スポンサーリンク

【MLBトレード2021】ハビアー・バイエスはトレバー・ウィリアムスとともにメッツへ

カブスはハビアー・バイエスまで出してしまう!

 現地2021年7月30日のトレードデッドラインでまたもカブスから選手が流出。ハビアー・バイエスがメッツにトレードされることに。カブスは、アンソニー・リッゾ(to NYY)、クリス・ブライアント(to SFG)とアイコニックな選手が出て行ったばかり。バイエスまで出て行くとは、さすがのファンも意表を衝かれたかもしれません。

トレード概要

 やや特殊な形のトレードです。メジャーリーガー2人に対してマイナー・リーガーが1人という構成は珍しいです。

【メッツGet】

【カブスGet】

  • ピート・クロウ=アームストロング(Pete Crow-Armstrong/19)CF/左投げ左打ち

メッツ、リンドーアの離脱で補充

 今回、メッツがハビアー・バイエス獲得に至ったのは、SSのフランシスコ・リンドーア( Francisco Lindor )が2021年7月16日に右腹斜筋を傷め、復帰まで4週間から6週間の診断が出たため。

 早めの復帰では8月後半。やや悲観的に見積もれば、9月中旬まで離脱することが予想されるため。

 メッツくらいのクラブになれば、現地2021年7月28日のラインナップのように、SSにジョナサン・ビヤー、3BにJ.D.デービス、2Bにブランドン・ドゥルーリーの布陣で十分だと思うのですが、現場およびフロントはリンドーアの1ヶ月不在はさすがに大きなインパクトと考えたようです。それが獲得のきっかけ。

 ただ、後述しますが、ピカピカのプロスペクトを出してまで獲得する必要があったのか?という視点もあります。

選手紹介

 このトレードで動く選手たちは以下の通り。

【メッツ】ハビアー・バイエス

 言わずと知れたカブスのSS。プエルトリコ出身。「確信タッチ」の代名詞にもなっている選手ですね。

 ハビアー・バイエスは今季、すでに28才となりました。1992年12月1日生まれ。フロリダのジャクソン・ビルにある高校に入り、2011年にドラフト1巡目(全体順位9位)でカブスから指名を受け、プロ入り。

 デビューは2014年8月5日。2Bでのデビューでした。

スターリン・カストロの後継

 バイエスがデビューした2014年頃、カブスはスターリン・カストロがSSを守っていました。スターリン・カストロは2010年からほぼレギュラー。2011年からはカブスには欠かせない選手に。2015シーズンだけ、クリス・ブライアントと三遊間を組んでいました。

 なお、スターリン・カストロは現地2021年7月30日、DV(ドメスティック・バイオレンス)で30試合のサスペンションを食らい、サスペンションが空けたのち、現所属先のナショナルズからリリースされる予定です。

 スターリン・カストロはバイエスにポジションを譲るような形で、2015年オフにヤンキースへ移籍。なお、2017年12月にヤンキースからマーリンズへ移籍。ジャンカルロ・スタントンのヤンキース入りの交換要員の1人でした。

2016年からレギュラー 

 ハビアー・バイエスは2016年からレギュラー。このシーズンは三遊間だけでなく、2B、1B、LFなど色々守りました。この年は打率.273、OBP .314、SLG .423、14HRをマーク。

 翌年の2017年はHRが23本に増えました。

 2018年は際立っていました。160試合に出場し、打率.290、OBP .326、SLG .554をマーク。安打数は176、HR 34、RBIが111、盗塁が21。この年はオールスターだけでなく、シルバー・スラッガー賞を受賞。さらにMVP投票では2位に入りました。良いシーズンでしたね。

 2020年にはゴールドグラブ賞を受賞。

 2021年は、現地7月29日時点で、打率.248、OBP .292、SLG .484、HR 22,RBI 65をマーク。長打が増えている分、打率が下がっています。

 もし、メッツがポストシーズンに行くことになれば、リンドーア、バイエスのプエルトリコの二遊間が見られるかもしれません。

【メッツ】トレバー・ウィリアムス

 カブスからメッツへ動くもうひとりは、トレバー・ウィリアムス。29才の右腕です。2013年のアマチュア・ドラフトでマイアミ・マーリンズから2巡目で指名を受け、プロ入り。

 2015年10月にパイレーツに移籍。2020年オフにFAとなり、2021年2月にカブスと1年/$2.5Mでサインという流れです。

 スターター投手でパイレーツ時代の2018年に31スタートで、170.1イニングを投げ、14勝10敗をマークしたことがあります。2021年は12スタートで4勝2敗、ERA 5.06(現地2021年7月29日時点)。

【カブス】ピート・クロウ=アームストロング

 カブス・ファンにとっては少しは光明となるのが、このピート・クロウ=アームストロングの補充。ちなみに名前の間に=が入るのは複合姓。英語表記だと-(ハイフン)。詳細はディー・ストレンジ=ゴードンの記事にて。

 ピート・クロウ=アームストロングは、2002年3月25日生まれの19才。2020年のアマチュア・ドラフトで、メッツから1巡目(全体19位)で指名を受け、プロ入り。

 この選手は、守備、アーム、打撃、特にコンタクトで際立った素質を覗かせる選手で、パワーがつけば鬼に金棒のような選手。

 2021年はクラスAで6試合、24−10、打率.417、OBP .563、SLG .500、HR 0をマーク。おそらくカブスはしばらくはマイナーで基礎体力面からケアすると思いますが、相当センスを感じさせるいい選手です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】ジャイアンツ、GG賞2度の捕手、ロベルト・ペレスと契約へ
【MLB 移籍 2023】ナショナル・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 2023】メッツ、バッティング・チャンプのジェフ・マクニールと4年/50Mドルで延長契約
【発表】MLB 2023トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのガナー・ヘンダーソン
【MLB2023HOF】スコット・ローレンが野球殿堂入り!フレッド・マグリフはEra Commiteeで選出
【MLB移籍2023】レッドソックス、トレードで左腕のジョシュ・テイラーを出してアダルベルト・モンデシーを獲得
【MLB2023】エンゼルス・オーナー、売却はせず
【MLB移籍2023】トミー・ラステラを獲得したマリナーズ、左腕のジャスティス・シェフィールドをDFAに
【MLB スタジアム 2023】ブルージェイズ、ロジャース・センターのウォールの距離を変更
【MLB移籍2023】マーリンズとツインズ間でトレードが成立!ルイス・アラエズとパブロ・ロペスがスワップ!
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、アロルディス・チャップマンと1年契約で合意!
【MLB移籍2023】レッドソックス、2021RBIキングのアダム・デュバルと1年契約で合意
【MLB 移籍 2023】ブルワーズ、マーリンズからFAのブライアン・アンダーソンと合意へ
【MLB 移籍 2023】レッドソックスが捕手を補強!ホルヘ・アルファーロとマイナー・ディールで合意
【MLB 2023】ツインズ、トミー・ジョン・リハビリ中のクリス・パダックと3年の延長契約へ
【MLB 移籍 2023】カブス、FAのトレイ・マンシーニと2年契約で合意!打撃の厚みが増す!
【MLB 移籍 2023】パイレーツ、FAのアンドリュー・マッカッチェンと1年で合意!2013年NLMVP!
【MLB 移籍 2023】藤浪晋太郎投手、アスレチックスと1年で合意(追記あり)
【MLB 移籍 2023】FAのカルロス・コレアはようやく決着!ツインズに戻る!
【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ東地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 移籍 2023】フィリーズ、タイガースから左腕のグレゴリー・ソトとINFのコディー・クレメンスをトレードで獲得
【MLB 移籍 2023】マリナーズ、CWSからFAのAJ・ポロックを獲得!
【MLB 2023 FA】エリック・ホズマー、カブスと合意するも、強烈なプロスペクト、マット・マーヴィスと競合
【MLB 2023 FA】Dバックス、リラックス投法のザック・デイビーズと1年/5Mドル保証で再契約
【MLB 2023】”地元スーパースターを確保”レッドソックス、ラファエル・デバースと11年/331Mドルで延長合意
【MLB 2023】レッドソックス、ラファエル・デバースと調停を避けて1年/17.5Mドルで合意(追記あり)
【2022-26 新CBA】クオリファイング・オファーのドラフト補償とペナルティーについて
【MLB 2023 FA】レッズ、ウィル・マイヤーズとカート・カサリを獲得し、ムスターカスをDFAに
【MLB プロスペクト 2023】再生カブス”の投手陣の大きな武器になりそうなヘイデン・ウェズネスキーをご紹介
【MLB 2023 FA】Dバックスがエバン・ロンゴリアと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました