スポンサーリンク

【MLBトレード2021】パドレスが注目のアダム・フレイジャーを獲得

A・フレイジャーはオールスター2B

 いよいよというか、もう始まってはいますが、トレードデッドラインが本格的に動き出しました。注目のオールスター2B、アダム・フレイジャー(パイレーツ)を獲得したのはパイレーツでした。

 アグレッシブなA.J.プレラーGM。今季もバイヤーとして大きな仕事をしています。

トレード詳細

 パイレーツとパドレス間で成立したこのトレードは計4名が動きます。

パドレスGet

  • アダム・フレイジャー(Adam Frazier/ 29才)2B&OF/ 右投げ左打ち
  • CASH

パイレーツGet

  • トゥクピータ・マルカーノ(Tucupita Marcano/ 21才)2B&OF/ 右投げ左打ち
  • ジャック・スウィンスキ(Jack Suwinski/ 23才)OF/ 左投げ左打ち
  • ミシェル・ミリアーノ(Michell Miliano / 21才)RHP

パイレーツがA・フレイジャーの残額をほとんど支払う

 トレードで選手が動くと、その年の契約を引き継ぐのが原則ですが、アダム・フレイジャーを獲得したパドレスは残額もほとんど支払うことがないというトレードとなりました。

 アダム・フレイジャーは2021年1月時点でMLSが4.075。調停の2年めです。2022年が調停のファイナル・イヤーで、2023年がFAイヤー。

 今季の契約は1年/$4.3M。プロレーティッド(日割り)にすると残額は、約$1,6M強ですが、このうちパイレーツが$1.4Mを支払うということで合意。パドレスは$0.2M強の支払いで足ることに。

なぜパイレーツが支払う?

 なぜ出す方のパイレーツが残額も支払うのかというと、MLBではよくあるやり方ですが、アダム・フレイジャーを手放すことで、パイレーツは2022シーズンの彼のサラリー、約5Mから$7M(相場はこれくらいかと)の支払いから解放されます。「それだけ資金が浮きますよね?残り$2Mもないでしょ?全額とは言いませんが、かなりの%でご負担願えませんか?気持ち、うちが払いますから。その代わり、MLBミニマムの$0.56M以下のいいプロスペクトと有望なマイナーリーガーをつけますから・・・・」と、そのような交渉が行われたのではないかと思います。それほど外していないとも思うのですが。

 また、そうすることでパドレスは贅沢税の基準額を下回ることもできるわけで、その御礼がプロスペクト達ということに。

パイレーツファンは不在

 このドライな交渉には残念ながらパイレーツ・ファンの入る隙間はありません。今季はアダム・フレイジャーの存在が大きく、現時点でナ・リーグ・セントラルの最下位とは言え、前年よりはかなり見せ場もつくってくれています。そのメイン・イベンターが抜けるのですから、ファンとしてはちょっと寂しいですね。

パドレス、オールスターINFが完成

 今トレードデッドラインの大きな目玉とも目されていたパイレーツのアダム・フレイジャーですが、パドレスが獲得したのは正直驚きました。2Bには今季大活躍のジェイク・クロネンワースがいますし、三遊間は、マニー・マチャード、フェルナンド・タティス・Jr.、1Bにはエリック・ホズマー、仮にOFだとしても、CFにはトレント・グリシャム、RFにはウィル・マイヤーズ、LFにはトミー・ファムと野手はもう決まっているからです。

 サブにはジュリクソン・プロファーもいます。どうするの?という素朴な疑問が。

エリック・ホズマーがベンチ!?

 そうなると、1Bのエリック・ホズマーをベンチに下げて、1Bにジェイク・クロネンワースもしくはアダム・フレイジャーをという布陣しかありません。そうなると、内野が全員オールスター出場選手というすごいことに!

 しかし、エリック・ホズマーをベンチに下げるとは。確かに層は厚すぎるほど厚いですが、もったいなすぎるというのが正直なところでもあります。

 ちなみにエリック・ホズマーは特に怪我などなく、今季はここまで92試合に出場し、打率.266、OBP .330、SLG .381、HR 8、RBI 48。例年とさほど変わらないペースです。そして現契約は8年/$144M (2018-2025)です。

 ピッチャーを獲得した方がよかったのではないか?などとも思いますが、噂ではパドレスはこれから投手も取りに行きます。

選手紹介

 背景などは上記のような状況です。ではかんたんに選手のプロフィールを。

【パドレス】アダム・フレイジャー

 アダム・フレイジャーは1991年12月14日生まれの29才。2013年アマチュア・ドラフトのパイレーツの6巡目指名。

 MLBデビューは2016年6月24日。今季は6シーズン目。今季、大ブレークした訳ですが、もともとコンタクトは非常に良い選手で、2016年から2020年までの5シーズンで打率.273、OBP .336、SLG .413、HR 35、二塁打91をマーク。

2021年は打率がNL 2位

 抜群に良い今季は、現地2021年7月26日時点で、98試合、打率.324、OBP .388、SLG .448、HR 4、二塁打28、RBI 32。

 打率.324は、MLB全体で4位。ナ・リーグでは2位。1位のニック・カステヤーノスが.329なので、そろそろ1位に躍り出ようかという数字です。

【パイレーツ】トゥクピータ・マルカーノ

 トゥクピータ・マルカーノ(Tucupita Marcano)は1999年9月16日生まれの21才。ベネズエラ出身で、2Bで右投げ左打ち。

 2021年4月1日、今季の開幕戦がデビューです。デビュー以来、25試合に出場してほぼゲーム途中での出場。コンプリート・ゲームは5試合しかありません。現時点はマイナーですが、40manロスターに入っています。

 センスを感じさせる初々しいルーキーです。

【パイレーツ】ジャック・スウィンスキ

 ジャック・スウィンスキ(Jack Suwinski)は1998年7月28日生まれの22才。まもなく23才になる左投げ左打ちのOF。ドラフトは2016年の15巡目。

 2021年はダブルAに所属。216打席で打率が.269、HR 15。SLGは.551で長打力が期待される選手。

【パイレーツ】ミシェル・ミリアーノ

 ミシェル_ミリアーノMichell Miliano )はドミニカ共和国出身の21才の右腕。2021年はシングルAで18試合に登板。全てリリーフ。25.2 IPでERAは3.16。今季のSO9は18.9と、嘘のような数字を出しています。ちなににBB9は7.4。果たしてこの暴れ馬のような投手をパイレーツがどこまで洗練させられるのか?なかなか楽しみでもあります。

 以上です。

 パドレスGMのA.J.プレラー、まだ行きますよ!ちなみにパドレスの贅沢税上のサラリーは、$205.5M。今季は基準額の$210Mを超えても良いらしいです。オーナーから許可ももらっています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
タイトルとURLをコピーしました