スポンサーリンク

【ALCS 2018 Gm2】レッドソックス、8回にポーセロ!フェンウェイでタイに

現地2018年10月14日のALCS Game2は序盤にリードを許したレッドソックスが中盤にアストロズのミスにも漬け込んで逆転。終盤に効果的な追加点で7−5で逃げ切り、シリーズ・タイとしました。上の埋め込みの通り、リリーバーが頑張りました!

123456789RHE
HOU022000001571
BOS20300011x790

【P】

  • (HOU)コール(6)→マッカラーズ(0.2)→ジェームズ(1)→ロンドン(0)→シップ(0.1)
  • (BOS)プライス(4.2)→バーンズ(1.1)→ブレイジャー(1)→ポーセロ(1)→キンブレル(1)

【RUNS】

だいたいの流れを追っていくとこのような感じでした。得点のみにフォーカスしてます。

  • 1裏:
    • ベッツがダブルで出塁、ベニンテンディーがシングルを放ちBOS先制。(HOU 0-1 BOS)
    • JD凡退で1アウト後、ボガーツの凡打をコールが1Bへ悪送球(ベニンテンディーが3rd、ボガーツが2ndへ)。ピアースがBBで満塁に。さらにデバーズがRFへシングルを放ち2点目(HOU 0-2 BOS)
  • 2表:1アウト後、コレアがシングル、マルドナードがダブルで出塁し1アウト2、3塁に。スプリンガーがダブルを放ち、ランナー2人が生還し、HOUが同点に(HOU 2-2 BOS)
  • 3表:1アウト後にグリエルがシングルで出塁。ホワイト凡退で2アウト1塁。M・ゴンザレスが2ランHRでHOUが2点を勝ち越し。(HOU 4-2 BOS)
  • 3裏:1アウト後、ボガーツがシングル、ピアースがダブル、デバースが四球で満塁。キンスラー三振で2アウト後、JブラッドリーがLFフェンスを面白く転がるダブルで全員生還。BOSが一気に逆転(HOU 4-5 BOS)
  • 7裏:BBで出たベッツがバッテリー・エラーでホームまでトリップし、待望の追加点(HOU 4-6 BOS)
  • 8裏:デバーズとモアランドがシングルで出塁。ベッツがタイムリーダブルを放ちさらに追加点(HOU 4-7 BOS)
  • 9表:2アウト後にスプリンガーがダブル。ワイルドピッチでの進塁とアルトゥーベのシングルでHOUが1点を返す(HOU 5-7 BOS)。しかし、最後はキンブレルがブレグマンを抑えゲームセット

動画での流れです。

PSに弱いプライス

レッドソックス先発のデービッド・プライスは、今日も失点して危ない状況をつくってしまいましたが、ボール自体はよかったと思います。シーズン中のタメが効いたフォームもよかったですし、キレもあったと思います。しかし、どうして負けゲームの雰囲気を作ってしまうのか?ほんとうによくわからない状況です。

ただ1つ言えることはプライスはPSに弱いとしか言いようがないです。

レイズ時代には2008年にALCSとWSの2試合に登板し、1勝0敗。

2010年、2011年、2013年さらにタイガース時代の2014年にALDSに登板するも5連敗。

2015年はブルージェイズでALDSで1勝1敗、ALCSで0勝1敗。

レッドソックスに移籍後の2016年のPSではALDSで0勝1敗、2017年はALDSでいいピッチングをするも勝ち星がつかず。そして今季がALDSで1敗、そして本日のALCSで勝ち星つかず。

ここまでPS19試合に登板、11試合に先発し、2勝9敗、ERA5.42。日本なら塩を盛ってお清めということになりそうです。

アストロズ先発のG・コールは今日はとにかくコントロールが悪かったと思います。甘い球が多すぎました。これは寒さが影響したかもしれません。

8回にR・ポーセロ投入

A・コーラ監督は6−4と2点リードした8回表になんとローテーションのR・ポーセロを起用。ポーセロは集中力があり、1回を2奪三振のパーフェクトに抑えます。

ほんとうはJ・ケリーを使いたかったのでしょうが、前日の故意死球でかなりマスコミに叩かれていましたから、なんとなく使うのをためらった模様。しかしGame4で投げる予定の投手をここで使うのかとも思いました。というのはエースにトラブルがあったからです。

C・セールが病院へ

C・セールが胃のトラブルで病院に搬送されたという報道がありました。Stomach illnessということで病名はわかりませんが、急性胃炎か何かでしょうか。ひょっとしたら先発も後ろも投げるよというエースにトラブルがあってはピッチャーのプランに狂いが出ます。

幸い、C・セールはGame5の登板に支障はなさそうですが、ポーセロも大事に使いたいなというふうに思います。

M・ベッツのトリップ

7回裏、四球で出塁したベッツがいかにHOMEまで生還したか、ちょっとした旅行のような感じの過程をご覧ください。

本日はM・ベッツが4-2、R・デバースが3-2、JBJことJ・ブラッドリー・Jrが4−1、3RBIと活躍。1番、5番、8番が機能するとゲーム展開は楽ですね。

1日移動日を挟み、現地2018年10月16日からHOUTONでのゲームが始まります。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました