【秘密兵器】”マイナーでのアウトの81%が三振!”インディアンスがジェームズ・カリンチャックをコールアップ

良いなと思ったらシェアお願いします

ポストシーズンへ秘密兵器投入

現地2019年9月13日、クリーブランド・インディアンスはトリプルAのコロンバス・クリッパーズからジェームズ・カリンチャック(James Karinchak)をコールアップしました。

THIS IS NOT A DRILL!

ツインズとのペナント争いに向けたわずかな望みの実現、あるいはワイルドカード生き残りをかけた戦いの最中ゆえ、単なる腕試し(drill)ではなく戦力としてのコールアップです(とは言いつつ、現場は冷静に実力は見ているのですが)。

【ア・リーグ中地区】
1. ツインズ:89−57
2. インディアンス:86−61
【ワイルドカード】
1. アスレチックス: 88-60
2. レイズ:88-61
3. インディアンス:86-61

(現地2019年9月13日)

そして何より、インディアンスはクローザーのブラッド・ハンドが疲労の蓄積から調子を崩しているので、ジェームズ・カリンチャックは非常にシビアな場面での起用が予想されます。

かなりの無茶振り起用になると思われます。少しでも楽に登板できるようにフランコーナ監督はゲーム前に打線にハッパをかけるでしょう。

マイナーでのアウトの81%が三振!

ジェームズ・コリンチャックですが、MLB通の方々が話題にされているように、2019シーズン、ルーキーリーグ(調整)、ダブルA、トリプルAの3つのレベルを合わせた成績が、30試合、30.1イニングを投げ、奪三振が74!

パッサン氏も書いているようにアウトの81%が三振というすごい数字を上げてのコールアップ。

【ジェームズ・カリンチャックの2019マイナーでの成績】

※登板は全てリリーフ。

Level試合IPWLSVERASOHitsERBB
ルーキー33.00000.008002
ダブルA1010.00060.0024202
トリプルA1717.11124.674214913
合計3030.11182.677416917
The latest James Karinchak Stats, Video Highlights, News and more from MiLB.com.

2019年はダブルAスタートで5月にすぐにトリプルAに上がったのですが、夏場の7月に7 Days IL入り。しかし、これは腕に関することではなくハムストリングス痛による離脱。ルーキーでの登板はリハビリで当てられたもの。

J・カリンチャックのプロフィール

この逸材はニューヨーク州出身で1995年9月22日生まれの23才。2017年アマチュアドラフトで9巡目です。ブライアント大学出身。

40man入りは経験済みもデビューはまだ

今回コールアップされた訳ですが、40manロスター入りはすでに経験済みで2018年と2019年の3月に入っていました。これはスプリングトレーニング中にはよくあることです。デビュー自体は今回が初めてとなり、ツインズ戦に登板予定。

惚れ惚れする投球フォーム

投げ方が非常に格好良いです(ミーハーな見方ですみません)。

左のお尻からきれいに体重移動し始め、右腕は小さくたたむことなくバーランダーのようなスイングです。トップの時にボールが右耳に近づかないのでトミージョン手術になりにくい投げ方かと思っています。

マイナーでの投球はこちら↓。

見やすい動画があまり出ておらず、下記は2016年03月19日公開のブライアント大学2年生の時のもの。

捕手のミットの音がすごいです。 

ファストボールはMid-90となっているのですが、90マイル後半は出ていそうです。

オーバー・ザ・トップから投げ込む投手に多い、ブレーキの効いた大きなカーブを持っています。その他の変化球は初登板の時に再度調べます。

現地2019年9月13日、ツインズ@インディアンス戦は雨で流れましたので、14日にダブルヘッダーとなりました。

当然、このどちらかに登板すると思われます。

期待したいですね。インディアンス、またしても新陳代謝に成功するかどうかですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

現地2019年9月14日、インディアンスのジェームズ・カリンチャックがメジャーデビューしました。しかし、インディアンスはツインズとの首位決戦で連敗。
スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク