スポンサーリンク

【MLB2021FA】カージナルス、ヤディアー・モリーナと1年で再契約

モリーナ、1モア・シーズン

 カージナルスとの3年/$60M(2018-2020)の契約が終了し、FAとなっていたヤディアー・モリーナ(Yadier Molina)。スプリングトレーニング開始まであとわずかと迫った現地2021年2月8日、ついにディールが成立。

 カージナルスと1年で再契約となりました。

契約内容

  • 1年/$9M(2021)

 今回のディールはもうオプションなどはつかない模様です。

 下記のリンクは2020年5月に書いた記事ですが、モリーナは2019シーズン終了後にカージナルスはあと2年いてもらたいはずだと語っていました。2020年終了後の延長の話がなく、少しやきもきしていたタイミングでの心情吐露です。

 今回、思うような形のエクステンションではありませんでしたが、結果的に2021シーズンまでカージナルスでプレーすることとなりました。

 カージナルス一筋の考えが揺らいだこともあったヤディアー・モリーナ。もしもコロナ禍でなければ他クラブからショート・ターム・ディールがオファーされていたかもしれません。

 しかし、この状況ではヤディアー・モリーナの高いサラリーに手を挙げるところはなく、もうカージナルスへの再契約しかない状況でした。

2021年7月で39才

 1982年7月13日生まれのヤディアー・モリーナは、4月1日の開幕時点では38才ですが、7月の誕生日で39才となります。

 2021年は18シーズン目。

偉大な捕手の後継

 輝くばかりのアウォードを獲得してきたヤディアー・モリーナですが、今回のディールでは26才のバックアップロールのアンドリュー・キズナー(Andrew Knizner)へのメンターとしての役割も担うことになりそうです。

 バスター・ポージーのいるジャイアンツ、そしてヤディアー・モリーナのいるカージナルスはその存在だけで相手チームにプレッシャーを与えるという大きなメリットも持ちながら、後継が育たないというデメリットも抱えてしまいます。存在が偉大過ぎて若手がゲームに出る機会がどうしても少なくなってしまうのは偉大な選手がいるクラブではどうしても起こりがちなことです。

 ヤディアー・モリーナはまだまだ第一線でやりたいでしょうが、2021年は出場機会は減ると見た方がいいかもしれません。

 とは言え、カージナルスはノーラン・アレナドを獲得し、2021年は非常に充実した戦力。

 ポール・ゴールドシュミット、ノーラン・アレナドが打撃陣を牽引し、チームに勢いが出てくれば、当然勝ちにこだわりたいゲームも増え、そうなるとベンチもモリーナを起用し続けるでしょう。

 勝ちながら、どのようにして後継を育てるのか、ここは注目ポイントでもありますね。

良いシーズンを過ごしてもらいたい

 ヤディアー・モリーナにはとにかく2021シーズンを怪我なく、最高のシーズンにしてもらいたいと思います。

  • オールスター:9度出場 (2009-2015、 2017-2018)
  • ゴールドグラブ賞:9度受賞 (2008-2015、2018)
  • シルバースラッガー賞:1度 (2013)
  • 20HR以上のシーズン:2度(2012、2018)
  • ワールドシリーズ制覇:2度(2006: vs DET、2011 vs TEX)
  • Caught Stealing %: 最高で64.1% (2005年)※いわゆる盗塁阻止率です。
  • 通算(2020年終了時点):
    • 2025試合出場、打率.281、OBP .333、SLG .404
    • HR 160、RBI 932、安打数 2001

 ビリー・ハミルトン、ディー・ストレンジ=ゴードン、アレックス・ゴードンらをラクラクとアウトにしてきたこの動きは何度見てもしびれます。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました