スポンサーリンク

【MLBアウォード】2020 MVPはともに1塁手が受賞!NLはフレディー・フリーマン、ALはホセ・アブレイユに決定

2020MVP

 現地2020年11月12日、短縮シーズンとなった2020年のアウォードの総決算、MVPが発表となり、ナ・リーグはブレーブスのフレディー・フリーマン(Freddie Freeman)に、ア・リーグはホワイトソックスのホセ・アブレイユ(José Abreu)に決定しました。

 Congratulations! ともに1塁手の受賞で、両リーグとも1塁手で揃い踏みというのは史上3度目。

投票方法

 MVPも30人の記者が投票するところまでは他のAwardと変わりありませんが、ROY、MOYが3位まで、サイ・ヤング賞が5位までの記載であったのに対し、MVPは10位までの記載です。

 ポイントは1位には14ポイント、2位には9ポイント、3位には8ポイントが与えられ、以下4位から10位までは7、6、5、4、3、2、1というふうに割り振られます。

ナ・リーグ投票結果

 まずナ・リーグ投票結果を見てみたいと思います。上位3名はファイナリストでした。

  1. フレディー・フリーマン(ATL): 28(1st)/ 2(2nd): 410 points
  2. ムーキー・ベッツ(LAD): 2(1st)/ 21(2nd)/ 5(3rd)/ 1(5th)/1(6th): 268 points
  3. マニー・マチャード(SDP): 2(2nd)/ 16(3rd)/ 7(4th)/ 2(5th)/2(6th)/ 1(7th): 221 points
  4. フェルナンド・タティス・ジュニア(SDP): 2(2nd)/ 5(3rd)/ 14(4th)/ 5(5th)/2(6th)/ 1(7th)/ 1(10th): 221 points
  5. フアン・ソト(WSH):(省略):172 points
  6. マーセル・オズーナ(ATL):(省略):167 points

(以下、詳細はBBWAA 2020 NL MVP投票詳細を)

ア・リーグ投票結果

 ア・リーグの投票結果です。ア・リーグも上位3名がファイナリストでした。

  1. ホセ・アブレイユ(CWS):21(1st)/ 8(2nd)/ 1(3rd): 410 points
  2. ホセ・ラミレス(CLE):8(1st)/17(2nd)/ 3(3rd)/ 2(4th): 303 points
  3. DJ・ルメイヒュー(NYY):1(1st)/ 5(2nd)/ 15(3rd)/ 3(4th)/ 2(5th)/ 4(6th)/1(8th): 230 points
  4. シェーン・ビーバー(CLE):(省略): 173 points
  5. マイク・トラウト(LAA): (省略): 172 points
  6. ネルソン・クルーズ(MIN): (省略): 128 points
  7. ティム・アンダーソン(CWS): (省略): 125 points
  8. ブランドン・ラウ(TBR): (省略): 104 points

(以下、詳細はBBWAA 2020 AL MVP投票詳細を)

NLはフレディー・フリーマンの圧勝

 今季からドジャースに移籍となったムーキー・ベッツとある程度票が割れると予想していたのですが、フレディー・フリーマンの圧勝でした。

 1位の投票はもう満票に近い数字ですね。

 今回のフレディー・フリーマンの受賞でNLのMVPでは1塁手が16人目の受賞となりました。それだけ1塁手にはスラッガーが多いということですね。この中にはアルベルト・プホルズの3度受賞(2005/2008/2009)というのも含まれています。

NL バッティングタイトル

 参考までにナ・リーグのバッティング・タイトルを記しておきたいと思います。フレディー・フリーマンは打率、打点、安打数、OPSとバランス良く入っています。

AVG.

1.フアン・ソト WSH:.351
2. フレディー・フリーマンATL : .341
3.マーセル・オズーナATL : .338
4. トレイ・ターナー WSH: .335

HR

1.マーセル・オズーナATL : 18
2. フェルナンド・タティス・ジュニアSDP : 17
3.ピート・アロンソNYM : 16
3. ムーキー・ベッツLAD: 16
3. コール・カルフーン ARI: 16
3. アダム・デュバル ATL: 16
3. マニー・マチャード SDP: 16
3. AJ・ポロック LAD: 16

※フレディー・フリーマンは13本

RBI

1.マーセル・オズーナATL : 56
2. フレディー・フリーマン ATL: 53
2. マニー・マチャード SDP: 47
4. フェルナンド・タティス・ジュニアSDP : 45
5.チャーリー・ブラックモンCOL : 42
5. ドミニク・スミス NYM: 42

Hits

1.トレイ・ターナー WSH :78
2. マーセル・オズーナ ATL: 77
3. フレディー・フリーマン ATL: 73
4. マニー・マチャード SDP: 68
4. トレバー・ストーリー COL : 68
5.チャーリー・ブラックモンCOL : 67

OPS

1.フアン・ソト WSH:1.185
2. フレディー・フリーマンATL : 1.102
3. マーセル・オズーナATL :1.067

2冠のマーセル・オズーナは6位

 バランス良く入っているという点ではマーセル・オズーナでしたが、オズーナはファイナリストからも漏れていました。

ホセ・アブレイユがホセ・ラミレスを交わし、1位

 ホセ・アブレイユの得票は2位のホセ・ラミレスとは71ポイント差。1位での投票が70%を超えていましたから、接戦にはなりませんでした。

 2014年にROYを受賞しているホセ・アブレイユは今回のMVP受賞でROYとのダブル受賞を達成。ALの選手としては10人目です。

 なお、ROYイヤーにMVPも受賞したのは2001年のイチロー選手と1975年のフレッド・リンの二人しかおりません。

 またホワイトソックスの選手としてMVPを受賞したのは今回で5度目。直近では直近ではフランク・トーマス(1993/1994)が達成しています。

 意外でしたが、キューバ出身のプレーヤーとしてMVPを受賞したのはホセ・アブレイユで3人め。もっと多いのかと思っていました。しかもかなり間が空いていて、前回は1988年のホセ・カンセコ以来のことです。

AL バッティングタイトル

 ア・リーグのバッティング・タイトルは以下の通りでした。

AVG.

1.DJ・ルメイヒュー NYY:.364
2 ティム・アンダーソンCWS:.322
3.デービッド・フレッチャーLAA:.319
4. ホセ・アブレイユ CWS: .317

HR

1.ルーク・ボイト NYY:22
2 ホセ・アブレイユ CWS: 19
3.ホセ・ラミレス CLE: 17
3. マイク・トラウト LAA: 17
5. ネルソン・クルーズ MIN: 16
5. テオスカー・ヘルナンデス TOR: 16

RBI

1.ホセ・アブレイユ CWS: 60
2. ルーク・ボイト NYY:52
3.ホセ・ラミレス CLE: 46
3. マイク・トラウト LAA: 46
5. ラファエル・デバース BOS: 43

Hits

1.ホセ・アブレイユ CWS: 76
2. DJ・ルメイヒュー NYY:71
3.ウィット・メリフィールド KCR: 70
4.ティム・アンダーソン CWS: 67
5. デービッド・フレッチャー LAA: 66

OPS

1. DJ・ルメイヒュー NYY:1.011
2. ホセ・ラミレス CLE: .993
3. マイク・トラウト LAA: .993

 ホセ・アブレイユもバランス良く上記のスタッツに顔を出しています。打点もすごかったですが、安打数がNLでトップだったというのもすごいですね。右打者でのこの安打数はさすがですね。

 ヤンキースのリードオフを務めたD.J. ルメイヒューは3位。かなり有力だと見ていたのですが、今ひとつ伸びませんでした。

 これで2020シーズンのBBWAAのアウォードは終了。2020年のレギュラーシーズンは地区内の対戦に限られていたので他地区との比較検討が難しかったと思います。

 なお20代でありながらすでに3度もMVPに輝いているマイク・トラウトは過去MVP投票で4位未満になったことはなかったのですが、今季は5位となりました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました