スポンサーリンク

【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立

首位クラブのクローザーのディールが成立

 現地2022年8月1日、トレード・デッドラインまであと1日となったところで様々な動きが出てきました。最も衝撃的だったのがこのディールだったのではないでしょうか?

 パドレスとブルワーズ間でブロックバスター・トレードが成立。ナ・リーグ中地区首位のブルワーズがクローザーのジョシュ・ヘイダーをトレードに出しました。

トレード概要

 まず誰が動いたのか整理しておきます。

パドレスGet

  • ジョシュ・ヘイダー(Josh Hader/28)LHP/CL

ブルワーズGet

  • テイラー・ロジャース(Taylor Rogers/31)LHP/CL
  • ディネルソン・ラメット(Dinelson Lamet/30) RHP
  • ロバート・ガッサー(Robert Gasser/23) LHP/SP
  • エステウリー・ルイーズ(Esteury Ruiz/23) OF/右投げ右打ち/デビュー済み

ピッチング・プロスペクトのガッサー以外はすべていわゆる即戦力という構成です。

ヘイダーの1つの結論

 ジョシュ・ヘイダーは2017年6月10日にメジャー・デビュー。デビュー・イヤーはイニングまたぎもいとわずという起用のされ方で、35試合でERAは2.08。凄みを増したのは2018年と2019年でした。

 この2シーズンで116試合に登板し、157.0イニングを投げ、49セーブをマーク。奪三振はなんと281で、SO9は16.1というとんでもない数字を出していました。細身なので小さく見えますが、190cmもあります。

 ランディー・ジョンソンを彷彿とさせる荒々しさを放ち、彼が出てくるともうお手上げというそんな存在感を放っていたクローザーでもありました。

 その勢いは2021年から2022年にも続き、2021年7月28日のパイレーツ戦から2022年6月5日のパドレス戦まで、実に19登板連続で無失点を継続。38イニング連続無失点をマークするなど、MLBを代表するクローザーとしてその名を轟かせていたのはご承知の通りです。

 そのヘイダーに関して心配していたのは酷使され過ぎではないか?ということでした。FA前のサラリーの単価の安いうちに肩や肘を壊さないだろうか?という不安です。

 ただ、ブルワーズも2018年からは極力連投は避けて、可能な限り2日以上空けるという起用でヘイダーを守ってきたことは事実です。

 その心配していたヘイダーは当然、ブルワーズでFAを迎え、おそらくクラブを離れるというシナリオかと思っていただけに、FA前にトレードでしかも首位クラブのクローザーを出したということに驚きを隠せませんでした。

ヘイダーの契約 

 ジョシュ・ヘイダーは2023シーズン終了後にFAとなります。今季は調停2年目で、サラリーは$11M 。2023年は$15Mくらいにはなると目されていて、ブルワーズはヘイダーを囲うために$15M-$17Mのサラリーを投じる必要も感じていたようですが、ペイロールの支払いとしては厳しい状況であることから、編成トップのデービッド・スターンズも致し方なくmこの結論に至った模様です。クリスチャン・イェリッチに2028年まで$26Mも払っていますからね。

 ただ、ヘイダーの活きの良い時期をかなり味わったという見方もできます。

クローザーをスイッチ

 左腕のテイラー・ロジャースはブルワーズでもそのままクローザーの位置に入りそうです。8回のしんどいところは引き続き、デビン・ウィリアムスに任せるでしょう。おそらくウィリアムスがクローザーになることはないと思っているのですが。

 ちなみにテイラー・ロジャースの今季のサラリーは$7.3M。スターンズ、やはりちゃっかりしてます。

ラメットが再び輝くか?

 そしてこのトレードでパドレスはディネルソン・ラメットも放出しました。

 ラメットは豪腕で、2020シーズンは非常に良かったです。しかし、いかんせん、ここ2年ほどは怪我との戦いです。トミー・ジョン手術をした方が良かったのかもしれませんが、もう気づけば30才を過ぎました。

 今季は13試合に登板し、ERA は9.49。トレードに出たのもこの辺の数字の悪さもあります。現時点ではマイナーにおります。

 

ガッサーは確実に活躍するプロスペクト 

 ロバート・ガッサーは、2021年ドラフトのパドレスの2巡目指名。パドレス内でも将来を期待されていた投手で、ブルワーズに移籍し、早速クラブ内ランキングで8位に入りました。

 ファストボールはlow-mid 90mphというところでとりわけ速いわけではありませんが、左腕からきれいのいいボールを投げ込みます。コントロールの良いピッチング・プロスペクトです。

エステウリー・ルイーズとは

 エステウリー・ルイーズは非常にいい素材の選手。ドミニカ共和国出身で23才。右投げ右打ちのOF。2022年7月12日にすでにメジャーデビュー済み。

 メジャーでは14試合で、27-6、打率.222、OBP .222、SLG .333、HR0。

 ただし、マイナーでは今季開幕後はAA、そして6月からはAAAに所属。両レベル併せた打率.333。そしてHRも13本を放っています。そして驚くべきは盗塁数!なんと60を決めています。AAで37、AAAで23です。

 たしかに動きが非常に機敏。ブルワーズで大化けしそうです。イェリッチのポジションを獲ってしまえ!というくらいに面白い素材です。

 両クラブともにあと1日、まだまだ動きます。この結果がどうなるのか、シーズン終了後に編成が評価されます。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
【MLB移籍2022】ジャイアンツがトレバー・ローゼンタールとサイン。ジェイク・マギーはブルワーズとサインへ
【MLBトレード2022】 メッツ、パイレーツからダニエル・ボーゲルバックとマイケル・ペレスを獲得!
【MLBドラフト2022】幸運!エンゼルス、3巡目/全体89位で105.5mphのベン・ジョイスを指名、そしてサインへ!
【MLB2022噂】ジェイコブ・デグロムの復帰時期(追記あり)とシーズン前のオプトアウト公言
【MLB2022】元サイ・ヤング賞、ダラス・カイケルがDバックスからDFAに
タイトルとURLをコピーしました