スポンサーリンク

【MLB2021】ミゲル・カブレラ、キャリア通算500号HRを達成

MLB史上28人目の500HR

 現地2021年8月22日、トロントのロジャース・センターにて行われたタイガース@ブルージェイズ戦で、タイガースのミゲル・カブレラ(Miguel Cabrera )がキャリア通算500本塁打を達成しました。

 Congratulations!

 シーズン前に今季、達成が期待されるマイルストーンでも大きくピックアップされていたミゲル・カブレラの500号HR。487本で開幕を迎え、今季13号目のHRで、見事に500号HRとなりました。

500号は右中間へ

 ミゲル・カブレラはこの日、4番DHで出場。投手戦の展開となったこのゲーム。3回裏にブルージェイズがランナーを3塁に置いて、テオスカー・ヘルナンデスが3Bへ強い当たりを放ち、これをハイメ・カンデラリオが後ろへ後逸。ブルージェイズがエラーで先制点を奪っていました。

 500号へリーチをかけていたミゲル・カブレラは第1打席は1塁奥のファウル・エリアへのポップフライ。4回表の第2打席はSSゴロに倒れ、ヒットレス。

 迎えた6回表の第3打席。1アウトから打席が回ってきたミゲル・カブレラは、ブルージェイズの先発、スティーブン・マッツのアウトコースへのチェンジアップをうまく弾き返し、これが右中間スタンドに入る同点HRとなりました。広角にどこにでも打てるミゲル・カブレラらしい一発でした。

  ゲームは2-2のタイスコアで延長戦に突入。互いに点を奪い合い、11回表、タイガースが2点を勝ち越し。その裏のブルージェイズの攻撃をジョー・ヒメネスが3人で打ち取り、タイガースが見事、5-3でブルージェイズを下したゲームでした。

HR歴代トップ28位

 MLBの歴代HR記録を見てみると、ご覧のような素晴らしい光景になります。英語名のカッコ内の内訳は達成年数、HOF(殿堂入り)かどうかを表しています。また打席のBはBothの意味でスイッチヒッターのことです。

 またハンク・アーロンの英語名は”Henry”となっていますが、これは本名のHenry Louis Aaronから。

プレーヤーPlayer (達成年数/殿堂)HR打席
1バリー・ボンズBarry Bonds (22)762L
2ハンク・アーロンHenry Aaron (23/HOF)755R
3ベイブ・ルースBabe Ruth (22/HOF)714L
4アレックス・ロドリゲスAlex Rodriguez (22)696R
5アルベルト・プホルズAlbert Pujols (21, 41才)677R
6ウィリー・メイズWillie Mays(23/HOF)660R
7ケン・グリフィー・Jr.Ken Griffey Jr. (22/HOF)630L
8ジム・トーミJim Thome (22/HOF)612L
9サミー・ソーサSammy Sosa (18)609R
10フランク・ロビンソンFrank Robinson (21/HOF)586R
11マーク・マグワイアMark McGwire (16)583R
12ハーモン・キルブルーHarmon Killebrew (22/HOF)573R
13ラファエル・パルメイロRafael Palmeiro (20)569L
14レジー・ジャクソンReggie Jackson (21/HOF)563L
15マニー・ラミレスManny Ramirez (19)555R
16マイク・シュミットMike Schmidt (18/HOF)548R
17デービッド・オルティズDavid Ortiz (20)541L
18ミッキー・マントルMickey Mantle+ (18)536B
19ジミー・フォックスJimmie Foxx (20/HOF)534R
20ウィリー・マッコビーWillie McCovey (22/HOF)521L
21フランク・トーマスFrank Thomas (19/HOF)521R
22テッド・ウィリアムズTed Williams (19/HOF)521L
23アーニー・バンクスErnie Banks (19/HOF)512R
24エディー・マシューズEddie Mathews (17/HOF)512L
25メル・オットMel Ott+ (22)511L
26ゲイリー・シェフィールドGary Sheffield (22)509R
27エディー・マレーEddie Murray (21/HOF)504B
28ミゲル・カブレラMiguel Cabrera (19, 38才)500R
歴代HRランキング(現地2021年8月22日時点)

ミゲル・カブレラの足跡

 改めて、ミゲル・カブレラのプロフィールを簡単に。1983年4月18日生まれの38才。

 1999年7月にアマチュアFAとしてフロリダ・マーリンズとサイン。

 2003年、フロリダ・マーリンズでMLBデビュー。新人のシーズンでMVP投票27位に選出され、ROYは5位でした。マーリンズには2007年、24才時まで在籍。

 2007年12月に、マーリンズからタイガースに移籍。この時、タイガースからマーリンズにはOFのキャメロン・メイビンや、左腕のアンドリュー・ミラーらが動きました。

 Awardやタイトルはご覧の通り。

  • オールスター出場:11度 (2004-2007 & 2010-2016)
  • AL MVP:2度受賞 (2012 & 2013)
  • AL トリプル・クラウン (2012)
  • シルバー・スラッガー賞:7度受賞 (2005/OF-NL, 2006/3B-NL, 2010/1B-AL, 2012/3B-AL, 2013/3B-AL, 2015/1B-AL & 2016/1B-AL)
  • AL 打率1位:4度 (2011-2013 & 2015)
  • AL OBP 1位:4度 (2010, 2011, 2013 & 2015)
  • AL SLG 1位:2度 (2012 & 2013)
  • AL OPS 1位:2度 (2012 & 2013)
  • AL TB(トータル・ベース):2度 (2008 & 2012)
  • AL 二塁打1位: (2011 & 2014)
  • AL HR 1位:2度 (2008 & 2012)
  • AL RBI 1位:2度 (2010 & 2012)
  • 20HR以上のシーズン: 12回 (2004-2014 & 2016)
  • 30HR以上のシーズン: 10回 (2004, 2005, 2007-2013 & 2016)
  • 40HR以上のシーズン: 2回 (2012 & 2013)
  • 100 RBI以上のシーズン: 12回 (2004-2014 & 2016)
  • 100 Runs Scored以上のシーズン: 8回 (2004-2006 & 2010-2014)
  • 200 安打: 1度 (2012)
  • ワールドシリーズ:1度(2003: フロリダ・マーリンズ)

 シーズン最多HRは44本で、2012年と2013年に達成しています。

美しいフォーム

 ミゲル・カブレラはとにかく「柔らかい」とよく言われます。美しいフォームですね。

 上原投手はどこに投げても打たれるという恐怖を感じたと言いますし、川崎選手は守っていてどこに打ってくるか予想がつかなかったとその凄さを説明されていました。

【ムネリン砲②】川﨑宗則がバケモノすぎると絶望したメジャー打者&日本人打者【名手ムネが一歩も動けなかった怪物がいるらしい】

3000本安打まであと45本

 この日、ミゲル・カブレラは5打数1安打で、HRの1本のみ。通算安打数を2,955本としました。3,000本安打まであと45本。2021シーズンは残り36試合。

 今のペースから行くと、ちょっと厳しいかもしれませんね。

契約期間 

 ミゲル・カブレラは2014年3月28に、タイガースと以下の契約を結びました。

  • 8年/$248M (2016-23) + 2024-25 オプション
    • 2024年は$30Mのクラブオプションで$8Mのバイアウト
    • 2025年は$30Mのクラブオプション

 今季を除き、残り2シーズンはありますが、今後どうなるでしょうか!?

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
【MLB2022】エンゼルス、ジョー・マッドン監督を解雇(追記あり)
【MLB2022】マイケル・ワカが3ヒット・シャットアウト!エンゼルス12連敗へ
【MLB2022】”衝撃の一戦”。フィリーズが大逆転勝利でエンゼルスをスイープ! LAAは11連敗へ
【MLB2022】フィリーズ、監督交代後に連勝!好循環へ!エンゼルスは10連敗で悪循環
タイトルとURLをコピーしました