【MLB2020】「開催に反対」の”アンチ・オープニング”オーナーが6人に

良いなと思ったらシェアお願いします

”Just Do it”

 現地2020年6月17日、MLBとMLBPA(以下選手会)の交渉は特に進展はありませんでした。

 開幕から逆算して開催に必要な重要事項を20日から30日程度前にセッティングをしなければならない中、サラリー交渉を除いても、時間との戦い、新型コロナウィルス感染拡大に備えた選手たちの安全対策など課題は山積みです。

 ファンの立場からすると、コミッショナーには”Just Do it”、「やれ」の一言ではありますが。

アンチ・オープニングのオーナーは6名か

 前日の記事にて、開催に反対しているオーナーが2人いると、ジョン・ヘイマンさんの情報を記載させていただきました。

【MLB2020】コミッショナーのロブ・マンフレッドが「100%開催」から「開催に自信なし」に一転。中にはシーズン・キャンセルを歓迎するオーナーもいるとの報道が

 現地2020年6月17日、複数のソースによりますとその数は増えました。メッツの情報などを追っているメディア、SNYのアンディー・マルティーノさんによるとその数は6名。

 また”The Athletic”のケン・ローゼンタールさんやエバン・ドレリッチさんはとあるエージェントの見方として「プレーを望まないオーナーは間違いなく8名はいる」とも述べています。

選手会との交渉の度に増えるが実数は不明

 ヘイマンさんも書いていましたが、この数は選手会とのやりとりがある度に増える傾向にあります。

 また、実数というよりはネガティブな見方をした場合、そのようにとれるという推測の域を出ないものではありますが、いずれにせよ、アンチ・オープニングのオーナーは6名ほどいるという見方ができそうです。

反対なら反対の根拠を

 これは私見ではありますが、どうもスッキリしないのはアンチ・オープニングであれば、自ら声明を発すればいいのに、コミッショナーをコンシェルジェ的に使って代弁させている点です。

 また視点にマイナーリーガーへのケアをどこまで念頭に入れているかも疑問です。ファンダメンタルな部分をおろそかにするのは自らの首を締めることにもつながります。

コミッショナーは開催に75%の認可が必要 

 アンチ・オープニング・アプローチのオーナーの数がなぜ重要なのか?それはシーズン開催には75%のオーナーの認可が必要だからです。

 30クラブの75%ですから22.5名、つまり23名が許可しないといけません。

 つまり反対が7名までならシーズンを開催できますが、8名に到達するとコミッショナーは開催しなくていいことになります。本来であれば、コミッショナーは開幕反対派を説き伏せて行く立場を貫いてもらいたいのですが、マンフレッド氏のこれまでの行動パターンを見ると、解任のリスクをとるようなことはしないでしょう。

 よって、7名以下であることは重要です。マンフレッド氏に「やれ!」と言えるからです。

NAID「MLBは9月で終わるべき」

 現地2020年6月17日、National Institute of Allergy and Infectious Diseases (NIAID) のDr.アンソニー・フォーチ(Anthony Fauci)氏は「MLBはCOIVD-19のセカンドウェイブに備え、ポストシーズンも含めて9月に終わるべき」とのコメントを出しました(Dr. Anthony Fauci: MLB season should end in September)。

 これは何か絶妙なタイミングですね。

 まだ開催の余地はあります。まだアンチ・オープニングのオーナーが8名になったわけではありませんから。

 引き続き、状況を注視したいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク