スポンサーリンク

【MLB2022FA】ヤンキースがアンソニー・リッゾと2年/32Mドルで再契約

ヤンキースがリッゾを獲得→フリーマンの移籍先が絞られる

 現地2022年3月15日、注目の1BのFAですが、ヤンキースがアンソニー・リッゾとディールを成立させました。

 こちらは同日、フィジカルチェック待ちなのですが、オフィシャルまで時間の問題です。

契約詳細

 ヤンキースとリッゾのディールは、下記に決まった模様です。

  • 2年/$32M (2022-23)
    • 支払い:$16M/年
    • 2022年終了後にオプトアウトあり

 特筆すべきは、2022年終了後にオプトアウトありというところでしょうか。リッゾは、2022年終了後に契約を解除して出て行くことが可能。オプトアウトを付けた理由は定かではありませんが、活躍すれば天国、少しでも不調が続けば生き地獄となるニューヨーク・メディアやファンがいる中、念の為にリスク回避した可能性も無きにしもあらずというところでしょうか。ここは筆者の推測なので、ご了承願います。

今回が初FAだったリッゾの前の契約

 アンソニー・リッゾはもともとは2007年のレッドソックス6巡目指名の選手で、2010年12月にレッドソックスがエイドリアン・ゴンザレスを獲得したトレードで他の選手とともにパドレスに移籍しました。

 デビューはパドレス時代の2011年。2012年1月にパドレスがアンドリュー・キャッシュナーを獲得したトレードで他の選手とともにカブスへ移籍しました。

 デビュー2年目の2012年に15HRを放つも、本格的にレギュラーとしてゲームに出続けるようになったのは2013年からです。

 そんなリッゾに対して、カブスは早くから囲い込みを実施。

 よって、リッゾの前の契約というのは、2013年5月にカブスと交わしたものでした。このときは、$0.498M(2013)を上書くような形でエクステンションを結んでいます。

  • 7年/$41M (2013-19) 2020-21クラブオプション
    • 2020年:$14.5M ($2Mバイアウト)→カブスは行使
    • 2021年:$14.5M ($2Mバイアウト)→カブスは行使

金額で言うと、今回のヤンキースとの再契約はアップしました。リッゾが$20Mを切るんだ!という価格でもありますが、若いうちから多めにもらっていたので、それほど気にならない額ではないかと思います。

 カブスはクリス・ブライアント、ハビアー・バイエス、カイル・シュワーバーなど2021年問題をいともあっさりと片付けたのは驚きを隠せませんでした。

 そんな中、カブスは2020年、2021年と2年連続でリッゾとのクラブオプションを行使。このまま残りの野球人生もカブスでという声はファンからも大きく上がっていたので、そうするのかと思っていたのですが、カブスは2020年のコロナパンデミックで入場料収入が激減したことで、サラリーシェッドに走りましたね。呆気なくリッゾを手放すことに。

2021年のトレードデッドラインでNYYへ

 アンソニー・リッゾがヤンキースに移籍してきたのは2021シーズンのトレードデッドラインのこと。そのときのカブスの背景や詳細は下記に綴らせていただいております。

 2021年のアンソニー・リッゾの成績はご覧の通り。

ClubGameABHitsAV.OBPSLGOPSRBIHRダブル
カブス9232380.248.346.446.792401416
ヤンキース4917343.249.349.428.7682187
2021計141496123.248.344.440.783612223
アンソニー・リッゾの2021主要スタッツ

 ヤンキースでのデビュー戦でいきなりHRを放つなど、ニューヨーク・ファンを盛り上げました。

 前半戦のカブスとの成績を比較しても、ほぼ変わらずという数字でした。打率のキャリアハイは2019年の.293ですから、打率は2割半ばくらいでもまあこれくらいかなというラインです。その代わり、OBPは高い数字を残しているのでさすがです。

 リッゾと言えば、やはりチャンスに強い打者で、2015年から2019年までの5シーズンで、100RBI以上が4度。100を超えなかった2019シーズンにおいても94をマーク。同時期、HRは30本以上が3度、25本以上が2度です。

フレディー・フリーマンは絞られる!

 前日のマット・オルソンの記事にも書いた通り、ブレーブスからFAの1B、フレディー・フリーマンはブレーブスとの再契約は無くなりました。

 そして今回、ヤンキースが1Bとしてアンソニー・リッゾを獲得したことで、フリーマンのヤンキースの線も消えました。

 どんどん移籍先が絞られてくるフレディー・フリーマンですが、ここでレッドソックスが猛追しているような状況。他にドジャース、あるいはレイズの名前も上がっており、今回のリッゾのディールはフリーマンの所属先にも大きな影響を与えています。どうなるでしょうかね。

 アンソニー・リッゾですが、キャリアを通じてゴールドグラブ賞受賞が4度。守備でもミスをしない(うまい!)、しかも、打撃はチャンスに強いということで、ニューヨーク向きではあると思います。

 レッドソックスも受けて立ちますよ!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました