スポンサーリンク

【MLB2020】カリフォルニア、ニューヨーク、テキサスの州知事が6月から条件付きでプロスポーツOKと宣言

条件付きながらも3大都市がOKを出す

 現地2020年5月19日、プロスポーツ・ファンにとっては非常に喜ばしいニュースが飛び込んで来ました。

 アメリカの中でも大きな州であるカリフォルニア州、ニューヨーク州、テキサス州の各知事が、6月からのプロスポーツ開催に前向きな発言を行いました。

カリフォルニア州

 まず、アスレチックス、ジャイアンツ、ドジャース、エンゼルス、パドレスのフランチャイズがあるカリフォルニア州ですが、現地2020年5月19日、ギャビン・ニューサム州知事がプロスポーツ開催OKを表明。

「このまま新型コロナウィルスの新型コロナウィルスのレートが下がり続けるなら、6月第一週をめどに無観客で開催を許可する」というものです。原文はこちら。

if the current rates of progress in fighting COVID-19 continue, pro sports could return in the “first week or so of June without spectators and modifications and very prescriptive conditions.”

 感染者数というのは具体的には出せないと思いますので、新規患者数ということになるかと思いますが、これが今のペースで下がり続けるならという条件です。

 また、やはり無観客での開催となります。

 その他の条件は細かく特定してはおりませんが、MLBがメディカル・プロトコルを定めようとしているように、なんらかの医療当局の基準をもとに開催していくということになりそうです。

ニューヨーク州

 そしてヤンキース、メッツを抱えるニューヨーク州においても、アンドリュー・クオモ州知事がやはり解禁を宣言。

“New York state will help those major sport franchises to do just that,” saying, “whoever can reopen we’re a ready, willing and able partner.

 「ニューヨーク州はそれらのメジャー・スポーツのフランチャイズが開催に向け動こうとするのを支援します。」

 ニューヨーク州はまだまだ感染収束に関して段階的に設定したプログラムの基準に落ち着いていないにもかかわらず、このような宣言を出しました。これはかなりいろいろな意見が飛び交いそうで、クオモ知事の初動に関する判断の是非もある中、非常に強気な態度を示したことになります。

テキサス州

 レンジャーズ、アストロズを抱えるテキサス州はもっとも前のめりの宣言を出しました。プロ・ゴルフ、オートレース、ベースボール、ソフトボール、テニス、サッカーの開催を希望する場合、5月31日から再開可能と。

MLB開催も大きく前進

 以上の3大州知事の発言により、プロスポーツ開催が大きく前進したと言ってよいと思います。

 ただ、ニューヨーク州は知事の前向き発言があったものの、選手たちも心配になるレベルではないかと思います。

 いずれにせよ、各種産業からのロビーもあったと想像しますが、とにかく前向きな発言で、アメリカ全体も元気が出るかもしれませんね。

モデルナ社がアメリカ、世界に貢献するか?

米国立衛生研究所(NIH)と共同で新型コロナウイルス対策ワクチンの開発を進めている米バイオテクノロジー企業のモデルナは、初期の臨床試験で有望な結果が出ていることを明らかにした。モデルナの最高医療責任者タル・ザクス氏はCNNの取材に対し、早ければ来年1月にもワクチンを実用化できるかもしれないとの見通しを示した。

新型コロナワクチン臨床試験で有望な結果、被験者に抗体確認 米モデルナ CNN.co.jp

このニュースがかなり影響してきたかもわかりませんね。

 NFLは8月からのプレシーズン以降のスケジュールをすでに5月頭に発表しています。これはトランプ大統領もNFLはスケジュールを崩さないで開催するよう希望していたのと同じです。

 MLBはますます「お金」の問題に本腰を入れないといけなくなりましたね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました