スポンサーリンク

【NLWC 2022】フィリーズ、9回に大逆転で先勝!カージナルス、抑えにトラブル発生

NLワイルドカード Game1

 現地2022年10月7日、フィリーズ@カージナルスのナ・リーグ・ワイルドカード・シリーズが始まりました。

 このシリーズはナ・リーグ中地区優勝のカージナルスが地区優勝した中で勝率が3位となったため、ワイルドカードを戦うことになっているシリーズで、対戦相手はワイルドカードの3枠の中で勝率が最も低かったフィリーズとの対戦です。

ウィーラーとキンタナのスターターが好投

 このゲームはフィリーズがザック・ウィーラー、カージナルスがホセ・キンタナの先発。

 この両スターターが非常に素晴らしい投球を披露し、締まったゲーム展開となりました。

 ザック・ウィーラーは立ち上がり、リードオフのラース・ヌードバーにシングルを打たれるも、それ以降はほとんどランナーを出さない素晴らしい投球。ランナーが出たのは、4回裏にポール・ゴールドシュミットへの死球と6回裏にトミー・エドマンにシングル、ラース・ヌートバーに四球を与えたのみ。完全にカージナルス打線を分断しました。

 ウィーラーは6.1イニングで被安打が2、スコアレス、BB1、SO4。

 一方のホセ・キンタナも危なげない投球を披露。スコアリング・ポジションにランナーを許したのは3回表にヒットと四球が続いてしまったシーンと5回表に先頭のアレク・ボームに二塁打を許したシーンのみ。5.1イニングを投げ、こちらも被安打が2、スコアレス、BB1、SO3という成績でした。

 2人とも良かったですね!

カージナルスが勝利ムード

 ゲームが動いたのは7回裏。先頭のノーラン・アレナドをCFフライにし止めたところで、ザック・ウィーラーが降板。

 ここでシーズン終盤に素晴らしいボールを放っていたホセ・アルバラードにスイッチ。

 アルバラードは2アウト目を奪いましたが、つづくディラン・カールソンに丁寧に行き過ぎて四球を出してしまいます。

 つづくバッターはコーリー・ディッカーソンでしたが、代打にフアン・イェペスが登場。イェペスは24才のOFで今季デビューのルーキー。シーズン76試合ながら、12HRを放っている長距離打者です。

 その初球。四球の後の初球でしたが、カットボールがほぼ真ん中に来たところをフルスイング。これがLFスタンドに入る大きなHRとなり、カージナルスが終盤に2点をリードし、いい流れを作ることに成功しました。

 フィリーズは8回表にブライソン・ストットが四球で出るも、チャンスを活かせず。これで完全にカージナルスの勝利が大きくなりました。

PHIが9回に6得点!ヘルスリーにトラブル

 カージナルスの勝利ムードになった9回表、マウンドには剛球のライアン・ヘルスリーが上がりました。シーズン19セーブ、ERA 1.25のクルーザーです。

 9回に何が起こったか?を記してみます。

【ライアン・ヘルスリーの投球】

  • リース・ホスキンス:空振り三振(1アウト)
  • JT・リアルミュート:LFへシングル
  • ブライス・ハーパー:四球(最後の3球は明らかなボール)
  • ニック・カステヤーノス:四球(ストライクは1つだけ)
  • アレク・ボーム:死球 →フィリーズ押出でまず1点(PHI 1-2 STL)

【選手交代】アレク・ボームに代走でエドムンド・ソーサ。投手は投手はアンドレ・パランテにスイッチ。

  • ジーン・セグラ:うまくRF前にシングル(PHI 3-2 STL)
  • ブライソン・ストット:1Bゴロでソーサが生還(PHI 4-2 STL)
  • ブランドン・マーシュ:LF前シングル(PHI 5-2 STL)
  • カイル・シュワーバー:CFに犠牲フライ(PHI 6-2 STL) (2アウト)
  • リース・ホスキンス:見逃し三振 (3アウト)

 リース・ホスキンスは1イニング2度も三振を喫しておりました。それはいいとして、ライアン・ヘルスリーが1アウト後にストライクとボールがはっきりとわかる投球。一度、ベンチからマウンド・ビジットがありましたが、続投。結果、シングル1本と3連続四死球で1失点。しかも満塁でランナーを残して降板というかなり厳しい結果に。

ヘルスリーの不調は4日の指の故障が原因

 ライアン・ヘルスリーの突如の乱調は怪我の影響。現地10月4日のパイレーツ戦に登板し、打球をさばいた際にバランスを取るためにグラブ側の腕を地面につきましたが、同時に右手も着いておりました。その際に体重が乗り、突き指をしたような症状に。この影響が出たのでした。

 絶対的なクローザーを失ったカージナルスがその後、崩れたのは致し方ないところです。

 その裏、カージナルスはザック・エフリンから1点を奪うも、反撃もそこまで。

 6-3のスコアでフィリーズが逆転勝ちしました。

 カージナルス、2戦目をどう立て直してくるのか注目ですね。それにしてもフィリーズが押し出しの1点の後に渋い当たりで5点をプラスしたのはなかなか見事だったと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
タイトルとURLをコピーしました