるというのはやはり大きいと思います。

 そして足が使えるのはコービン・キャロルだけでなく、アレク・トーマスもいます。ケーテル・マルテは盗塁こそ減っているものの、ベースランニングは確かなものがあります。

 そしてトミー・ファム、クリスチャン・ウォーカーという一発のある選手がいるもの心強いところ。

 そしてなんと言っても投手ではトレード・デッドラインで獲得したポール・セワルド(実況はシーワルドですね)がいることが大きいです。最後の最後に安定したクローザーがいるのはブルペンの投手陣を安心させますし、打線も必要以上に点を取らなくて済む分、かなり肩の荷が降りて打席に立っていると思います。

 後は、ザック・ギャレンを中心に先発がどうゲームを作るかというところかと思います。1つ誤算だったのは、ライン・ネルソンがGm1でコンコンと打たれたところでしょうか。

 DバックスがNLDSに進出したのは、2017年以来のこと。この時はドジャースにスウィープされました。2011年にもNLDSに進出しましたが、この時はブルワーズに2勝3敗で敗れて敗退。

 NLDSを突破することになると、2007年以来ということになります。

 今度はかなりハードルの高いドジャースとのNLDSです。どういう戦いを見せるのか、注目したいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
タイトルとURLをコピーしました