スポンサーリンク

【MLB移籍2019】ヘインリー・ラミレスがインディアンスとマイナー契約へ

H・ラミレスがメジャー復帰へ第一歩

現地2019年2月23日、2018シーズン途中でレッドソックスをリリースとなったヘインリー・ラミレスがインディアンスとマイナー契約を結んだことが明らかとなりました。

2018年のヘインリー・ラミレス

ヘインリー・ラミレスがレッドソックスをDFAとなったのは現地2018年5月24日。成績は5月終盤を終わって、打率.254、HR6、RBI 29と低迷。

レッドソックスは、この頃ムーキー・ベッツが16HRを放ち、J.D.マルチネスが15HR、ミッチ・モアランドが打率.311を残しており、一人蚊帳の外という状態で悪い意味で目立ってしまっておりました。

ヌネスとホルト

なお、ヘインリーがDFAとなったことで、エデュアルド・ヌネスとブロック・ホルトの出場機会が増え、これが2018年のワールドシリーズ制覇に大きく貢献したことを考えると、ヘインリーには悪いですが、クラブ強化策としては吉が出たということになると思います。

またあの美しいフォームが見られるか

ヘインリー・ラミレスと言えば、MLBでは珍しいくらいに足を高く上げてタイミングを取る打撃ファームがトレードマークと言ってもいいかもしれません。

ドレッドヘアーも魅力の一つですが、髪型は変わるので。

このフォームが非常にかっこいいんですね。

しかももともとはSSを守っていたというのが、また魅力的でセンスの塊のような選手でした。

キャリア

ヘインリー・ラミレスは2005年にレッドソックスでメジャーデビュー。21才の時です。この年は2打席だけの経験でした。

2005年11月にヘスス・デルガド、アニバル・サンチェスらとともにトレードでフロリダ・マーリンズへ移籍。レッドソックスはこのトレードでジョシュ・ベケットとマイク・ローウェルらを獲得しました。

直後の2006年シーズンは打率.292、HR 17、盗塁51でNL ROYを獲得。

2009年には打率.341を記録。

2012年7月のトレードデッドラインでドジャースに移籍。この時、ドジャースからマイアミ・マーリンズにネイサン・イオバルディが動きました。

2014年オフにFAとなり、11月にレッドソックスと契約。2018年の5月にDFA→リリースとなっていたのでした。

スタッツ

2006年のNL ROYの他に下記のような成績を残しています。

  • オールスター出場:3度(2008-2010)
  • NLシルバースラッガー賞:2度 (2008 & 2009)
  • NL Batting Average 1位: 2009
  • NL Runs Scored 1位:2008
  • 20-Home Run 以上: 7度 (2007-2009, 2012, 2013, 2016 & 2017)
  • 30-Home Run 以上: 2度 (2008 & 2016)
  • 100 RBI 以上: 2度 (2009 & 2016)
  • 100 Runs Scored 以上: 4 (2006-2009)
  • シーズン200 安打:1 度 (2007)
  • 50 盗塁: 2度 (2006 & 2007)

輝かしい成績を残していますね。

Hanley Ramirez Stats | Baseball-Reference.com
Career: 271 HR, .289 BA, 917 RBI, SS/1B/3B, 2006 NL RoY, 3xAllStar, Marlins/RedSox/... 2005-2019, b:R/t:R, 1x BA Leader, born in Dominican Republic. 1983

レッドソックス退団後

5月にレッドソックスを退団後、11月にドミニカ・ウィンター・リーグに参加すするまでの期間は個人で調整をしていた模様です。

独立リーグの記録にはありませんでした。

DWLの実戦では18試合、打率.266、HR3本を記録。実戦に触れられたのはよかったと思います。

インディアンス入団後も厳しいサバイバルが続きますが、ぜひあの美しい打撃フォームを見せてもらいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました