スポンサーリンク

【MLB2024】メッツの新監督に就任したカルロス・メンドーサとは?

メッツの新監督

 現地2023年11月6日に静かに決まったのがメッツの新監督。

 メッツの新監督は大方の予想ではブルワーズとの契約が切れたクレイグ・カウンセルになると思われたものの、いざ蓋を開けるとクレイグ・カウンセルは急遽、カブスの新監督に決定。メッツはカウンセルの他に、アスレチックス監督のマーク・カートセイやカブスのベンチコーチ、アンディ・グリーンらにも興味を示していましたが、ヤンキースのベンチコーチであったカルロス・メンドーサ(Carlos Mendoza )に決めました。

契約

 メッツとカルロス・メンドーサの契約は3年。2027年にはクラブ・オプションがついています。

  • 3 年(2024-26) + 2027 クラブオプション。

 3年契約の総額は$4.5M程度と言われており、AAV(Annual Average Value)では$1.5M/年という意外なほど安いサラリーとなりました。クレイグ・カウンセルとの面談ではどれくらい提示されたのかはわかりませんが、カブスが提示したAAVで$8M/年のレートを遥かに下回ったということかもしれません。

バック・ショーウォルター監督の後任

 メッツはシーズン・ファイナルとなった現地2023年10月1日のフィリーズ戦(1-9で敗戦)を前に記者団の前で来季の指揮を執らないことを発表。大補強したにも関わらず、75勝87敗に終わったことで解雇されたのでした。

 バック・ショーウォルターとメッツは2022年から2024年までの3年契約でしたが、任期途中の解任ということに。

カルロス・メンドーサとは

 新しくメッツの監督に就任するカルロス・メンドーサ(Carlos Mendoza )は、1979年11月27日生まれの43才。ベネズエラ出身です。現役時代はSSほかINFをこなす右投げスイッチヒッターでした。

Carlos Mendoza Minor, Independent, Winter & Fall Leagues Statistics | Baseball-Reference.com
Carlos Mendoza Minor, Independent, Winter & Fall Leagues Statistics including batting, fielding, prospect rankings and more on Baseball-Reference.com

選手時代

 余り有名ではないのはビッグリーグでプレーすることなく現役を終えたからです。

 1997年、17才でサンフランシスコ・ジャイアンツのクラスAマイナスからプロとしてのスタートを切ったカルロス・メンドーサは2009年から2010年にかけて行われたベネズエラ・ウィンターリーグを最後にバットまで計13シーズンにわたってマイナー・リーグで過ごしてきました。

  2003年にトリプルAに上がるも、メジャーでのチャンスはありませんでした。2004年から2005年にかけて独立リーグでプレーした後、2006年からヤンキースのマイナーに所属。ヤンキース・マイナーでの2009年にカルロス・メンドーサは選手として4月から5月にかけてはAAAで計3試合、5月から6月にかけてはAAで7試合に出場。そして現役最後は2009-10の年またぎで行われたベネズエラ・ウィターリーグでの3打席です。

コーチ経験

 2009年6月からはクラスAマイナスのスターテン・アイランド・ヤンキースのコーチに就任。シーズンが終わってから上述のベネズエラWLに参加して最後に現役時代にケリをつけたということのようです。

 2010年に当時ヤンキース傘下にあったチャールストン・リバー・ドックスのコーチを務めた後、2011年にヤンキースのルーキー・リーグ・レベルの監督に就任。2012年には再びリバー・ドックスに移り監督を務めました。

 2013年以降はヤンキースの守備巡回コーチを務め、2018年からはビッグリーグでの内野コーチに昇格。2019年シーズン直後にアーロン・ブーン監督のベンチコーチに任命され、2023年まで4シーズン、ダグアウトのキーポジションを務め上げました。

複数クラブの監督候補に

 カルロス・メンドーサに興味を持ったのはメッツだけではありませんでした。最終的にスティーブン・ボートに決まったガーディアンズもテリー・フランコーナの後任としてメンドーサをピック。さらに、パドレスもボブ・メルビンの後任としてメンドーサと面接したと報じられています。力はかなり評価されているということですね。

メッツの2023年

 2022年に101勝を挙げたメッツは、2023年にはジャスティン・バーランダー、デービッド・ロバートソン、千賀滉大投手、ホセ・キンタナを加え、エドウィン・ディアスとブランドン・ニモとの再契約に$200M以上を投資。

 しかし、2023年には予想を大きく下回る成績に。バーランダー、ロバートソン、マックス・シャーザーはトレードデッドラインで移籍。 2023年の成績は75勝87敗で、NLイーストではブレーブスに29ゲーム差、NLワイルドカード最終順位には9ゲームも差がつきました。

 なかなかハードな状態のメッツですが、来季はクローザーも戻ってきますし、良い要素が多いです。問題は打撃ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024FA】ブルワーズがウェイド・マイリーと再契約へ!1年/8.5Mドル保証でサイン
【MLB移籍2024】ブレーブスがマリナーズからジャレッド・ケルニック、マルコ・ゴンザレスをトレードで獲得
【MLB2024FA】ドジャース、ジョー・ケリーと再契約!1年契約で合意
【MLB制度】クオリファイング・オファー(QO)結果判明後の補償とペナルティーについて(CBA 2022-26)
【MLB制度】贅沢税とは(2022-26 CBA 版)
【MLB2024】メッツ、格安でジョーイ・ウェンドルを獲得!
【MLB2024】メッツ、ルイス・セベリーノを獲得!1年契約で合意
[MLB2024]ベイスターズ今永投手もポスティング開始へ!WBCファイナルの米国戦に先発!
【MLB2024FA】ドジャースがジェイソン・ヘイワードと再契約!テオスカー・ヘルナンデスは諦めたか??
【MLB移籍2024】ツインズからFAのソニー・グレイはカージナルスと3年契約でサイン
【MLB移籍/FA 2024】タイガース、前田健太投手と2年/24Mドルでサイン!
【MLB2023】WS制覇のレンジャーズ、ポストシーズン・シェアを気前よく分配!
【MLB2024】交渉申し込み殺到中の山本由伸投手のポスティング・プロセスを改めて
【MLBトレード2024】Dバックス、マリナーズからユーヘイニオ・スアレスを獲得!
【MLB2024FA】ホワイソックスがSSにポール・デヨングを獲得!
【MLB2024FA】カージナルス、カイル・ギブソンと1年/12Mドルでサイン
【MLB2024FA】ランス・リン、カージナルスと1年/11Mドル保証で契約
【MLB2024FA】フィリーズ、アーロン・ノラとの再契約に成功!7年/172Mドル!
【MLB FA】2024シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト(更新あり)
【MLBジャージ】Dバックスが2024シーズンに向け新デザインを披露!
【MLB】2024シーズンに向けたノンテンダー・デッドラインが到来。MILのB・ウッドラフらがノンテンダーFAに
【MLBトレード2024】ブレーブスがマイケル・ソロカを出してアーロン・バマーを獲得!
【MLB2023】ブレーブスのロナルド・アクーニャ・Jr.が満票でNL MVPを受賞!輝いた40-70!
【MLB2023】大谷選手がAL MVPに輝く!2021年に次ぎ2度目!しかも2度とも満票での受賞!
【MLB2023】サイ・ヤング賞はALがゲリット・コール、NLはブレイク・スネルに決定!
【MLB 2024 契約】”ルール5”に向けた40manロスターのデッドラインが到来!CLEのカル・クアントリルらがDFAに
【MLB2023】MOYはO’sのブランドン・ハイド監督とMIAのスキップ・シューメーカー監督が受賞!
【MLB2023】ROYはO’sのガナー・ヘンダーソン、Dバックスのコービン・キャロルに決定!ともに満票での受賞
【MLB2024】アストロズの新監督はベンチコーチのジョー・エスパーダに決定! 順当な人事に
【MLBプロスペクト】2023 AFL MVPはパドレスのジェイコブ・マーシー(Jakob Marsee)が受賞
タイトルとURLをコピーしました