スポンサーリンク

【MLBトレード2021】ハビアー・バイエスはトレバー・ウィリアムスとともにメッツへ

カブスはハビアー・バイエスまで出してしまう!

 現地2021年7月30日のトレードデッドラインでまたもカブスから選手が流出。ハビアー・バイエスがメッツにトレードされることに。カブスは、アンソニー・リッゾ(to NYY)、クリス・ブライアント(to SFG)とアイコニックな選手が出て行ったばかり。バイエスまで出て行くとは、さすがのファンも意表を衝かれたかもしれません。

トレード概要

 やや特殊な形のトレードです。メジャーリーガー2人に対してマイナー・リーガーが1人という構成は珍しいです。

【メッツGet】

【カブスGet】

  • ピート・クロウ=アームストロング(Pete Crow-Armstrong/19)CF/左投げ左打ち

メッツ、リンドーアの離脱で補充

 今回、メッツがハビアー・バイエス獲得に至ったのは、SSのフランシスコ・リンドーア( Francisco Lindor )が2021年7月16日に右腹斜筋を傷め、復帰まで4週間から6週間の診断が出たため。

 早めの復帰では8月後半。やや悲観的に見積もれば、9月中旬まで離脱することが予想されるため。

 メッツくらいのクラブになれば、現地2021年7月28日のラインナップのように、SSにジョナサン・ビヤー、3BにJ.D.デービス、2Bにブランドン・ドゥルーリーの布陣で十分だと思うのですが、現場およびフロントはリンドーアの1ヶ月不在はさすがに大きなインパクトと考えたようです。それが獲得のきっかけ。

 ただ、後述しますが、ピカピカのプロスペクトを出してまで獲得する必要があったのか?という視点もあります。

選手紹介

 このトレードで動く選手たちは以下の通り。

【メッツ】ハビアー・バイエス

 言わずと知れたカブスのSS。プエルトリコ出身。「確信タッチ」の代名詞にもなっている選手ですね。

 ハビアー・バイエスは今季、すでに28才となりました。1992年12月1日生まれ。フロリダのジャクソン・ビルにある高校に入り、2011年にドラフト1巡目(全体順位9位)でカブスから指名を受け、プロ入り。

 デビューは2014年8月5日。2Bでのデビューでした。

スターリン・カストロの後継

 バイエスがデビューした2014年頃、カブスはスターリン・カストロがSSを守っていました。スターリン・カストロは2010年からほぼレギュラー。2011年からはカブスには欠かせない選手に。2015シーズンだけ、クリス・ブライアントと三遊間を組んでいました。

 なお、スターリン・カストロは現地2021年7月30日、DV(ドメスティック・バイオレンス)で30試合のサスペンションを食らい、サスペンションが空けたのち、現所属先のナショナルズからリリースされる予定です。

 スターリン・カストロはバイエスにポジションを譲るような形で、2015年オフにヤンキースへ移籍。なお、2017年12月にヤンキースからマーリンズへ移籍。ジャンカルロ・スタントンのヤンキース入りの交換要員の1人でした。

2016年からレギュラー 

 ハビアー・バイエスは2016年からレギュラー。このシーズンは三遊間だけでなく、2B、1B、LFなど色々守りました。この年は打率.273、OBP .314、SLG .423、14HRをマーク。

 翌年の2017年はHRが23本に増えました。

 2018年は際立っていました。160試合に出場し、打率.290、OBP .326、SLG .554をマーク。安打数は176、HR 34、RBIが111、盗塁が21。この年はオールスターだけでなく、シルバー・スラッガー賞を受賞。さらにMVP投票では2位に入りました。良いシーズンでしたね。

 2020年にはゴールドグラブ賞を受賞。

 2021年は、現地7月29日時点で、打率.248、OBP .292、SLG .484、HR 22,RBI 65をマーク。長打が増えている分、打率が下がっています。

 もし、メッツがポストシーズンに行くことになれば、リンドーア、バイエスのプエルトリコの二遊間が見られるかもしれません。

【メッツ】トレバー・ウィリアムス

 カブスからメッツへ動くもうひとりは、トレバー・ウィリアムス。29才の右腕です。2013年のアマチュア・ドラフトでマイアミ・マーリンズから2巡目で指名を受け、プロ入り。

 2015年10月にパイレーツに移籍。2020年オフにFAとなり、2021年2月にカブスと1年/$2.5Mでサインという流れです。

 スターター投手でパイレーツ時代の2018年に31スタートで、170.1イニングを投げ、14勝10敗をマークしたことがあります。2021年は12スタートで4勝2敗、ERA 5.06(現地2021年7月29日時点)。

【カブス】ピート・クロウ=アームストロング

 カブス・ファンにとっては少しは光明となるのが、このピート・クロウ=アームストロングの補充。ちなみに名前の間に=が入るのは複合姓。英語表記だと-(ハイフン)。詳細はディー・ストレンジ=ゴードンの記事にて。

 ピート・クロウ=アームストロングは、2002年3月25日生まれの19才。2020年のアマチュア・ドラフトで、メッツから1巡目(全体19位)で指名を受け、プロ入り。

 この選手は、守備、アーム、打撃、特にコンタクトで際立った素質を覗かせる選手で、パワーがつけば鬼に金棒のような選手。

 2021年はクラスAで6試合、24−10、打率.417、OBP .563、SLG .500、HR 0をマーク。おそらくカブスはしばらくはマイナーで基礎体力面からケアすると思いますが、相当センスを感じさせるいい選手です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました