スポンサーリンク

【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス

ベースボール・オペレーションのトップ交代

 現地2022年11月10日のFA(フリーエージェント)の解禁を控え、契約のオプションをどうするのか、選手側、クラブ側ともにかなり慌ただしい動きになっています。FA解禁までは所属クラブが独占交渉権を握っているため、最後の努力を行っている最中です。

 GM職が変わったクラブはロイヤルズなど複数ありますが、中でもクラブ内に大きなインパクトを残したのはやはりブルワーズではないでしょうか。

 「天才」と言われたデービッド・スターンズ(David Stearns)が現地2022年10月27日にベースボール・オペレーションズ部門のプレジデント職を辞しました。

デービッド・スターンズとは

 デービッド・スターンズは1985年2月18日 生まれの37才。選手ではありません!フロント・オフィスのBaseball Operations部門のトップがこの年齢です!これだけでもいかに切れる人物かがおわかりいただけると思います。

 スターンズは2007年にハーバード大学を卒業し、政治学の学士号を取得。ニューヨーク出身で、現在は妻と2人の子どもとともにミルウォーキーに在住しています。

 ハーバード在学中からすでにMLBに携わっており、2005年から2006年の夏にかけてピッツバーグ・パイレーツでインターンシップを経験。大学卒業後の2007年にはアリゾナ・フォール・リーグで野球運営担当のアシスタント・ディレクターを務め、2008年夏にはニューヨーク・メッツでインターンシップを経験したりしています。

 2008年から2011年までは、コミッショナー事務局(MLBセントラルオフィス)で労使関係のマネージャーを務め、年俸調停プロセスを支援し、ユニフォームの選手契約を扱い、MLBの労使協定の交渉チームのメンバーとして活躍しました。

 その後、2011年12月から2012年11月まではクリーブランド・インディアンスでベースボール・オペレーションのダイレクターとして従事。契約交渉、サラリー分析、チーム戦略、ロスター管理などを担当しました。

26才でアシスタントGM

 そしていよいよ本領を発揮し始めたのがアストロズ時代です。

 スターンズは2013年から2015年までの3年間、ヒューストン・アストロズでアシスタントGMを務め、このときすでに経営陣の主要メンバーとして、分析、管理、選手育成、スカウティングなどベースボール・オペレーションの全領域を経験。スキルと経験にさらに磨きをかけました。ぴかぴかです。

30才でGM

 2015年9月21日、デービッド・スターンズはブルワーズに移籍。その約2週間後の2015年10月5日にフランチャイズ史上9人目のゼネラルマネジャー(GM)に正式に就任。なんと30才のGMの誕生と相成りました。

スターンズ就任後のブルワーズ

 スターンズを雇う前、ブルワーズはクラブ創設の1969年まで遡ってポストシーズンには4度しか出場していませんでした。

  • 1981: ALイースト 地区優勝→ALDSでヤンキースに敗れ敗退
  • 1982: ALイースト 地区優勝→WSでカージナルスに3勝4敗で敗退
  • 2008:NLセントラル2位→NLDSでフィリーズに敗れ敗退
  • 2011: NLセントラル地区優勝→NLCSでカージナルスに敗れ敗退

 クラブ創設11年目の1981年に初めて地区優勝を果たしてポストシーズンに進出。翌年の1982年には地区連覇でワールドシリーズまでたどり着くも惜しくもチャンプを逃しました。この時はスターンズは生まれてさえいません。そこから27年を経て2008年に久しぶりにポストシーズンに進出。2011年には1982年以来の地区優勝となりましたが、2012年から2013年までは勝率5割のラインをさまよう状態に。

 2015年秋にスターンズがGMに就任。2016年はまだ変化が起きず、4位と低迷。これはもう致し方ありません。変化が生まれのは2017年から。このシーズンは5シーズンぶりに勝率5割超えを果たして地区2位に入り、手応えを掴みました。以降はこのような具合です。

  • 2018: 地区優勝→NLCSでドジャースに3勝4敗で敗れる
  • 2019: 地区2位→NLWCでナショナルズに敗れる
  • 2020: 地区4位→ワイルドカードシリーズでドジャースに敗れる
  • 2021: 地区優勝:NLDSでブレーブスに敗れる

 2015年まで47年で4度のポストシーズンが、2016年以降は2022まで7年で4度のポストシーズン進出。しかも4年連続です。明らかにスターンズがもたらした効果ですね。

 スターンズは2019年1月23日にベースボール・オペレーション・プレジデントに昇格を果たしました。この時、まだ33才です!

 それゆえ、スターンズはMLBのフロントオフィスで最も尊敬されている経営者の一人として名声を築きました。

 しかし、上述の通り、スターンズはベースボール・オペレーションのトップを辞したのです。契約は2023年シーズンまで残っていたにも関わらず。

ジョシュ・ヘイダーのトレードで地区優勝を逃す

 そうなってしまったのはやはり、2022年7月のトレードデッドラインの動きが大きく影響しました。

 クローザーのジョシュ・ヘイダーをパドレスにトレード。それまで6月19日から首位を守ってきたにもかかわらず、それ以降は8月6日に首位を陥落。最後の最後にポストシーズンへのわずかな扉が開いたにも関わらず、そのチャンスを掴むことが出来ずにポストシーズン進出は4年連続でストップということに。

 ジョシュ・ヘイダーは2023年終了後にFAとなる予定でしたが、その前に手を打っておこうと考えたのが悪い方に出てしまいました。おそらくクローザー・ロールを担えると踏んでいたエバー・ベンダーこと、デビン・ウィリアムスはクローザーではぱっとせず、最後の最後に競り負けた要因となってしまいました。

 ファンを怪訝にさせたのはその後の処理もあります。ディネルソン・ラメットをトレードで獲得したにも関わらず、DFAにしました。なんのためのヘイダーのトレードだったのかと。

 優勝がそこまで見えていたのに自滅した格好に非難が集まったのでした。

トレードで作り上げてきたクラブ

 ブルワーズはドラフトで獲得したブランドン・ウッドラフ、コービン・バーンズが大いに機能。素晴らしいローテーションを形成しました。

 一方でロースターを見てみると、MLBで最もトレードに依存したクラブの1つであることも見えてきます。フレディー・ペラルタ、エリック・ラウアー、エイドリアン・ハウザーに加えて、ウィリー・アダムス、ラウディー・テレーズ、ハンター・レンフロー、ルイス・ウリアスといずれもトレードで獲得した選手です。

 ジョシュ・ヘイダーもそうです。2015年にアストロズからエイドリアン・ハウザー、ブレット・フィリップス、ドミンゴ・サンタナらとともに、ブルワーズに移籍してきました。ブルワーズからアストロズへはマイク・ファイヤーズ、カルロス・ゴメスが遺跡。そして余談ではありますが、この時のマイク・ファイヤーズが後にアストロズのサイン・スティーリングを暴露することになります。ちなみにジョシュ・ヘイダーはもともとはオリオールズのドラフト・ピック。ドラフトの1年後にアストロズへトレードとなりました。

後任はマット・アーノルドに

 スターンズの後任は、スターンズの直下でベースボール・オペレーションのバイス・プレジデントであり、GMであったマット・レイノルズが担うことになりました。ベースボール・オペレーションのトップの交代です。

 43歳のアーノルドは20年以上もベースボール・オペレーションに携わった人で、レイズの人事部長を務めたほか、ドジャース、レッズ、レンジャーズでスカウティング、選手育成、選手分析などさまざまな役割を担ってきた経歴の持ち主。2020年にGMのタイトルを得て、フロントオフィス探しで他クラブからの関心を集めていた人物。このひとしかいないという人事でもありました。

 現地2022年11月8日にコルテン・ウォンの2023年のクラブ・オプションを行使していますが、これはマット・アーノルドの仕事です。

スターンズはどこかに請われる?

 デービッド・スターンズはベースボール・オペレーションのトップからは退くものの、ブルワーズには引き続き残ることになっています。記者会見においても「どこにも行かない」と明言しました。

 とは言え、やはり彼は他クラブからするとどうしても欲しいターゲットで、例えば、メッツは過去2回のオフシーズンでスターンズを誘っておりましたが、これは面接の段階でブルワーズから拒否されています。現在、メッツは元エンゼルスのビリー・エプラーをGMに据えていますが、実はベースボール・オペレーションのトップは空席のまま。スターンズはニューヨーク出身でもありますし、メッツは虎視眈々と狙っています。

 そのほかからもオファーはつづくでしょう。

 以上、ブルワーズのフロント・オフィスの大きな動きについて記しました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
タイトルとURLをコピーしました