スポンサーリンク

【MLB契約2021】ロイヤルズ、サルバドール・ペレスと2025年まで契約延長!フランチャイズ史上、最大の契約でプロテクト

ロイヤルズ、サルディーを固定し、若手を育成

 現地2021年3月23日の情報になりますが、カンザスシティ・ロイヤルズが、捕手のサルバドール・ペレス(Salvador Perez)と契約延長で合意。正式にサインしました。

 サルバドール・ペレスは、2021シーズン終了後にFAとなる予定でしたが、今回の契約延長で、捕手としてのキャリアの一番熟し切る時期をロイヤルズで過ごすこととなりました。

 ロイヤルズはリビルド中の現チームの捕手を中期でしっかりと固定。綺羅星のように輝く投手、あるいは野手のプロスペクト達を支える文字通り大黒柱として彼をしっかりとキープすることに成功。ロイヤルズ、また強くなりそうですよ!

契約内容 

 今回のエクステンションの契約内容は以下の通り。1990年5月10日生まれのサルバドール・ペレスは、2021シーズン開幕時点で30才。もっとも5月10日の誕生日で31才になるわけですが、開幕時の年齢で行くと、34才までのエクステンションということになりました。実質、35才ですね。

  • 4 年/$82M (2022-25) + 2026 : $13.5M クラブオプション($2Mバイアウト)
    • 2022: $18 M
    • 2023: $20 M
    • 2024: $20 M
    • 2025: $22 M
    • 2026: $13.5 M クラブオプション/ $2 million buyout)

 なお、2021年のサラリーは $13 Mで、これは前の契約である5年/$52.5M (2017-21)の一部です。

 また、今回の延長は2022年からの4年間。$82Mというのは4年間の$80Mに、2026年のバイアウト$2Mを加えた金額。認識としては、$82M保証ということになります。

フランチャイズ史上最高額

 今回の契約延長は、ロイヤルズの顔であったアレックス・ゴードンが2016年にサインした4年/$72Mを上回りました。

捕手として3番めの高額AAV

 さらに、AAV(Annual Average Value)で$20.5Mとなるわけですが、これはJ.T. リアルミュートの$23.1M、ジョー・マウアーの$23Mに次いで、捕手として3番めの高額のAAV。

2020年、オフェンス力がアップ

 2019年はトミージョン手術で全休したサルバドール・ペレス。

 野手のトミージョン手術の実戦復帰は、通常1年未満となることが多いですが、2020年がショートシーズンになったことはサルバドール・ペレスの肘にはラッキーだったかもしれません。

 思い切りプレーできるようになったサルバドール・ペレスは、37試合に出場。打率.333、OBP .353、SLG .633、HR 11、二塁打 12、RBI 32をマーク。

 捕手でこの成績はやはりすごいとしか言いようがありませんね。通算キャリアの打率は.269です。

これまでのAWARD

 なお、これまでの受賞したAwardは以下の通り。

  • オールスター出場:6年連続(2013-2018)
  • ゴールドグラブ賞受賞:5度(2013-2016,2018)
  • シルバースラッガー賞:3度(2016、2018、2020)
  • 2015WS MVP
  • 20HR以上:4年連続(2015-2018: 21本/22本/27本/27本)
  • 100試合出場で打率.260以上:3度(キャリアハイは2013年の.292)
  • 70RBI以上:5シーズン
  • CS % 1位:2012(41.9%)、2016(48.1%)

プロスペクト達を現場で支える

 ロイヤルズには素晴らしいプロスペクト達が多数おります。投手ではすでに2020年にデビューしたブレイディー・シンガー、クリス・ブビック。

 野手では、今スプリングトレーニングで3HRと大活躍のボビー・ウィット・ジュニア。残念ながら、ボビー・ウィット・ジュニアは、開幕をマイナーで迎えることが決定しました。これはMLS操作の意味も含まれているとは思いますが、これからロイヤルズの内野、あるいは攻撃の中核を担う存在です。

 そういったプロスペクト達がこれから育つ中、ロイヤルズはサルバドール・ペレスを入れることで扇の要をしっかりと固定。現場で、彼らプロスペクト達を育成する役割を担ったような今回の契約延長でした。

 フレーミングではあまり評価が高くないサルバドール・ペレスですが、飛び抜けたCS%とオフェンス力で今後もロイヤルズを引っ張ってくれそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】大谷選手が日本人メジャー歴代最多HRを達成
【MLB2024】シーズン最初の5先発でERA 0.66! カッター・クロフォード(BOS)がクレメンスに並ぶ!
【MLB2024】カブス・今永投手はついに初自責点を記録するも、またもQスタート達成で3勝目
【MLB2024】レンジャーズ、ジャック・ライターがついにメジャー・デビュー!しかし、翌日にAAAへ
【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
タイトルとURLをコピーしました