スポンサーリンク

M・ローレンツェンが1921年のベーブ・ルース以来、「勝利投手、HR、守備出場」を果たす!

大谷選手より先にやってしまいました。

現地2019年9月4日、フィリーズ@レッズ戦でマイケル・ローレンツェン(Michael Lorenzen )が1試合の中で勝利投手、HR、野手出場をこなす”3-way”の偉業を達成。

1921年にベーブ・ルース(Babe Ruth)が記録して以来初めてとなり、大谷選手よりも先に”3-Way”をやってのけてしまいました。

実は自ら勝利投手を呼び込んでしまう

マイケル・ローレンツェンがゲームに出勝したのは7回表。5-4とレッズが1点をリードしての状況でした。

先頭のアダム・ヘイズリーをピッチャーゴロに仕留めて1アウトを取った後、つづくジェイ・ブルースに98.8mph(159.0kmh)の4シームを叩かれてこれがHRに。

レッズは5-5の同点に追いつかれます。

試合が同点になったのでそれまで5回4失点でマウンドを降りていたトレバー・バウアーの勝ち投手の権利が無くなりました。

そして直後の7回裏、レッズの攻撃で1アウト後にホセ・イグレシアスにソロHRが出てレッズが6−5と再度リードしたため、勝利投手の権利はマイケル・ローレンツェンに転がりました。

8回裏に今季初HR

マイケル・ローレンツェンは8回表にも登板。2イニング目は三者凡退に抑え、6-5とリードを保ったまま8回裏の攻撃に。

2アウトランナー1塁で打席が回ってきたマイケル・ローレンツェン。普通なら代打を送られるところですが、2018年に4HRを放ったローレンツェンですから当然レッズベンチはそのまま打席に。

そして相手投手ブレイク・パーカーから今季1号となる2ランHRを放ち、8-5とリードし、点差は3点に。

自らの失点をHRでカバーした形となりました。

9回表にCFへ

最終回、レッズはクローザーのライセル・イグレシアスをマウンドに送り、逃げ切りを図ります。

CFにはずっとブライアン・オグレイディが守っていましたが、ここはあえてマイケル・ローレンツェンに交代。本職のオグレイディでもよかったのですが、今季すでに外野で17回出場済みでしたのでローレンツェンをCFに。

それにしても外野の中でもCFを任せられるというのもすごい話です。

ライセル・イグレシアスは打者3人で斬って取り、レッズが8−5で勝利。

マイケル・ローレンツェンは1試合の中で勝利投手、HR、守備出場を果たし、ルース以来の偉業となったのでした。

フィリーズはアーロン・ノラで敗戦。痛かったですね。

M・ローレンツェンの本業以外の出場ログ

今季のマイケル・ローレンツェンですが、このゲームが始まる前までは投手として65試合、LFとして8回、CFで6回、RFで4回、代打で4回、代走で12回の出場がありました。

Michael Lorenzen 2019 Batting Game Logs | Baseball-Reference.com
Michael Lorenzen Every game played with complete stats, links to box scores and automated row summing for 2019

投手としてのみの本業での出場を除いたログは以下です。

野手+打席、代走+打席、代打+守備あるいは投手+打者など、ピッチャー専念以外の出場ログです。

  • 3/28: 代走→CF
  • 3/31: P / 1打席0安打  
  • 4/9: 代打→P /2打席、1打数0安打、1BB
  • 4/11: CF
  • 4/14: P / 1打席、1打数1安打
  • 4/15: P / 1打席、1打数0安打
  • 4/18: CF / 1打席、1打数0安打
  • 4/23: CF
  • 4/26: P / 1打席、1打数0安打
  • 4/29: P / 1打席、1打数0安打
  • 5/6: LF
  • 5/9: 代走→LF
  • 5/22: P / 1打席、1打数0安打
  • 5/24: 代走→RF
  • 6/2: P→LF
  • 6/21: P / 1打席、1打数1安打
  • 7/7: LF
  • 7/13: P / 1打席、1打数0安打
  • 7/15: P / 1打席、1打数1安打
  • 7/17: CF→P
  • 7/22:P→LF→RF
  • 7/31: P→RF
  • 8/2: P→RF
  • 8/14: CF
  • 8/16: 代打 / 1打席、1打数0安打
  • 8/17: P / 2打席、2打数2安打
  • 8/27: LF / 1打席、1打数0安打
  • 8/29: P / 1打席、0打数0安打 1BB
  • 9/2:代打→LF / 1打席、1打数0安打
  • 9/4: P→CF / 1打席、1打数1安打 HR

下の動画は7月31日のログで投手からRFへ出場した時の好プレー。

今季のバッティングログはこのゲームも含めると19打席、17打数、6安打、2RBI、2BB、5Runsです。

もはや5ツール以上のマイケル・ローレンツェンでした。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました