スポンサーリンク

【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー

ダブルAからの大抜擢

 現地2022年5月13日、オークランド・コロシアムで始まったエンゼルス@アスレチックスの4GameシリーズのGame1で、前日にダブルAから昇格したチェイス・シルセス(Chase Silseth)が先発。

 デビュー戦にもかかわらず、6イニング、2ヒッター、2BB、4SOと見事なクオリティー・スタートを果たし、味方の援護もあり初勝利を飾りました!

 Congratulations!

名前の発音 現地では「セルザ」「セルセ」「セルサ」

 タイトルでは、Silsethの発音をそのまま「シルセス」と記しました。

 英語読みだと、Chaseの最後のseにつられて、Silsethの最初のSiの音が変わり、さらにseとthが混ざります。ターン・タン・タンという3つの音節で発音するのがよいようで、最初のターンでChaseを全部読み切り、残りの2音節でシルセスを詰めようとすると、「セルゼ」あるいは「セルサ」、または「セルセ」というふうに聞こえます。現段階では人によって変わっているので、今後、Baseball Referenceで発音記号が表示されるようになりましたら、それにリライトするつもりです。

2021ドラフトで一番乗り 

 チェイス・シルセスは2021年ドラフトの指名選手。2021年も2020年同様、短縮ドラフトで20巡目までしか指名されませんでした。ちなみに2020年は5巡目で終了しましたね。

大学を転々

 シルセスはエンゼルスの11巡目指名。

もともとニューメキシコ州の高校を卒業。この当時からパーフェクト・ゲームに選ばれていたので、注目されていたということですね。ニューメキシコ州でNO.2 RHPでもありました。ちなみにパーフェクト・ゲーム時は、RHP、1B、3B、Cと色々なところを守っていたようです。ベストがどれかまだ決めかねていたのですね。

 ドラフトでは、アリゾナ・ワイルドキャッツの投手として指名されました。アリゾナ大学のことです。実はその前に2019年にテネシー大学でプレー。しかし、2020年にサザン・ネバダ大学(the College of Southern Nevada)に転籍。ところがコロナ・パンデミックの影響もあり、またしても転籍することに。それが2021年のアリゾナ大学でした。

 アリゾナ大学ではカレッジ・ワールドシリーズにも登板。ヴァンダービルド大のクマール・ロッカーと投げ合っています。

 アマチュア時代に少し変わったキャリアを持っているのでした。

トラッシュ・パンダ(ダブルA)で進化

 2021年7月31日にエンゼルスとサイン。同年8月31日にルーキー・リーグにアサインされ、まずはプロデビュー。そして、エンゼルスはすぐに9月6日にクラスAを飛ばして、ダブルAにアサイン。ロケット・シティー・トラッシュ・パンダで投げることになりました。2021年はまずはプロとしてデビューしたというところ。

 2022年、同トラッシュ・パンダで開幕を迎えたセルシスは、以降5試合に先発。26イニングを投げて、2勝0敗、ERA1.73、SO9が12.8、BB9が2.4。

 トラッシュ・パンダではすでにその能力を高く買われていて、98mphまで上がる4シーム、大きなブレーキを持つカーブ、高速スライダー、そしてスプリットの4球種を駆使することは地元ファンにも発信されていて、「ぜひ、球場に彼を見に来て!」と呼びかけるほど。シーズン開幕前はその精度にまだクエスチョン・マークがついていたのですが、その精度が本物になったことが今回の昇格の根拠ともなりました。

ダブルヘッダーで先発を補充

 なお、エンゼルスは、現地2022年5月14日(土)にダブルヘッダーが組まれており、先発ローテーションが足らない状況でもありました。

 そこで脚光を浴びたのがチェイス・シルセスだったのです。選手を大胆に起用するのが大好きなジョー・マッドン監督ですから、「上げてこい!」ということになり、この日の先発に抜擢されることに。

 チェイス・シルセスは当然、2021年のドラフトでエンゼルスではメジャー・デビュー1番乗り。また、MLB全体で見ても2021年のドラフト指名でデビューを飾ったのは、チェイス・シルセスが一番早いということになりました。

オークランド打線を6回1ヒッター

 まるでベテランのような雰囲気をマウンドで放っていたチェイス・シルセスは非常に落ち着いていました。相棒となったチャド・ウォーラックとも息がぴったりで、お手並み拝見ということで初回からウイニング・ショットにスプリットを披露。

 評判通り、ファストボールも強く、Maxで98.4mphをマーク。

 結果、6回1ヒッターでスコアレス、BB2、SO3という内容。球数も81球とペース配分もバッチリでした。

ベラスケスがHR 

 エンゼルスは4回表にブランドン・マーシュがタイムリーシングルを放って先制。さらに、守備に大きな価値をもたらしているアンドリュー・ベラスケスが広いコロシアムのRFファンスを超えるソロHRを放ち、2-0とリード。

 オークランド先発のドールトン・ジェフリーズも素晴らしい出来だったのですが、エンゼルスはブルペンも完璧な仕事をして、オークランドをシャットアウト。

 ルーキーに初勝利をプレゼントしたというゲームでした。

 エンゼルスはロスター次第でセルシスを下げるかもしれませんが、ハード・ヒッティングのクラブとの対戦も見てみたいですね。今日のスプリットならかなり通用すると思われます。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました