スポンサーリンク

【MLB2023】レッドソックスのトレード・デッドラインはルイス・ウリアスの獲得のみ。パクストン、デュバルはキープ

INFバックアップのみの補強

 現地2023年8月1日、トレード・デッドラインが到来。レッドソックスは投手の補強には着手せず、ブルワーズからルイス・ウリアスを獲得したし、内野のバックアップの補強のみとなりました。

 打って勝つぞという宣言にも思えますが、非常に地味な動きでもありました。

トレード概要

レッドソックスGet

  • ルイス・ウリアス(Luis Urías/ 26)SS or 2B/右投げ右打ち

ブルワーズGet

  • ブラッドリー・ブラロック(Bradley Blalock/22) RHP/ 2019年32巡目

ルイス・ウリアスとは

 ルイス・ウリアスは2018年に21才でパドレスでメジャー・デビュー。2019年には71試合に出場し、OBP .329をマーク。期待されていただけにトレード市場でも目をつけられやすい存在でした。

 2019年11月にパドレスとブルワーズ間に成立したトレードの1人として入り、左腕のエリック・ラウラーとともにブルワーズへ移籍。ブルワーズからパドレスにはザック・デイビーズとトレント・グリシャムが動きました。

オーランド・アルシアに代わるINFのキーマンに

 当時、ブルワーズのSSはオーランド・アルシアが守っており、非常にセンスのいいSSとしてこれからさらに進化すると思われたのですが、ブルワーズは徐々にアルシアの出場機会を少なくして、ルイス・ウリアスにポジションを譲ろうとする意図が見られました。

 ルイス・ウリアスは短縮シーズンの2020年からエブリーINFとしてSS、3B、2Bとして試合に出始めました。

 2021年4月にオーランド・アルシアはブレーブスにトレード。その後のオーランド・アルシアは内野ののバックアップからスタートし、ついに2023シーズンはオールスターのスターターにも選ばれるほどの活躍をしているのはご承知の通りです。

 そしてルイス・ウリアスは、2021年に150試合に出場。オーランド・アルシアの後のSSに就きました。2Bも守りましたが、最も多く守ったのがSS。この年は、打率.249、OBP .345、SLG .445と数字は特別良くありませんが、HRは23本を数えました。RBIは63。

 2022年は119試合で打率.239、OBP .334、SLG .404、HR 16、RBI 47をマーク。

2023年のルイス・ウリアス

 今季のルイス・ウリアスですが、ハムストリングスを傷め、開幕はILとして迎え、シーズン参戦は、5月30日から。今季は本調子ではなく、打率.145、OBP .229、SLG .236と低迷しています。

トリプルAへアサイン

 レッドソックスはユー・チャン、パブロ・レイエス、クリスチャン・アローヨで二遊間を回している状況で、これからトミー・ジョン手術で離脱していたトレバー・ストーリーも復帰予定。それなのになぜSSを獲得したのか?ということになりますが、イメージとしてはドジャースに移籍することになったキケ・ヘルナンデスの代わりというところでしょうか。ここはハイム・ブルームに聞かないとわからないですね。

 上述のように二遊間は層が厚く、今季不調のルイス・ウリアスが入る余地がありません。よって、レッドソックスは獲得後すぐにルイス・ウリアスをトリプルAにアサインしました。

 獲得に走ったのは、彼の打撃のイグジット・ベロシティーの良さ、つまり長打も狙える打撃に期待してのこと。

 そうすると、現在トリプルAにいるボビー・ダルベックとも重複することに。同じ右打者で内野。ダルベックは1Bの経験が長いですが、内野の左側を守ることも可能。二人で競い合うということになりそうです。

 レッドソックスにはアダルベルト・モンデシーもいるのですが、ちょっと上に上がってきそうな気配もないです。

【MIL】ブラッドリー・ブラロックとは

 ブルワーズが獲得したブラッドリー・ブラロックは2019年にルーキーリーグで投げ、さあこれからぷろとしてのキャリアを積むぞという時に、2020年のパンデミックでマイナーがキャンセルに。

 2021年にクラスAに昇格し、23スタートで3勝6敗、ERA 4.27。この後、トミー・ジョン手術となり、2022年は投げていません。

 現在はクラスA+に在籍。7スタートで5勝1敗、ERA 2.55をマークしています。

 もし、今季40manに上がらなければ、ルール5ドラフトの対象選手に。

BOS、パクストンとデュバルをキープ

 さて、レッドソックスのトレード・デッドラインですが、噂になっていたジェームス・パクストンとアダム・デュバルですが、ともに残りました。二人ともオファーは受けていたようですが、移籍は実現せず。

 ワイルドカード・スポットの3枠目に入るべく、これからどういう戦いを見せるのか注目です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました