スポンサーリンク

M・ローレンツェンが1921年のベーブ・ルース以来、「勝利投手、HR、守備出場」を果たす!

大谷選手より先にやってしまいました。

現地2019年9月4日、フィリーズ@レッズ戦でマイケル・ローレンツェン(Michael Lorenzen )が1試合の中で勝利投手、HR、野手出場をこなす”3-way”の偉業を達成。

1921年にベーブ・ルース(Babe Ruth)が記録して以来初めてとなり、大谷選手よりも先に”3-Way”をやってのけてしまいました。

実は自ら勝利投手を呼び込んでしまう

マイケル・ローレンツェンがゲームに出勝したのは7回表。5-4とレッズが1点をリードしての状況でした。

先頭のアダム・ヘイズリーをピッチャーゴロに仕留めて1アウトを取った後、つづくジェイ・ブルースに98.8mph(159.0kmh)の4シームを叩かれてこれがHRに。

レッズは5-5の同点に追いつかれます。

試合が同点になったのでそれまで5回4失点でマウンドを降りていたトレバー・バウアーの勝ち投手の権利が無くなりました。

そして直後の7回裏、レッズの攻撃で1アウト後にホセ・イグレシアスにソロHRが出てレッズが6−5と再度リードしたため、勝利投手の権利はマイケル・ローレンツェンに転がりました。

8回裏に今季初HR

マイケル・ローレンツェンは8回表にも登板。2イニング目は三者凡退に抑え、6-5とリードを保ったまま8回裏の攻撃に。

2アウトランナー1塁で打席が回ってきたマイケル・ローレンツェン。普通なら代打を送られるところですが、2018年に4HRを放ったローレンツェンですから当然レッズベンチはそのまま打席に。

そして相手投手ブレイク・パーカーから今季1号となる2ランHRを放ち、8-5とリードし、点差は3点に。

自らの失点をHRでカバーした形となりました。

9回表にCFへ

最終回、レッズはクローザーのライセル・イグレシアスをマウンドに送り、逃げ切りを図ります。

CFにはずっとブライアン・オグレイディが守っていましたが、ここはあえてマイケル・ローレンツェンに交代。本職のオグレイディでもよかったのですが、今季すでに外野で17回出場済みでしたのでローレンツェンをCFに。

それにしても外野の中でもCFを任せられるというのもすごい話です。

ライセル・イグレシアスは打者3人で斬って取り、レッズが8−5で勝利。

マイケル・ローレンツェンは1試合の中で勝利投手、HR、守備出場を果たし、ルース以来の偉業となったのでした。

フィリーズはアーロン・ノラで敗戦。痛かったですね。

M・ローレンツェンの本業以外の出場ログ

今季のマイケル・ローレンツェンですが、このゲームが始まる前までは投手として65試合、LFとして8回、CFで6回、RFで4回、代打で4回、代走で12回の出場がありました。

Michael Lorenzen 2019 Batting Game Logs | Baseball-Reference.com
Michael Lorenzen Every game played with complete stats, links to box scores and automated row summing for 2019

投手としてのみの本業での出場を除いたログは以下です。

野手+打席、代走+打席、代打+守備あるいは投手+打者など、ピッチャー専念以外の出場ログです。

  • 3/28: 代走→CF
  • 3/31: P / 1打席0安打  
  • 4/9: 代打→P /2打席、1打数0安打、1BB
  • 4/11: CF
  • 4/14: P / 1打席、1打数1安打
  • 4/15: P / 1打席、1打数0安打
  • 4/18: CF / 1打席、1打数0安打
  • 4/23: CF
  • 4/26: P / 1打席、1打数0安打
  • 4/29: P / 1打席、1打数0安打
  • 5/6: LF
  • 5/9: 代走→LF
  • 5/22: P / 1打席、1打数0安打
  • 5/24: 代走→RF
  • 6/2: P→LF
  • 6/21: P / 1打席、1打数1安打
  • 7/7: LF
  • 7/13: P / 1打席、1打数0安打
  • 7/15: P / 1打席、1打数1安打
  • 7/17: CF→P
  • 7/22:P→LF→RF
  • 7/31: P→RF
  • 8/2: P→RF
  • 8/14: CF
  • 8/16: 代打 / 1打席、1打数0安打
  • 8/17: P / 2打席、2打数2安打
  • 8/27: LF / 1打席、1打数0安打
  • 8/29: P / 1打席、0打数0安打 1BB
  • 9/2:代打→LF / 1打席、1打数0安打
  • 9/4: P→CF / 1打席、1打数1安打 HR

下の動画は7月31日のログで投手からRFへ出場した時の好プレー。

今季のバッティングログはこのゲームも含めると19打席、17打数、6安打、2RBI、2BB、5Runsです。

もはや5ツール以上のマイケル・ローレンツェンでした。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました