スポンサーリンク

【MLB2020】マスク無しは「バン!」運営上の新プロトコルにMLBと選手会が合意

チーム内パンデミック阻止に向け

 現地2020年8月6日、MLBとMLBPA(以下選手会)は、ゲーム内でのCOVID-19 のさらなる感染のリスクを減らすように設計された新しいセイフティー・プロトコルに合意しました。

 これはスタッフを含め、カージナルスで13名の感染、マーリンズで20名以上のテスト陽性反応が出たクラスターに対する対処策です。

新セイフティー・プロトコルの概要

 こちらはウォール・ストリート・ジャーナルのジャレッド・ダイアモンド氏の取材に基づいた情報ですが、以下の点が網羅されました。

(1)厳格なマスク着用

「選手とスタッフは口と鼻を覆うフェイスガードを常時着用せねばならない。これはダグアウト、ブルペンにおいても同様である。ただし、フィールド内では除く。」

 口と鼻を覆っていれば、マスクでもネックウォーマーの変形のような布でも構わないのですが、フィールド内でのプレー以外の場所では厳しく着用を義務付けられることとなりました。ゲームに出ている選手は呼吸を整えたりすることがあるので、ダブアウト内では多少柔軟性をもって対処されると思いますが、ゲームに出ていない選手やコーチは必ず着用になりました。

(2)十分なスペースの確保

 屋内で一緒に過ごす時間を最小限に抑えるために、ホームチームはビジターチームに対して、屋外の屋根付きスペースを提供すること。 ホームチームは、雨が降ったときにソーシャル・ディスタンスを確保できる適切なスペースも提供する必要あり。

 もう実施されていることですが、ベンチ横にテントを張っている球場がほとんどです。要は距離を確保することが求められています。フィールド横、そしてロッカールームも同様です。

 ゲーム中もブレーブスのように崇めるようにハイファイブをすれば良いでしょうね。

(3)遠征のリストは最小限に

 遠征する者は絶対に必要な要員に限定すること。

 これは一般の会社でも「不要不急の出張は避ける」というのがあると思いますが、選手の遠征に関してもそれが求められています。

(4)宿泊先でのマスク着用

 選手とスタッフは、ホテルの自室以外では、常にフェイスカバーを着用すること。

 ホテルで自室で過ごす時以外もマスク着用が義務付けられました。当然と言えば当然ですね。

(5)外出の報告義務

 ロードチームの選手、スタッフは何らかの理由で滞在しているホテルを離れる場合、チームのコンプライアンス担当者に通知すること。

 外部との接触による感染リスクについての規定です。これはブレーブスとのエキジビション・ゲーム後に、ホテルから外出したマーリンズの選手がいて、これもチーム内クラスターの要因の一つと見られていることから規定されました。

(6)自宅での過ごし方

 ホームチームのプレーヤーとスタッフは、「バー、ラウンジ、モール」など、たくさんの人々が集まるような場所に行くことが禁止されています。

 ホームチームと書かれてありますが、自宅で過ごす場合についての規定です。ホームチームの選手は基本的に自宅が滞在場所になることから規定されました。

厳しい罰則

 選手とスタッフが上記の新しいガイドラインに違反した場合は懲戒処分も辞さずということになりました。MLBと選手会はそれに同意しています。具体的には以下です。

シーズン・バン”banned”も可能

「注意喚起後もフェイスカバーの着用を拒否したり、あるいはこれらのプロトコルに著しく違反していると判定された対象者は、書面による警告を受けた後、2020シーズンへの参加を禁止される。」

 ”ban”は動詞及び名詞で「禁止する」、「出来ないようにする」、「禁止」、「追放」などの意味です。

 ペナルティーがなければ、新しい規定も効力を発揮しないことから、新しいセイフティー・プロトコルに違反した者は、残りシーズンから退場させられることが決まりました。

 中には変わり者のような行動をする人もいるでしょう。もう個人の信念よりも、少しでも感染のリスクを抑えることにフォーカスした内容です。

 シーズン・エンドの処分をくだされれば、日割りとなるサラリーの日数がさらに減ることから、選手のサラリーへのインパクトは大きいです。

 とにかく、MLBが目指しているのは60試合の完結です。選手は関係者はコミッショナーがシーズンを強制的に終わらせたりするようなことがないよう、しっかりと守って自身の健康とチーム内のリスク軽減を貫いて欲しいと思います。

テストでも不正のないようにしてもらいたい

 現規定では陽性反応が出た後、2回連続で陰性になれば現場復帰できるルールです。あくまで想定のお話ですが、それをパスするために、某うがい薬などで口内や鼻腔の表面からウイルスを消してテストに臨むなどというようなことはやめてもらいなと思います。そういったことがまかり通っているとか、そういう意味ではなく、PCR検査にパスする方法はあるので、そういうのはやめてもらいたいということです。

 表面からウイルスが消えたとしても、体内には残っている可能性もあり、それがまさしく「偽陰性」で、大きな感染のリスクにつながりますから、他の人のことも考えて行動してもらいたいなとは思います。

 以上です。この規定は現地7日からイフェクティブ(施行)されることになっています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】エンゼルス、アストロズ投手陣から20三振を奪われる!1試合ではMLB最多タイ!
【MLB2022】”MAX 102.4mph!”ブレーブスのルーキー、スペンサー・ストライダーが剛球連発で4勝目
【MLB2022】タイガースのライリー・グリーン、メジャー初HRはサヨナラHR
【MLB2022】マンフレッド・コミッショナー、ロボ・アンプ導入、32クラブ拡大プランを語る
【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利
【MLB2022】パイレーツ、2試合連続で1試合3HRを放つ選手が出現!
【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
タイトルとURLをコピーしました