【MLB2021】レッドソックス、リリーバーのマット・アンドリーズと1年で合意

良いなと思ったらシェアお願いします

BOSTONはブルペン補強へ

 現地2020年12月23日、ボストン・レッドソックスに動きがありました。

 リリーバー右腕のマット・アンドリーズ(Matt Andriese)と1年で合意。課題の一つであったブルペン補強に着手しました。

契約内容

 レッドソックスとマット・アンドリーズの契約内容は1年/$2.1M(2021)を保証するもの。

 内訳は以下の通りです。

  • 2021:$1.85M
  • 2021: $3.5Mクラブオプション($0.25Mバイアウト)
  • パフォーマンス・ボーナス
    • 120 IP、130 IP、 140IP、 150IPを投げるごとに$0.125Mずつ加算
    • 2022 サラリーは 2021年に120 IP、130 IP、140 IP、150 IPを投げるごとに $0.25Mずつ加算

 2021年のサラリーは$1.85Mですが、2022年のクラブオプションが行使されない場合のバイアウトが$0.25Mなので、$2.1M保証ということになります。

エンゼルスからノンテンダーFA

 現地12月2日のノンテンダー・デッドラインでエンゼルスはリリーバーを中心にテンダー(オファー)せず。

2020−2021ノンテンダーFA  今オフのコールドFAに火をつけるきっかけになるであろう、2020年のノンテンダー・プレーヤー・...

 どうやってブルペンを作っていくのか?と疑いを持ってしまいましたが、レッズからライセル・イグレシアスをトレードで獲得するなど手は打っております。

2020ウィンターミーティング  現地2020年12月7日、ウィンター・ミーティングが始まりました。もともと6日(日)からスタートと...

 マット・アンドリーズの2020年の成績は、16試合に登板。32.0イニングを投げ、2勝4敗でERAが4.50。この高いERAがノンテンダーの理由づけになってしまった感があります。あとはMLSが2021年の1月で5.071になる予定ですから、調停のファイナルイヤーで、サラリーアップを嫌った面もあったと思います。

 ちなみに2020年のサラリーは$1.395Mで決して高くはありませんでした。

マット・アンドリーズとは

 あらためてマット・アンドーズについて記しておきたいと思います。

 1989年8月28日生まれの31才(現地2020年12月23日時点)。ドラフトは2011年のパドレスの3巡目指名。

 2014年1月にパドレスとレイズ間で発生した計7名が動くブロックバスター・トレードでレイズへ移籍。この時、パドレスからレイズ移籍したメンバーにはブラッド・ボックスバーガー、ローガン・フォーサイスも含まれていました。また、パドレスからレイズにはジェシー・ハーンとアレックス・トーレスが動きました。

デビューはレイズ

 デビューしたのは2015年。トレードの翌年のシーズンです。1年目は先発とリリーフの両方を兼任。3勝5敗、ERA 4.11。

 2年目の2016年からは先発をメインに担当。29試合中、19試合に先発。127.2イニングを投げ、8勝8敗、ERA4.37。シャットアウト勝利も1つ記録しています。3年目は18試合中17試合に先発、5勝5敗、ERA 4.50。

 その後、2018年7月のトレードデッドラインでレイズからDバックスへ移籍。ここからリリーフの専任となりました。

2019年、Dバックスで好リリーフを見せる

 マット・アンドリーズが際立っていたのは2019シーズンではないかと筆者は思います。シーズン開始当初はグレッグ・ホランドとアーチー・ブラッドリーがダブルストッパーのように機能し、そこにつなげていたのがマット・アンドリーズでした。

 シーズン後半はアーチー・ブラッドリーが抑えを努め、マット・アンドリーズがセットアップロールを担う形となりましたが、マット・アンドリーズはシーズンを通して、Dバックスのゲーム後半の大事な場面を任されることが多かったです。

Dバックス、ナ・リーグ西地区2位 本日は5日くらい前から書きたかったダイヤモンドバックスについての話題です。 現地2019年4...

 2019年の成績は5勝5敗、ERA 4.71ながら、54試合、70.0イニングを投げ、SO9は10.1を記録。6回と7回あるいは7回と8回という試合の重要な局面でのイニングまたぎが多かったですね。

 6回、7回、8回はゲームが動く場面が多いので、ERAが高めなのは、致し方ない面もあります。 

 そして、2020年1月、右腕のジェレミー・ビーズリーとのトレードでエンゼルスへ移籍。2020年12月2日、ノンテンダーFAとなったのは上述の通りです。

ファストボールが92mph前後

 マット・アンドリーズのベロシティーは決して速くはありません。4シームで92-93mph前後。よって、被打率はそれなりに高く、メジャー8年のキャリアでH9は7度も9.0を上回っています。ただし、マット・アンドリーズのHR9はキャリア通算でも1.3と非常に少ないのです。

 粘りの投球をするとも言えますね。

 また4シームがそれほど速くない分、カーブ、カットボール、スライダーという横の変化に加え、チェンジアップも持っており、スピード差で奥行きも使えるピッチングができるのが魅力です。スライダーのキレはかなりいいです。この点がメジャーで生き残っているポイントとも言えるでしょう。

レッドソックス、元レイズが集まるか?

 レッドソックスのフロントオフィスのハイム・ブルーム氏は元レイズ幹部。今回のマット・アンドリーズもレイズ出身。先日獲得したハンター・レンフローもレイズ出身。

BOS、右のOFを獲得  ようやくレッドソックスのオフシーズンのニュースが入ってきました。今オフは投手補強に力を入れるレッドソックス...

 何やらレッドソックスにはレイズ出身者が集まりそうですね。元レイズのFA右腕、ジェイク・オドリッジも狙うのでしょうか!?

 注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!