スポンサーリンク

【MLB移籍2023】マーリンズ、ホセ・イグレシアスとユリ・グリエルと合意

マイアミが2人のベテラン内野手と合意へ

 現地2023年3月9日、マイアミ・マーリンズが2人のベテランFA野手と合意しました。SSのホセ・イグレシアスと1Bのユリ・グリエルです。

 ともに名の知れたベテラン野手でここまでディールが成立せず、どうなるのかと思っていましたが、まずは2023年の所属先が決まったということで何よりです。

 まずはホセ・イグレシアスから見ていきます。

【1】ホセ・イグレシアスのディール

 2022年はロッキーズと1年/$5Mで契約していたホセ・イグレシアスは、シーズン終了後の2022年11月にFAに。

 ロッキーズでは118試合に出場し、128安打を放ち、打率.292、OBP .328、SLG .380、HR 3、二塁打 30、RBI 47と打撃ではまあまあの数字を残しました。

 かつては守備だけでお客を呼べるほど華麗なプレーを連発していた名SSも、ここ数年はそのグラブさばきに翳りが見えてきているのも事実。フィールディング%こそ、.981と素晴らしい数字をキープし、この数字自体は守備全盛期の2015年のデトロイト在籍時の.977よりも高いものですが、SSとしての守備範囲や難しい打球を処理してアウトにする力は残念ながら衰えてきてはおります。

 そんな中で2023年のディールが成立するのか微妙なところでしたが、マイアミとディールが成立しました。

マイナー・ディール

 今回のマイアミとのディールはマイナー契約。もう後半に差し掛かっているスプリング・トレーニングにはNRI(ノンロスター・インバイティー「招待選手」)として参加します。

INFのバックアップ・ロール 

 マイアミがホセ・イグレシアスとサインしたのは、内野のバックアップ・ロール。

 今オフ、マイアミはパブロ・ロペスを出してジョナサン・アラエズをツインズから獲得。2022年のALのバッティング・チャンプでアーロン・ジャッジのトリプルクラウンを阻止した選手です。

 さらにフィリーズからFAとなったジーン・セグラも獲得。

 また、大きなところでは2022年のSSを守ったミゲル・ロハスをトレードでドジャースに渡し、代わりにプロスペクトのジェイコブ・アマヤを獲得しております。

 そのような出入りとなった内野の布陣は、SSに元レイズのジョーイ・ウェンドルを配置。2022年はツインズでチーム事情から1Bを守っていたジョナサン・アラエズは本来の2Bに入ることに。また、ジーン・セグラは3Bとして起用し、2022年に3Bを守っていたギャレット・キーパーを1Bに回すというプランになっております。

 そしていろいろな面で注目度の高いジャズ・チザム・Jr.は、2022年は2Bを守りましたが、その高い身体能力を活かしてCFに入ることになっています。

 ホセ・イグレシアスがビッグ・リーグ・レベルに上がった時、内野のバックアップロールということになります。シーズン中は怪我がつきものですから、そのような選手が出た場合にホセ・イグレシアスの力が必要になりそうです。実際、打撃は本当によくなっていますから、チャンスで単打が欲しい場面にもって来いの選手ですし、彼がいればゲーム後半のマイアミのオプションも拡がりそうです。

 ホセ・イグレシアスは2023年1月の誕生日で33才になりました。もう一花、咲かせて欲しいですね。

【2】ユリ・グリエルのディール

 アストロズからFAとなっていたユリ・グリエルに関してですが、2023年1月にはマイアミに決まるのではないかとの噂が上がっていました。しかし、なかなか合意には至らず、2ヶ月を経過してようやく今回の合意に至っております。

 時間が経つにつれ不利になるのはFA選手の側ですから、結果、マイアミの粘り勝ちのようなディールになりました。

 こちらもホセ・イグレシアス同様、マイナー・ディールとなっています。

 なお、ユリ・グリエルの前の契約はアストロズと1年/$7M(2021)で、2022年は$8Mのクラブオプションとなっていて、アストロズはそのオプションを行使しましたから、2022年のサラリーは$8Mでした。

 よって、今回はかなりサラリーが下がりました。

2022年は苦戦

 ユリ・グリエルは2022年は38才のシーズンで、2023年6月9日の誕生日で39才となります。

 2022年は146試合に出場するも、打率.242、OBP .288、SLG .360、HR 8、RBI 53とキャリア最低の数字となってしまいました。

 ちなみに2021年はどうだったかというと、143 試合に出場し、キャリアハイの169安打を放ち、打率.319、OBP .383、SLG .462、HR 15、RBI 81という非常にレベルの高い数字をマーク。これまでのキャリアでも毎年、これに近い数字はクリアーしていました。よって、2022年は目に見えてダウンしていたというところです。

 ユリ・グリエルは1BかDHのバックアップロール。マイアミの獲得動機としては、けが人などが発生した場合のオプションということになるでしょう。

 ベテラン2人が果たしてメジャー契約になるかどうか、注目です。

 お読みいただき、ありがとうございました。 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました