スポンサーリンク

【MLB2019】名2B、イアン・キンスラーが引退を表明!GG賞2度、LAAでは大谷選手にハグをせがまれる

通算14シーズンで引退へ

 現地2019年12月20日、残念なニュースが入ってきました。レンジャーズ、タイガースで名セカンドで鳴らしたイアン・キンスラー(Ian Kinsler )が現役引退を表明しました。引退後は、パドレスにそのまま残り、フロント・オフィスとしての道を歩みます。37才での引退です。

リードオフ&名セカンド

 イアン・キンスラーで日本のファンに馴染み深いのは2017年のWBCでしょうか。アメリカ代表の2B、そしてリードオフとして日本側から見れば非常に厄介な選手でしたね。この時すでに35才のシーズンだったのですが、とてもベテランとは思えない春先での活躍でしたね。打率.353、OBP .400、SLG .267、HR 1、RBI 3。

TEXで8年、DETで4年

 ドラフトは2003年、レンジャーズ17巡目という遅いラウンドでの指名。デビューは2006年。この年ですでに120試合に出場。ROY投票で7位にランク。

 タイガースに移籍したのは、プリンス・フィルダーとのトレードが行われた2013年11月。移籍後、数々の華麗なダブルプレーを演じた相棒、ホセ・イグレシアスとの出会いがありました。

大谷のサイレント・トリートメント

 2017年12月にエンゼルスへ移籍。2018シーズンには大谷選手の初HRの時のサイレント・トリートメントで抱きつかれたのがイアン・キンスラーでした。

 2018年のトレードデッドラインでレッドソックスへ移籍。ワールドシリーズ2018のタイトルも獲りました。

 2018年オフにFAとなり、パドレスとサイン。そして2019シーズン終了後の引退となったのでした。

スタッツ 

 イアン・キンスラーのスタッツを簡単にリストアップしたいと思います。

Ian Kinsler Stats | Baseball-Reference.com
Career: 257 HR, .269 BA, 909 RBI, 2B, 4xAllStar, 2xGG, Rangers/Tigers/... 2006-2019, b:R/t:R, born in AZ 1982, Bootsie
  • オールスター出場:4度 (2008、2010、 2012 & 2014)
  • ゴールドグラブ賞 2度 (2016 & 2018)
  • AL打数1位:684 (2014) ※PAは726でした。
  • 20HR以上: 5シーズン (2007、2009、2011、 2016 & 2017)
  • 30HR以上: 2シーズン (2009 & 2011)
  • 100 Runs以上: 6シーズン (2008、 2009、 2011、 2012、 2014 & 2016)
  • ワールドシリーズ:1度(Boston Red Sox/2018)

 通算14シーズンで1,888試合に出場。7,423打数、1,999安打、打率.269、OBP .337、SLG .440、RBI 909、RUN 1,243、HR 257、二塁打 416、盗塁 243、四球 693。OPS+は107。

 あと1本で2,000安打だったけに惜しかったですね。そしてGG賞ですが、34才と36才のシーズンという円熟味が増してからの受賞は珍しいです。

ホセ・イグレシアスとの名コンビ

 イアン・キンスラーとロビンソン・カノーの守備には共通しているところがあって、当たり前のように流してプレーするというところかと思います。

 だからこそ、ダブルプレーでのコンビ芸は目に焼き付くものがあったと思います。筆者の中では、フィリーズのチェイス・アトリー&ジミー・ロリンズのコンビとともに好きな組み合わせでした。

2B守備のこだわり

 前編英語ですが、彼の守備でのアスレチック・ポジション(構え)は高いのだそうです。その方があらゆる打球に対応できるとのこと。これは広島からメジャーへ挑戦しようとしている菊池選手も同じですね。

 2018年のワールドシリーズでは無理に投げてしまい、得点を許したプレーもありましたが、あのシーンはそれだけ投手を救ってやろうというギリギリの判断のプレーだったと筆者は思っています。

 色々と歯に衣着せぬ発言もありましたが、半分は切り取りもあろうかと思います。とにかく14年間、おつかれさまでした。

 素晴らしいプレーをありがとうございました。

 

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました