スポンサーリンク

【MLB2022】元サイ・ヤング賞、ダラス・カイケルがDバックスからDFAに

カイケル、今季2度めのDFAに

 オールスターも終わり、現地2022年7月20日はMLBはオフ。出場した選手は疲れがとれるのだろうか?というくらい短いオフです。

 そう言えば移動が大変だったナショナルズのフアン・ソトはLAまでの道のりをチャーター機にて向かおうとしたものの、$440Mの延長契約を断ったがゆえに、クラブ側からチャーター機の手配を拒否され、通常便のフライトでダービー当日の夜中の1:30にLAに到着したことが話題になっていますね。

 ここまで情報が拡散されるのは意図的な感じもします。もう球団経営から手を引くには悪評もやむなし!とオーナーが考えている・・・どうかは定かではありませんが、ナッツにいたいと言っていたソトももう気持ちは別のクラブなのかもしれません・・・。

カイケル、Dバックスでも結果が出ず

 さて、MLBは21日から一部クラブで後半戦がスタート。全クラブの再開は22日からです。そして8月2日のトレードデッドラインに向けて、噂もいろいろ出ていますね。まずは現時点ではまだオフィシャルでは確定情報から。

 現地2022年7月20日、Dバックスはダラス・カイケルをDFAとしました。カイケルのDFAは今季2度め。さすがの元サイ・ヤング賞左腕も今季はかなり苦戦しています。

 ダラス・カイケルがホワイトソックスをDFAとなったのは、現地2022年5月28日。2日後の5月30日にリリースとなり、FAとなったカイケルは現地2022年6月7日にDバックスとマイナー契約を結びました。

2020年はERA1.99

 ダラス・カイケルは2019年12月にブレーブスをFAとなり、ホワイトソックスと3年/$55.5Mでサイン。

 コロナ・パンデミックで短縮シーズンとなったものの、2020年のダラス・カイケルは非常によかったのです。11試合に先発し、6勝2敗でERAは1.99。

 しかし、翌年の2021シーズンは32試合、30スタートで、162.0イニングを投げたものの、9勝9敗、ERA 5.28。もともと被安打の多い投手でしたが、この年にH9は10.5に。

 そして2022年、ホワイトソックスでは8試合に先発し、32.0イニングで2勝5敗、ERA7.88。H9は13.8に。BB9もキャリア最盛期では2点台だったのが5.6に。

Dバックスでは4試合で結論

 ホワイトソックスをDFA後、クリアー・ウェーバーとなり、FAとなったダラス・カイケルに手を差し伸べたのはDバックスでした。

 というのもDバックスの現ピッチング・コーチのブレント・ストロムは元アストロズのピッチング・コーチでカイケルをケアしていたコーチ。ストロムならカイケルをもう一度輝かせるかも!との期待があったからです。

 しかし、その期待も虚しくカイケルは4スタート、18.2イニングで、0勝2敗、ERA9.64とチームに貢献できませんでした。わずかですが、SO9は8.7と上がりましたが、H9は13.0。

 できればこのオールスターブレイク後の登板まで結論は待ってもらいたいとは思いましたが、さすがに内容が悪すぎました。

この後 

 ダラス・カイケルはこの後、ホワイトソックスからDFAはとなった後と同じプロセスを歩むことになりそうです。獲得したクラブはメジャー最低年俸の$0.7Mの日割りということに。

 34才、2015年に20勝8敗、232.0 IP、WHIP 1.017でサイ・ヤング賞を受賞。ゴールドグラブ賞5度のフィールディングの良さを誇る左腕が厳しい立場にたたされています。

 マイナー・ディールであっても獲得するクラブがあるかどうか、微妙です。

 もしも次の声がかからなければ、とにかく、体調なりを整えてリフレッシュしてもらいたいとは思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
【MLB移籍2022】ジャイアンツがトレバー・ローゼンタールとサイン。ジェイク・マギーはブルワーズとサインへ
【MLBトレード2022】 メッツ、パイレーツからダニエル・ボーゲルバックとマイケル・ペレスを獲得!
【MLBドラフト2022】幸運!エンゼルス、3巡目/全体89位で105.5mphのベン・ジョイスを指名、そしてサインへ!
【MLB2022噂】ジェイコブ・デグロムの復帰時期(追記あり)とシーズン前のオプトアウト公言
【MLB2022】元サイ・ヤング賞、ダラス・カイケルがDバックスからDFAに
タイトルとURLをコピーしました