スポンサーリンク

【MLB移籍2021】ブルワーズ、SSのオーランド・アルシアをブレーブスにトレード!ブレーブスからはRHPのチャド・ソボトカ

シーズン開始早々に珍しく大きなトレード

 現地2021年4月6日、ミルウォーキー・ブルワーズとアトランタ・ブレーブスとの間で割と大きなトレードが成立しました。

 ブルワーズは2020シーズンまでSSとして活躍していたオーランド・アルシアをブレーブスにトレード。

トレード詳細

  今回動く選手は以下の選手達です。

ブレーブスGet

  • オーランド・アルシア(Orlando Arcia/26): SS/右投右打

ブルワーズ Get

  • チャド・ソボトカ(Chad Sobotka/27): RHP
  • パトリック・ワイゲル(Patrick Weigel/27): RHP

ともにスタートで苦戦した両チーム

 ブレーブスはフィリーズとの開幕戦の3ゲームシリーズでまさかの3連敗。

 ブルワーズはツインズとのインターリーグでの開幕3連戦を初戦こそサヨナラ勝利でゲットしたものの、1勝2敗と負け越し。さらに、現地5日から始まったライバルのカブスとの3連戦の初戦も落とし、1勝3敗という状況(現地2021年4月5日時点)。

当たっていなかったアルシア

 ともにスタートで苦戦したのですが、ブルワーズは4ゲームで20失点、ブレーブスは3ゲームで3得点ということで、投手力と打線にテコ入れした形となりました。

 ただ、ブルワーズの場合、11打数1安打とかなり打撃で苦しんでいたオーランド・アルシアを取り除いたという印象の方が強いです。昨シーズンからSSにルイス・ウリアスを固定でという声も出ていたので、この機会に着手したような点もあると思います。そして投手王国とも言っていいブレーブスから右腕2人を獲得。

 そして、今季はSSにルイス・ウリアスが入り、オーランド・アルシアは3Bで出場していました。また、3Bにはトラビス・ショーもおり、ケストン・ヒウラも打率.000(現地2021年4月5日時点)であったこともあり、この際に二遊間をルイス・ウリアスとコルテン・ウォンで固めるといった方針が決まったようなトレードに思います。

ブレーブスではエチェバリア・ロール?

 ブレーブスはたしかに開幕3連戦は打線が当たっていませんでしたが、オーランド・アルシアを獲得して、それほど大きなメリットも感じないのも事実。

 ブレーブスにはエブリデーSSのダンスビー・スワンソンがおり、3Bはオースティン・ライリーが入ったりしていますが、バックアップとしてパンダこと、パブロ・サンドバルもおります。

 確かにオーランド・アルシアが入れば、通算530試合(現地2021年4月5日時点)もSSを守った選手ですから、守備は固くなります。それに守備は非常に華麗です!ただ、打撃はブレーブスのレギュラー内野陣を脅かすほどのインパクトには不足しているとも言わざるを得ません。

 よって、守備固めをメインという意味では、今季NPBに入ったアデイニー・エチェバリアのようなロールと言うのがいいかもしれません。ダンスビー・スワンソンはプレーが激しいので、怪我のリスクも考えるといてくれたら心強いという面もあります。

ソボトカは一皮むけるか?

 ブルワーズが獲得したチャド・ソボトカとパトリック・ワイゲルは、早速オルタネイト・サイトへ動くことになりました。まだ開幕していないトリプルAを補完する受け皿です。

 チャド・ソボトカはメジャー3シーズンで通算1勝0敗。すべてリリーフ・ロールなので、この勝ち星ですが、現時点のキャリアハイは2019シーズンの30試合、29.0 イニングでERA6.21。

 まだ覚醒とはほど遠い成績ですが、中継ぎを激しく使うブルワーズでは登板機会が出てくるかもしれません。むしろ、それを期待しないといけないところですが、新天地で力を発揮してもらいたいところです。

 パトリック・ワイゲルは2020年にデビューしたばかりの右腕で、メジャーでは0.2イニングで被安打2、失点2とまだ結果が出ていません。彼はプロの投手として今が正念場。今季、ブルワーズで良い結果が出せるように頑張って欲しいと思います。

 このトレードでどのような効果が出るのか、ちょっと楽しみですね。

 なお、オールスターを剥ぎ取られたブレーブスですが、ここはハンク・アーロンのためにも良いゲームを見せてもらいたいと思いますね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】好ゲームのMIL@SDP戦!ダルビッシュ投手の熱投とコルテン・ウォンのスーパープレー!
【MLB2022】DFAから一転、2HR!メジャー復帰のアリティディス・アキーノが爆発の予感
【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!
【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました