スポンサーリンク

【MLB2021FA】カージナルス、ヤディアー・モリーナと1年で再契約

MLB移籍/FA情報

モリーナ、1モア・シーズン

 カージナルスとの3年/$60M(2018-2020)の契約が終了し、FAとなっていたヤディアー・モリーナ(Yadier Molina)。スプリングトレーニング開始まであとわずかと迫った現地2021年2月8日、ついにディールが成立。

 カージナルスと1年で再契約となりました。

契約内容

  • 1年/$9M(2021)

 今回のディールはもうオプションなどはつかない模様です。

 下記のリンクは2020年5月に書いた記事ですが、モリーナは2019シーズン終了後にカージナルスはあと2年いてもらたいはずだと語っていました。2020年終了後の延長の話がなく、少しやきもきしていたタイミングでの心情吐露です。

 今回、思うような形のエクステンションではありませんでしたが、結果的に2021シーズンまでカージナルスでプレーすることとなりました。

 カージナルス一筋の考えが揺らいだこともあったヤディアー・モリーナ。もしもコロナ禍でなければ他クラブからショート・ターム・ディールがオファーされていたかもしれません。

 しかし、この状況ではヤディアー・モリーナの高いサラリーに手を挙げるところはなく、もうカージナルスへの再契約しかない状況でした。

2021年7月で39才

 1982年7月13日生まれのヤディアー・モリーナは、4月1日の開幕時点では38才ですが、7月の誕生日で39才となります。

 2021年は18シーズン目。

偉大な捕手の後継

 輝くばかりのアウォードを獲得してきたヤディアー・モリーナですが、今回のディールでは26才のバックアップロールのアンドリュー・キズナー(Andrew Knizner)へのメンターとしての役割も担うことになりそうです。

 バスター・ポージーのいるジャイアンツ、そしてヤディアー・モリーナのいるカージナルスはその存在だけで相手チームにプレッシャーを与えるという大きなメリットも持ちながら、後継が育たないというデメリットも抱えてしまいます。存在が偉大過ぎて若手がゲームに出る機会がどうしても少なくなってしまうのは偉大な選手がいるクラブではどうしても起こりがちなことです。

 ヤディアー・モリーナはまだまだ第一線でやりたいでしょうが、2021年は出場機会は減ると見た方がいいかもしれません。

 とは言え、カージナルスはノーラン・アレナドを獲得し、2021年は非常に充実した戦力。

 ポール・ゴールドシュミット、ノーラン・アレナドが打撃陣を牽引し、チームに勢いが出てくれば、当然勝ちにこだわりたいゲームも増え、そうなるとベンチもモリーナを起用し続けるでしょう。

 勝ちながら、どのようにして後継を育てるのか、ここは注目ポイントでもありますね。

良いシーズンを過ごしてもらいたい

 ヤディアー・モリーナにはとにかく2021シーズンを怪我なく、最高のシーズンにしてもらいたいと思います。

  • オールスター:9度出場 (2009-2015、 2017-2018)
  • ゴールドグラブ賞:9度受賞 (2008-2015、2018)
  • シルバースラッガー賞:1度 (2013)
  • 20HR以上のシーズン:2度(2012、2018)
  • ワールドシリーズ制覇:2度(2006: vs DET、2011 vs TEX)
  • Caught Stealing %: 最高で64.1% (2005年)※いわゆる盗塁阻止率です。
  • 通算(2020年終了時点):
    • 2025試合出場、打率.281、OBP .333、SLG .404
    • HR 160、RBI 932、安打数 2001

 ビリー・ハミルトン、ディー・ストレンジ=ゴードン、アレックス・ゴードンらをラクラクとアウトにしてきたこの動きは何度見てもしびれます。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

コメント

NEW

【MLB2022FA】”二刀流”マイケル・ローレンツェンがエンゼルスと1年でサインしたディールについて
【MLB2022FA】ハビアー・バイエスとタイガースの6年/140Mドルの契約について
【MLB Hall of Fame】ベテランズ委員会による投票でジム・カートら6名が野球殿堂入り
【MLB2022】レンジャーズ&コーリー・シーガーの10年325Mドルのメガ・ディールについて
【MLB2022】注目FAマーカス・セミエンがレンジャーズとサインした7年175Mドルのディールについて
【MLB2021-22】守備の達人、ジャッキー(JBJ)がレッドソックスに復帰。レンフローも動いたトレードの中身
【MLB2022FA】カブスがマーカス・ストローマンと3年/71Mドルで合意
【MLB2021-22】ロックアウトへ突入の見込み(追記: 突入しました)
【MLB2021-22】ノンテンダー・FAリストにマシュー・ボイド、ヨハン・カマーゴら
【MLB2022FA】マックス・シャーザーがメッツとレコード・ブレイキング・ディールへ! 3年130Mドル
【MLB2022FA】CBA期限前に大型ディールのラッシュ!セミエン、ロビー・レイ、シャーザー、シーガーなど(追記あり)
【MLB2022】ブルージェイズ、イーミ・ガルシアと2年で合意
【MLB移籍 2022】マリナーズ、トレードでパドレスからアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2022FA】メッツ、OFのスターリン・マルテも獲得!4年のビッグ・ディール
【MLB2022FA】メッツ、マーク・カナと2年26.5Mドルでサイン!
【MLB2022FA】メッツ、3Bのエドゥアルド・エスコバーと2年20Mドルでサイン
【MLB2022FA】レッドソックス、マイケル・ワカと1年で合意。その獲得動機とは?(追記あり)
【MLB2022FA】筒香選手はパイレーツと1年/4Mドルでサイン
【MLB 2021-22】MLBと選手会が、ノンテンダー・デッドラインの日付の前倒しに合意!11月30日に変更
【MLB2022FA】ケンダール・グレイブマンはホワイトソックスと3年で合意
タイトルとURLをコピーしました