スポンサーリンク

【レッドソックス】2018ワールドシリーズMVPのスティーブ・ピアースが引退を表明

37才になったばかり

 現地2020年4月14日、引退のニュースが入ってきました。レッドソックスの1Bで2018年ワールドシリーズが佳境となったGame 4とGame5の2試合で3HRを放ち、MVPとなったスティーブ・ピアース(Steve Pearce )が引退を表明しました。

 スティーブ・ピアースの誕生日は1983年4月13日。そう、37才の誕生日が来たばかりです。本人もそれを節目に決めたかもしれませんね。

2018 WS Game4&5で3HR

 スティーブ・ピアースで記憶に新しいところと言えば、やはり2018年のポストシーズン。特にワールドシリーズ Game4、5での活躍ですね。

 ヤンキースとのALDSでは3勝1敗、アストロズとのALCSにおいても4勝1敗、ドジャースとのワールドシリーズにおいて4勝1敗でポストシーズンを勝ち抜いたレッドソックスですが、スティーブ・ピアースは途中出場のゲームもありましたが、いずれにも出場しました。そしてご覧の成績。ポストシーズンはいい左投手が出るケースが多いので、右打者のピアースの出場機会は増えました。

  • ALDS:4試合: 12−4、打率.333、HR 0、RBI 2
  • ALCS: 5試合: 14-3、打率.214、HR 1、RBI 1
  • WS: 5試合: 12-4、打率.333、HR 3、RBI 8

Game3で延長18回で敗れた直後のGameで活躍

 Game3では両クラブとも死闘を演じました。どうしてもネイサン・イオバルディに焦点を当ててしまいますが、ドジャース先発のウォーカー・ビューラーがそもそも良かったんですよね。これでレッドソックスは悪い流れになりそうなところをポ−セロからの好リレーで乗り切りました。

【WS 2018 Gm3の両クラブの投手リレー】
  • BOS: ポーセロ(4.2)→ロドリゲス(0.1)→ケリー(1)→ブレイジャー(1)→バーンズ(1)→プライス(0.2)→キンブレル(1.1)→ハンブリー(1.0)→イオバルディ(6.0)
  • LAD: ビューラー(7.0)→ジャンセン(2.0)→バエス(2.0)→マッドソン(0.1)→アレクサンダー(1.0)→フローロ(1.2)→前田(2.0)→ユーリアス(1.0)→ウッド(1.0)

 当時はジョー・ケリーがよかったんですよね。コディー・ベリンジャーのすごい返球もありましたし、本当にすごいゲームでした。

 このGame3ではミッチ・モアランドが先発出場。ピアースは代打での出場でした。ナ・リーグHOMEのGameですからリリーバー投手をどの打順に組み入れるか?というのもゲームのおもしろさが増しますね。

 ユニバーサルDHでナ・リーグのゲームやナ・リーグHOMEのゲームもDHが適用されるとこの辺の野球の妙が失われるのは避けてもらいたいところです。 

Game4では逆転HR

 前日にエモーショナルな敗戦となったレッドソックス。Game4では8回表を迎えた時点で3−4とビハインドの状況でした。ドジャースはクローザーのケンリー・ジャンセンがマウンドに。ドジャースが逃げ切りを図ったところでしたが、そこをスティーブ・ピアースが同点のソロHR。これは非常に価値がありました。

 なおこの日のピアースは4打数2安打、そのうち1本が8回の同点ソロHR、そしてもう一本が9回表に走者一掃となったタイムリーダブル。この日は4RBIでした。このゲームでの先発1B、ミッチ・モアランドも活躍。0−4で迎えた7回表に3ランHRを放ったのでした。4点を奪われた直後の3得点も大きかったですね。

Game4でマチャードに踏まれる

 Game4ではドジャースのマニー・マチャードに1塁でのクロス・プレーで足を踏まれるというトラブルにも見舞われながら、ゲームに集中していて苛立つこともなくスポーツマンらしい姿を見せてくれていたのが印象的でした。

 そんなことをしてもVTRに撮られて再生されまくるだけなのにという冷静な考えもあったのでしょう(推測ではありますが)。とにかく、爽やかでした。

Game5で2発

 そしてワールドシリーズチャンプを決めたGame5での2発ですね。

 先制とダメ押しの2発でした。流れを変えたHRでピアースはWS MVPを獲得となったのでした。

 

2019年は故障続き

 WS MVPの効果もあり2019年も1年契約を勝ち取ったスティーブ・ピアース。

 しかし、2019年は故障続きで29ゲームの出場に終わりました。左ふくらはぎ痛、腰痛、そしてヒザ。打者として下半身の故障はやはり痛いですね。

所属クラブ 

 スティーブ・ピアースは2005年アマチュア・ドラフトでパイレーツ8巡目に指名されプロ入り。その前にも2003年にはツインズから45巡目指名、2004年にはレッドソックスから10巡目指名を受けていました。デビューはパイレーツ時代の2007年です。

  • パイレーツ: 2007-2011
  • オリオールズ:2012
  • アストロズ:2012
  • ヤンキース:2012
  • オリオールズ:2013-2015
  • レイズ:2016
  • オリオールズ:2016
  • ブルージェイズ:2017−2018/前半
  • レッドソックス:2018/後半-2019

 2012年が割と権利の売買のような様相で非常に複雑な動きをしました。

 キャリア通算13年、766試合、572安打、打率.254、OBP .322、SLG .440、HR 91、RBI 303。スターターとして594試合、途中出場が172試合。1Bとしての出場が256試合、LFが209試合、代打で136試合に出場しました。

 最終イヤーは怪我になきましたが、2018年の勇姿は忘れられないですね。お疲れさまでした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました