スポンサーリンク

【NLWC 2022】フィリーズ、9回に大逆転で先勝!カージナルス、抑えにトラブル発生

NLワイルドカード Game1

 現地2022年10月7日、フィリーズ@カージナルスのナ・リーグ・ワイルドカード・シリーズが始まりました。

 このシリーズはナ・リーグ中地区優勝のカージナルスが地区優勝した中で勝率が3位となったため、ワイルドカードを戦うことになっているシリーズで、対戦相手はワイルドカードの3枠の中で勝率が最も低かったフィリーズとの対戦です。

ウィーラーとキンタナのスターターが好投

 このゲームはフィリーズがザック・ウィーラー、カージナルスがホセ・キンタナの先発。

 この両スターターが非常に素晴らしい投球を披露し、締まったゲーム展開となりました。

 ザック・ウィーラーは立ち上がり、リードオフのラース・ヌードバーにシングルを打たれるも、それ以降はほとんどランナーを出さない素晴らしい投球。ランナーが出たのは、4回裏にポール・ゴールドシュミットへの死球と6回裏にトミー・エドマンにシングル、ラース・ヌートバーに四球を与えたのみ。完全にカージナルス打線を分断しました。

 ウィーラーは6.1イニングで被安打が2、スコアレス、BB1、SO4。

 一方のホセ・キンタナも危なげない投球を披露。スコアリング・ポジションにランナーを許したのは3回表にヒットと四球が続いてしまったシーンと5回表に先頭のアレク・ボームに二塁打を許したシーンのみ。5.1イニングを投げ、こちらも被安打が2、スコアレス、BB1、SO3という成績でした。

 2人とも良かったですね!

カージナルスが勝利ムード

 ゲームが動いたのは7回裏。先頭のノーラン・アレナドをCFフライにし止めたところで、ザック・ウィーラーが降板。

 ここでシーズン終盤に素晴らしいボールを放っていたホセ・アルバラードにスイッチ。

 アルバラードは2アウト目を奪いましたが、つづくディラン・カールソンに丁寧に行き過ぎて四球を出してしまいます。

 つづくバッターはコーリー・ディッカーソンでしたが、代打にフアン・イェペスが登場。イェペスは24才のOFで今季デビューのルーキー。シーズン76試合ながら、12HRを放っている長距離打者です。

 その初球。四球の後の初球でしたが、カットボールがほぼ真ん中に来たところをフルスイング。これがLFスタンドに入る大きなHRとなり、カージナルスが終盤に2点をリードし、いい流れを作ることに成功しました。

 フィリーズは8回表にブライソン・ストットが四球で出るも、チャンスを活かせず。これで完全にカージナルスの勝利が大きくなりました。

PHIが9回に6得点!ヘルスリーにトラブル

 カージナルスの勝利ムードになった9回表、マウンドには剛球のライアン・ヘルスリーが上がりました。シーズン19セーブ、ERA 1.25のクルーザーです。

 9回に何が起こったか?を記してみます。

【ライアン・ヘルスリーの投球】

  • リース・ホスキンス:空振り三振(1アウト)
  • JT・リアルミュート:LFへシングル
  • ブライス・ハーパー:四球(最後の3球は明らかなボール)
  • ニック・カステヤーノス:四球(ストライクは1つだけ)
  • アレク・ボーム:死球 →フィリーズ押出でまず1点(PHI 1-2 STL)

【選手交代】アレク・ボームに代走でエドムンド・ソーサ。投手は投手はアンドレ・パランテにスイッチ。

  • ジーン・セグラ:うまくRF前にシングル(PHI 3-2 STL)
  • ブライソン・ストット:1Bゴロでソーサが生還(PHI 4-2 STL)
  • ブランドン・マーシュ:LF前シングル(PHI 5-2 STL)
  • カイル・シュワーバー:CFに犠牲フライ(PHI 6-2 STL) (2アウト)
  • リース・ホスキンス:見逃し三振 (3アウト)

 リース・ホスキンスは1イニング2度も三振を喫しておりました。それはいいとして、ライアン・ヘルスリーが1アウト後にストライクとボールがはっきりとわかる投球。一度、ベンチからマウンド・ビジットがありましたが、続投。結果、シングル1本と3連続四死球で1失点。しかも満塁でランナーを残して降板というかなり厳しい結果に。

ヘルスリーの不調は4日の指の故障が原因

 ライアン・ヘルスリーの突如の乱調は怪我の影響。現地10月4日のパイレーツ戦に登板し、打球をさばいた際にバランスを取るためにグラブ側の腕を地面につきましたが、同時に右手も着いておりました。その際に体重が乗り、突き指をしたような症状に。この影響が出たのでした。

 絶対的なクローザーを失ったカージナルスがその後、崩れたのは致し方ないところです。

 その裏、カージナルスはザック・エフリンから1点を奪うも、反撃もそこまで。

 6-3のスコアでフィリーズが逆転勝ちしました。

 カージナルス、2戦目をどう立て直してくるのか注目ですね。それにしてもフィリーズが押し出しの1点の後に渋い当たりで5点をプラスしたのはなかなか見事だったと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました