スポンサーリンク

【MLBトレード2023】メッツのジャスティン・バーランダーはアストロズに復帰へ

やはりバーランダーも移籍

 現地2023年7月30日、地元シティ・フィールドで、ナショナルズを相手に5.1イニングを投げ、被安打5,失点1に抑え、今季6勝目をマークしたジャスティン・バーランダー。この勝利の時点ではまだトレードは決まっていませんでしたが、もう球場は、バーランダーのメッツでの最後の登板という雰囲気に溢れたものでした。もはや全員周知というような雰囲気。

 どこがバーランダーを獲得するのか?ドジャースか?などと噂は立っていましたが、現地2023年8月1日、トレード・デッドラインの日にアストロズへの復帰が決まりました。

トレード概要

 2022年にアストロズでサイヤング賞を獲得し、FAとなりメッツとラグジュアリー・コントラクトを結んだバーランダーでしたが、古巣へ復帰ということになりました。

アストロズGet

  • ジャスティン・バーランダー(Justin Verlander/40)RHP
  • キャッシュ

 アストロズはバーランダーの40manロスターのスペースを空けるため、INFのジョー・ペレス(Joe Perez)をDFAとしています。

メッツGet

  • ドリュー・ギルバート(Drew Gilbert/22※)OF/左投げ左打ち/ 2022年1巡目
    • ※2023年9月27日の誕生日で23才に
  • ライアン・クリフォード(Ryan Clifford/20) 1B, RF or LF/左投げ左打ち/ 2022年11巡目

ローテーション・ヘルプでバーランダー

 このトレード・デッドラインでアストロズは当初からローテーション・ヘルプを模索してきました。ローテーションの面々はご覧の状況だったからです。

  • ランス・マッカラーズ・Jr. :前腕部手術でシーズン・エンディング。2024年の復帰を視野。
  • ルイス・ガルシア: 2023年5月にトミー・ジョン手術
  • クリスチャン・ハビエル:ローテーションを守っているも、不調。直近6試合でERAは8.56。 
  • ホセ・ウルキディー: 5月に右肩を傷め、離脱中。まもなく復帰! 

 名のしれた投手がこれだけ離脱していれば厳しい状況だった訳です。それでもアストロズは現地2023年8月1日にノーヒットノーランを達成したフランバー・バルデスを中心に、ハンター・ブラウン、JP・フランスらでゲームを作り、首位争いをしている状況。いかに自力があるかの証明でもあります。

 ホセ・ウルキディーがまもなく復帰すると同時に、ジャスティン・バーランダーが加入し、一気にローテーションが楽になったということで、かなり価値のあるトレードになったと思います。

バーランダーの高額契約は?

 気になるのはラグジュアリー・コントラクトのジャスティン・バーランダーの契約です。

 ジャスティン・バーランダーの契約はご覧の内容です。

  •  2年/$86,666,666 (2023-24) + 2025 $35M べスティング・オプション
  • 支払い
    • $43,333,333 x 2 (2023-2024)
    • 2024年に140 イニング超えを果たし、尚且つ独立した機関でのフィジカル検査の結果、2025年のオープニング・デー・ロスターを阻害することがないなら、プレーヤー・オプションとなり、2025年は$35Mで更新できる
  • ノー・トレード条項(フル)あり
  • その他、アウォード・ボーナスも

 今回のトレードの前にフル・ノートレード条項は解除。

メッツがかなりの部分を負担

 そしてサラリーの方ですが、メッツがかなり負担します。この辺はレンジャーズとマックス・シャーザーの契約と同じような条件に。

 2年/$86.66M保証 のバーランダーは、今季と来季の分を併せてあと$57.544Mほど残っています。このうち、メッツが$35Mを負担。この時点でアストロズは2年で$22.4Mのみの支払いに。さらに、2025年に$35Mのオプションが行使された場合、メッツが半額の$17.5Mを負います。ここでもアストロズは+$17.5Mの負担で済むことに。

 もともとのメッツの契約金額が巨大すぎるのですが、それでもアストロズはかなりのコストセーブでバーランダーをゲットしたことになります。

 その代わり、とっておきのプロスペクトを提供したという図式です。

メッツへ動く2人のプロスペクト

 メッツは上述の通り、アストロズがドラフト上位でピックした2人をゲットしました。

 ドリュー・ギルバートは、今季はクラスA+で開幕を迎え、現在はダブルAに所属。両レベルを併せた2023年の成績は、.274/ .363/ .458、12 HR、19 ダブル、38 RBI 、10 SB。すでにメッツのトップ・プロスペクトの4位にランクインしています。

 ライアン・クリフォードは、今季はまだ20才。今季はクラスAで開幕を迎え、現時点ではクラスA+に所属。今季の両レベルを併せた成績は .291/ .399/ .520、18 HR、61 RBIをマーク。長いのが期待できる左バッターです。

 アストロズは今季もポストシーズンに進みそうですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました