スポンサーリンク

【MLB移籍2024】Dバックス、またしても再生させるか!?エンゼルスのクリス・ロドリゲスをウェーバーで獲得

LAA、怪我つづきのトップ・プロスペクトを手放す

 DバックスのGM、マイク・ヘイゼン(Mike Hazen)は、さすがというかもう将来に向けて動いています。

 現地2023年10月30日、Dバックスはエンゼルスからクリス・ロドリゲス(Chris Rodriguez)をウェーバーでクレームオフ(獲得)しました。

クリス・ロドリゲスとは?

【YOUTUBE】Under the Halo: Chris Rodriguez

 クリス・ロドリゲスは、1998年7月20日生まれの25才の右腕。ドラフトは2016年のエンゼルスの4巡目指名。2021年4月にメジャー・デビューを果たしております。

 こちらの記事は2020年11月にしたためた記事で、2021年にデビューが期待されるエンゼルスのトップ・プロスペクトとして現フィリーズのブランドン・マーシュとともに紹介させていただきました。

 非常に投げ方が格好良く、剛腕投手です。4シームだけでなく、カーブも大きくて、縦振りの腕のスイングに合わせた縦の変化が素晴らしい投手でもあります。ただ欠点はBBが多いという点。しかし、伸びしろだらけの投手でもありました。

 2021年4月2日にリリーフとしてデビュー。リリーフとしては13試合に登板し、19.2イニングで被安打9、失点9、自責点8、BB 11、SO 20、HR 0でERAは3.66。

 2021年8月にはようやく先発として登板。2試合、10.0 IPで被安打10、失点5、自責点4、BB 4、SO 9、HR 0、ERA 3.60をマーク。このシーズンは、計15試合で、29.2 IP、被安打28、失点14、自責点12、BB 15、SO 29、HBP 4。SO%は21.6% (MLB平均23.2%)、BB%が11.2 % (MLB平均 8.7%)。

 しかし、この後クリス・ロドリゲスは右肩を傷め、右肩関節包の手術を受けました。

 クリス・ロドリゲスのもう1つの大きな欠点でもあるのですが、とにかく怪我が多いのです。この右肩関節包の手術の前も2018年シーズンと2019年のほとんどを背中の故障で欠場していたのです。

 2023年にマイナーで復帰したクリス・ロドリゲスでしたが、クラスAで1試合、トリプルAで2試合に登板したのみで、今季のIPは2.2。ほとんど投げられていないのです。

Dバックスが獲得した理由

 怪我が多いにもかかわらず、Dバックスがクリス・ロドリゲスを獲得するに至った理由は明確で、まだ25歳である点です。

 NPBでは25才で芽が出なければ次の人生に向けて歩き出すことが多いのですが、MLBではこのくらいの年齢でまだ40manロスターの当落線上にいる選手はざらにいます。例えば、2015年のサイ・ヤング賞を獲得したジェイク・エアリエッタ(Jake Arrieta)もデビューが24才で、本格稼働は25才から。サイ・ヤング賞を獲得したのは29才のシーズンです。

 もちろん、Dバックスが信じているのはクリス・ロドリゲスにまだ火力が残っているというのが前提です。そのポテンシャルに対する投資でもあります。

Dバックスまたも再生させるか?!

 現時点でDバックスはワールドシリーズで善戦していますが、その原動力となっている投手陣はスーパー・エリートからほど遠い投手がほとんどです。

ザック・ギャレン

 NO.1ローテーションで今季のNLサイ・ヤング賞の候補の1人、ザック・ギャレン(Zac Gallen)も元々はカージナルスの2016年の3巡目指名の投手。2017年12月にカージナルスがマイアミからマーセル・オズーナを獲得したトレードでサンディー・アルカンタラらとともにマイアミに移籍。そして2019年のトレードデッドラインで、マイアミがジャズ・チザム・Jr.を獲得したディールでDバックスに移籍しました。

 大化けしたのは2022シーズンにDバックスで12勝4敗、ERA 2.54をマークしてからです。決して最初からエリートではありませんでした。

ケビン・ギンケル

 勝ちゲームの8回を任せられているケビン・ギンケルは、Dバックスの22巡目指名(2016)です。

 その他、ブランドン・ファート(Pfaadt)は今まさに25才で、2020年のDバックスの5巡目指名。今やポストシーズンのヒーローです。

名コーチ、ブレント・ストローム

 そんな投手陣をしっかりと育て上げたのは投手コーチのブレント・ストロームでしょう。ブレント・ストロームはポストシーズンでもベンチでその姿をよくカメラに抜かれている程の有名人。投手育成の達人の一人として広く知られています。クリス・ロドリゲスの場合、怪我という大きな問題がありますが、名コーチの下、花が開くと良いなと思っております。

LAAはなぜ手放した?

 一つ、よく理由がわからないのはエンゼルスがどうしてこの才能豊かなクリス・ロドリゲスを手放したのか?という点です。

 今季、トレードデッドラインで「買い」に回り、優勝もしていないのにプロスペクトが枯渇しているエンゼルスはこれから投手層がさらに薄くなります。良いプロスペクトは確保するべきなのに、手放しました。

 理由はわからなくもないです。クリス・ロドリゲスを40manロースターに入れておくことで1枠が潰れてしまうからです。シーズン中はILは40man の中にいてもカウントせずに済みますが、ワールドシリーズ終了後には一旦は40manの1人としてカウントせねばならず、それによってスペースが潰れてしまいます。

 これでクリス・ロドリゲスがDバックスで活躍すれば、目も当てられないです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました