スポンサーリンク

【MLB2023】レンジャーズが乱打戦を制し、連勝!ミッチ・ガーバーがグランドスラムを含む5RBI (ALDS Gm2)

ALDS Gm2 : TEX 11 @ 8 BAL

 前日のNLDS Gm1でDバックスがドジャースから初回に6得点を上げたあのゲーム展開がまだ続いていたのでしょうか!?現地2023年10月8日のレンジャーズ@オリオールズ戦は、レンジャーズが3回までに大量9得点を奪う一方的な展開に。しかし、そうは簡単に行かないのがプレーオフで、土壇場でオリオールズに強烈な追い上げを喰らいました。

スタメン

 スタートはご覧のメンバーでした。

TEXBAL
2B: セミエンC: ラッチマン
SS: シーガー1B: マウントキャッスル
DH: ガーバーDH:サンタンデア
RF: アドリス・ガルシア3B: ヘンダーソン
LF:カーターLF:ヘイズ
C: ハイムRF: ヒックス
1B: N・ロウ2B: ウェストバーグ
3B: ヤングCF: マリンズ
CF:タベラスSS: マテオ
P:モンゴメリーP: G・ロドリゲス

 レンジャーズはGm1でDHにロビー・グロスマンを起用しましたが、この日はミッチ・ガーバーを起用。打順に変更はありませんでした。

 一方、オリオールズはより打線を重視。打順を入れ替えてきました。ラッチマンを2番からリードオフに、マウントキャッスルを4番から2番に、3Bのラモン・ウリアスを下げ、ガナー・ヘンダーソンを3Bに起用して、前日の5番から4番に、SSにはホルヘ・マテオを起用してきました。

グレイソン・ロドリゲスが乱調

 レギュラー・シーズンに7勝4敗、ERA 4.45をマークしたルーキーのグレイソン・ロドリゲス。このプレーオフでも好投を期待されていましたが、この日は残念ながら乱れました。

 1回表はコーリー・シーガーと当たっているエバン・カーターに四球を与え、ピンチを作るも無失点。

 2回表、修正してくると思われたグレイソン・ロドリゲスですが、先頭からご覧の展開に。

  • ナサニエル・ロウ:3-2から四球。ベロシティーは98mph前後で良かったです。
  • ジョシュ・ヤング:0-2からCFへのシングル(0アウト、1、3塁に)
  • レオディー・タベラス:インコースの甘い4シームをレフトへタイムリー・ダブル
    TEX 2, BAL 2)
  • マーカス・セミエン:Pへの高いバウンドのゴロ 1アウト (ランナー3塁)
  • コーリー・シーガー:四球(ストライクとボールがはっきりと判明)(1アウト、1、3塁に)
  • ミッチ・ガーバー:打ち損じのP前ゴロでタベラスが生還(TEX 3, BAL 2)(ランナー1、2塁)
  • アドリス・ガルシア:CFへのシングル(TEX 4, BAL 2)
  • エバン・カーター:SSゴロで2アウト(ランナー1、3塁)
  • ジョナ・ハイム:アウトハイのボールをLFへタイムリー・シングル(TEX 5, BAL 2)

【YOUTUBE】The Rangers RALLY for 5 runs in the 2nd inning of ALDS Game 2.

 ここで投手交代。ダニー・クーロムにスイッチしました。グレイソン・ロドリゲスは、1.2イニング、59球、被安打6、失点5、自責点5、BB 4、SO 2。プレーオフはホロ苦デビューとなりました。

ミッチ・ガーバーがグランドスラム

 3回表、オリオールズのピッチャーはブライアン・ベイカーにスイッチ。ベイカーは1アウト後、タベラス、セミエン、シーガーと3連続BBで大ピンチを作ります。ベイカーはここで交代。マウンドにはジェイコブ・ウェブが上がりました。今季、エンゼルスにいた投手ですね。

 バッターはミッチ・ガーバー。ウェブは初球こそ低めにストライクを決めるも、3連続ボールで押出の危機に。5球目、4シームがインハイの甘いところに行き、これをミッチ・ガーバーに叩かれました。打球は豪快にLFスタンドに放り込まれ、グランドスラムに。この時点でレンジャーズが9-2と一方的な展開に持ち込みます。

J・モンゴメリーも打ち込まれる

 一方、WCシリーズで非常に良い投球を見せたレンジャーズ先発のジョーダン・モンゴメリーもこの日は良くなかったです。

 初回にBBを1つ出し、さらにシングルを3本打たれて2失点。

 2回、3回もランナーを背負う投球が続き、4回裏、この日3本目となるダブルをジョーダン・ウェストバーグに打たれてピンチを作り、その後はタイムリーと犠牲フライで2失点。

 レンジャーズは5回表にジャック・フラハーティーからミッチ・ガーバーがタイムリー・グランドルール・ダブルを放ち1点を追加。10-4としますが、リードを拡げた直後の5回裏、モンゴメリーは先頭のガナー・ヘンダーソンにソロHRを浴び、さらにオースティン・ヘイズにもシングルを打たれたところで降板。

 モンゴメリーは4.0イニングで88球を投じ、被安打9、失点5、自責点4、BB 1、SO 2、HR 1。かなり苦戦しました。

9回にヒックスが3ランHR

 6回表はジャック・フラハーティーが無失点。6回裏はレンジャーズのコディー・ブラッドフォードが抑え無失点。コディー・ブラッドフォードは8回2アウトまで投げ、3.2イニングを被安打3、スコアレス、BB 0,SO 4に抑える好投。良かったですね。

 7回表はタイラー・ウェルズ、 8回表はシオネル・ペレスが無失点に抑え、8回2アウトから登板のジョシュ・スボルツも打者1人を抑えてゲームは9回へ。

 レンジャーズは9回表に登板したイェニエル・カノーからチャンスを作るも無得点。ゲームは9回裏へ。

 レンジャーズのマウンドにはブロック・バーグ。上位打線と対したバーグは、ご覧のような展開に。

  • アンソニー・サンタンデア:CFライナー
  • ガナー・ヘンダーソン:3-2から四球
  • オースティン・ヘイズ:2球目のシンカーをRFへシングル。

    レンジャーズは投手交代。ホセ・レクラクにスイッチ。
  • アーロン・ヒックス:2球目のほぼど真ん中の4シームを右中間へ3ランHR(TEX 11, BAL 8)
  • PHにライアン・オハーン:LFライナー
  • セドリック・マリンズ:三振 →ゲームセット

 レンジャーズが11安打、オリオールズが14安打を放ったゲームは、11-8でレンジャーズが逃げ切りました。

MLB Gameday: Rangers 11, Orioles 8 Final Score (10/08/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 レンジャーズはやはり後ろが不安ですね。

 これでレンジャーズが連勝。ALCSへ王手をかけました。ゲーム3は移動日を挟んでグローブ・ライフ・フィールドに移動して行われます。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】大谷選手が23号HR!6月絶好調で9本目!ドジャースは新シティー・コネクトを着用
【MLB2024】クリス・セールがソト、ジャッジ、スタントンを封じ、今季10勝目!ブレーブスがヤンキースに完勝
【MLB2024】ガーディアンズのスティーブン・クワン、ただいま打率.396 (現地2024年6月20日)
【MLB2024】ツインズ、ロイス・ルイスがHRでリボンを破壊!
【MLB2024】ウィリー・メイズが93才でなくなる。MLB史上、燦然と輝く名選手
【MLB2024】カイル・シュワーバーが2HRを放ち、6月通算60本を達成!その6月のレジェンドぶりのまとめ
【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
タイトルとURLをコピーしました