スポンサーリンク

【MLB2023】レッドソックスのトレード・デッドラインはルイス・ウリアスの獲得のみ。パクストン、デュバルはキープ

INFバックアップのみの補強

 現地2023年8月1日、トレード・デッドラインが到来。レッドソックスは投手の補強には着手せず、ブルワーズからルイス・ウリアスを獲得したし、内野のバックアップの補強のみとなりました。

 打って勝つぞという宣言にも思えますが、非常に地味な動きでもありました。

トレード概要

レッドソックスGet

  • ルイス・ウリアス(Luis Urías/ 26)SS or 2B/右投げ右打ち

ブルワーズGet

  • ブラッドリー・ブラロック(Bradley Blalock/22) RHP/ 2019年32巡目

ルイス・ウリアスとは

 ルイス・ウリアスは2018年に21才でパドレスでメジャー・デビュー。2019年には71試合に出場し、OBP .329をマーク。期待されていただけにトレード市場でも目をつけられやすい存在でした。

 2019年11月にパドレスとブルワーズ間に成立したトレードの1人として入り、左腕のエリック・ラウラーとともにブルワーズへ移籍。ブルワーズからパドレスにはザック・デイビーズとトレント・グリシャムが動きました。

オーランド・アルシアに代わるINFのキーマンに

 当時、ブルワーズのSSはオーランド・アルシアが守っており、非常にセンスのいいSSとしてこれからさらに進化すると思われたのですが、ブルワーズは徐々にアルシアの出場機会を少なくして、ルイス・ウリアスにポジションを譲ろうとする意図が見られました。

 ルイス・ウリアスは短縮シーズンの2020年からエブリーINFとしてSS、3B、2Bとして試合に出始めました。

 2021年4月にオーランド・アルシアはブレーブスにトレード。その後のオーランド・アルシアは内野ののバックアップからスタートし、ついに2023シーズンはオールスターのスターターにも選ばれるほどの活躍をしているのはご承知の通りです。

 そしてルイス・ウリアスは、2021年に150試合に出場。オーランド・アルシアの後のSSに就きました。2Bも守りましたが、最も多く守ったのがSS。この年は、打率.249、OBP .345、SLG .445と数字は特別良くありませんが、HRは23本を数えました。RBIは63。

 2022年は119試合で打率.239、OBP .334、SLG .404、HR 16、RBI 47をマーク。

2023年のルイス・ウリアス

 今季のルイス・ウリアスですが、ハムストリングスを傷め、開幕はILとして迎え、シーズン参戦は、5月30日から。今季は本調子ではなく、打率.145、OBP .229、SLG .236と低迷しています。

トリプルAへアサイン

 レッドソックスはユー・チャン、パブロ・レイエス、クリスチャン・アローヨで二遊間を回している状況で、これからトミー・ジョン手術で離脱していたトレバー・ストーリーも復帰予定。それなのになぜSSを獲得したのか?ということになりますが、イメージとしてはドジャースに移籍することになったキケ・ヘルナンデスの代わりというところでしょうか。ここはハイム・ブルームに聞かないとわからないですね。

 上述のように二遊間は層が厚く、今季不調のルイス・ウリアスが入る余地がありません。よって、レッドソックスは獲得後すぐにルイス・ウリアスをトリプルAにアサインしました。

 獲得に走ったのは、彼の打撃のイグジット・ベロシティーの良さ、つまり長打も狙える打撃に期待してのこと。

 そうすると、現在トリプルAにいるボビー・ダルベックとも重複することに。同じ右打者で内野。ダルベックは1Bの経験が長いですが、内野の左側を守ることも可能。二人で競い合うということになりそうです。

 レッドソックスにはアダルベルト・モンデシーもいるのですが、ちょっと上に上がってきそうな気配もないです。

【MIL】ブラッドリー・ブラロックとは

 ブルワーズが獲得したブラッドリー・ブラロックは2019年にルーキーリーグで投げ、さあこれからぷろとしてのキャリアを積むぞという時に、2020年のパンデミックでマイナーがキャンセルに。

 2021年にクラスAに昇格し、23スタートで3勝6敗、ERA 4.27。この後、トミー・ジョン手術となり、2022年は投げていません。

 現在はクラスA+に在籍。7スタートで5勝1敗、ERA 2.55をマークしています。

 もし、今季40manに上がらなければ、ルール5ドラフトの対象選手に。

BOS、パクストンとデュバルをキープ

 さて、レッドソックスのトレード・デッドラインですが、噂になっていたジェームス・パクストンとアダム・デュバルですが、ともに残りました。二人ともオファーは受けていたようですが、移籍は実現せず。

 ワイルドカード・スポットの3枠目に入るべく、これからどういう戦いを見せるのか注目です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBトレード2024噂】打撃不振が続くマリナーズ、オリオールズのライアン・マウントキャッスルに手を出すか?!
【MLB2024】ドジャース、ジェームス・パクストンをDFA!25才の右腕を招集
【MLB2024】ブレーブス、今度はオジー・アルビーズが長期離脱!マックス・フリードもILへ
【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?(追記あり)
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
タイトルとURLをコピーしました