スポンサーリンク

【MLB2019】名2B、イアン・キンスラーが引退を表明!GG賞2度、LAAでは大谷選手にハグをせがまれる

通算14シーズンで引退へ

 現地2019年12月20日、残念なニュースが入ってきました。レンジャーズ、タイガースで名セカンドで鳴らしたイアン・キンスラー(Ian Kinsler )が現役引退を表明しました。引退後は、パドレスにそのまま残り、フロント・オフィスとしての道を歩みます。37才での引退です。

リードオフ&名セカンド

 イアン・キンスラーで日本のファンに馴染み深いのは2017年のWBCでしょうか。アメリカ代表の2B、そしてリードオフとして日本側から見れば非常に厄介な選手でしたね。この時すでに35才のシーズンだったのですが、とてもベテランとは思えない春先での活躍でしたね。打率.353、OBP .400、SLG .267、HR 1、RBI 3。

TEXで8年、DETで4年

 ドラフトは2003年、レンジャーズ17巡目という遅いラウンドでの指名。デビューは2006年。この年ですでに120試合に出場。ROY投票で7位にランク。

 タイガースに移籍したのは、プリンス・フィルダーとのトレードが行われた2013年11月。移籍後、数々の華麗なダブルプレーを演じた相棒、ホセ・イグレシアスとの出会いがありました。

大谷のサイレント・トリートメント

 2017年12月にエンゼルスへ移籍。2018シーズンには大谷選手の初HRの時のサイレント・トリートメントで抱きつかれたのがイアン・キンスラーでした。

 2018年のトレードデッドラインでレッドソックスへ移籍。ワールドシリーズ2018のタイトルも獲りました。

 2018年オフにFAとなり、パドレスとサイン。そして2019シーズン終了後の引退となったのでした。

スタッツ 

 イアン・キンスラーのスタッツを簡単にリストアップしたいと思います。

Ian Kinsler Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & More | Baseball-Reference.com
Check out the latest Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & ...
  • オールスター出場:4度 (2008、2010、 2012 & 2014)
  • ゴールドグラブ賞 2度 (2016 & 2018)
  • AL打数1位:684 (2014) ※PAは726でした。
  • 20HR以上: 5シーズン (2007、2009、2011、 2016 & 2017)
  • 30HR以上: 2シーズン (2009 & 2011)
  • 100 Runs以上: 6シーズン (2008、 2009、 2011、 2012、 2014 & 2016)
  • ワールドシリーズ:1度(Boston Red Sox/2018)

 通算14シーズンで1,888試合に出場。7,423打数、1,999安打、打率.269、OBP .337、SLG .440、RBI 909、RUN 1,243、HR 257、二塁打 416、盗塁 243、四球 693。OPS+は107。

 あと1本で2,000安打だったけに惜しかったですね。そしてGG賞ですが、34才と36才のシーズンという円熟味が増してからの受賞は珍しいです。

ホセ・イグレシアスとの名コンビ

 イアン・キンスラーとロビンソン・カノーの守備には共通しているところがあって、当たり前のように流してプレーするというところかと思います。

 だからこそ、ダブルプレーでのコンビ芸は目に焼き付くものがあったと思います。筆者の中では、フィリーズのチェイス・アトリー&ジミー・ロリンズのコンビとともに好きな組み合わせでした。

2B守備のこだわり

 前編英語ですが、彼の守備でのアスレチック・ポジション(構え)は高いのだそうです。その方があらゆる打球に対応できるとのこと。これは広島からメジャーへ挑戦しようとしている菊池選手も同じですね。

 2018年のワールドシリーズでは無理に投げてしまい、得点を許したプレーもありましたが、あのシーンはそれだけ投手を救ってやろうというギリギリの判断のプレーだったと筆者は思っています。

 色々と歯に衣着せぬ発言もありましたが、半分は切り取りもあろうかと思います。とにかく14年間、おつかれさまでした。

 素晴らしいプレーをありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました