スポンサーリンク

【MLB2022】マリナーズ、フリオ・ロドリゲスと12年/209.3Mドル保証の延長契約でサイン

トップ・プロスペクトを囲い込み

 現地2022年8月26日、マリナーズがトップ・プロスペクトのフリオ・ロドリゲスJulio Rodriguez )と延長契約を結びました。

 FAまで待たないで長期の囲い込み契約をするのはどうやらトレンドとなりそうです。

 その先駆者で成功したのはやはりブレーブスのロナルド・アクーニャ・Jr.とのエクステンションのケースかと思います。ただ、レッドソックスも先駆者の1つで、かつてルズニー・カスティーヨと7年/$72.5Mでサインしましたが、これは如何ともし難いケースでした。

複雑な契約内容

 さて、契約の中身ですが、非常に複雑なものでした。未来の頑張り度合いに見合った報酬が支払われるようにというのがその中身ですが、その中身が非常に細かいのが特徴。

12年/209.3Mドル保証

 様々なケースが想定されているので、分解して書いて行きます。

 まず、フリオ・ロドリゲスが保証されている内容は、以下の内容です。

  • 12年/$209.3M (2023-2034)

 その内訳を書くと、ご覧の通りです。サイニング・ボーナスはサイン後60日以内に支払われるので、2022シーズンに入れています。契約の範囲内はあくまで2023年からです。

 なお、フリオ・ロドリゲスの誕生日は2000年12月29日なので、現地2022年8月26日時点で21才と241日。

2023-2029年で7年/119.3Mドル

 まず、2023シーズンから2029シーズンまでの7シーズンでサイニング・ボーナス$15.3Mも含めて、7年/$119.3M総額があります。その内訳は下記のようになります。

YearSeasonAgeAmountNote
202221$15.3M サイニング・ボーナス
1202322$4M
2202423$10M
3202524$18M
4202625$18M
5202726$18M
6202827$18M
7202928$18M

2030-2034のプレーヤー・オプション

 保証は12年なので、上記の7年に5年を加えた期間の内容がこれになります。

 5年/$90M(2030-2034)のプレーヤー・オプションです(赤字の列)。プレーヤー・オプションとは選手側に主導権があるパターンですが、これは実質的には業績で決めるべスティング・オプションのような内容になっています。

YearSeasonAgePlyOpt
5年/$90M
想定1
5 年/$125M
想定2
5年/$110M 
想定3
5年/$100M
MVP x1 &
ASG x 2
in 2022-29
ASG+SS x10
Combined
in 2022-29
ASG + SS x 8
Combined
in 2022-29
8203028$18M$25M$22M$20M
9203129$18M$25M$22M$20M
10203230$18M$25M$22M$20M
11203331$18M$25M$22M$20M
12203432$18M$25M$22M$20M

 2022年から2029シーズンの間にフリオ・ロドリゲスが MVPあるいはシルバースラッガー賞、さらにオールスターの選出(ファン投票、監督推薦)をどれくらい受賞あるいは出場したかによって、2030-2034年のサラリーが決まる内容となっています。

 想定1は同期間内にMVPを1度獲得及びオールスターに2度出場で条件をクリアー。想定2は、オールスター出場とシルバー・スラッガー賞受賞の回数を併せて10度でクリアー、想定3は8度でクリアーという設定になっています。いずれの条件もクリアーしない場合は、5年/$90Mです。

2030からのクラブオプション

 マリナーズは2028シーズンのワールドシリーズ終了後に、2030年以降の契約をどうするか決めなければいけません。決めると言っても8年にするのか?あるいは10年にするのか?というほぼ2択のような選択肢です。

 こちらも実質的にはべスティング・オプションのような内容ですが、フリオ・ロドリゲスが2022シーズンから2028シーズンまでの間でMVP投票でどのような結果になったかによって、選択肢があります。

8年のオプション

 想定1はMVP投票で10位以内に2度入れれば$30M/年(2030-2037)に。想定2は10位以内を4度で$32.5/年、想定3は2パターンがありまして、【1】はMVPを1度獲得し、MVP投票で5位以内に1度入ればクリアー もしくは【2】としてMVP投票で5位以内に4度入れば、$35M/年 x 8年ということに。

YearSeasonAgeクラブOpt
8年/$200M
想定1
8年/$240M
想定2
8年/$260M
想定3
8年/$280M
0 MVPMVP VOTE
TOP 10 x 2
MVP VOTE
TOP 10 x 4
【1】
MVP x 1
MVP VOTE
TOP 5 x 1
【2】
MVP VOTE
TOP 5 x 4
8203028$25M$30M$32.5M$35M
9203129$25M$30M$32.5M$35M
10203230$25M$30M$32.5M$35M
11203331$25M$30M$32.5M$35M
12203432$25M$30M$32.5M$35M
13203533$25M$30M$32.5M$35M
14203634$25M$30M$32.5M$35M
15203735$25M$30M$32.5M$35M

10年のオプション

 10年のオプションもあり、こちらは2022シーズンから2028シーズンの間で、【1】MVP獲得が2度、あるいは【2】として、MVP投票5位以内を4度達成で$35M x 10年という内容です。

YearSeasonAge想定4
10年/$350M
【1】MVP x 2

【2】MVP VOTE
TOP 5 x 4
8203028$35M
9203129$35M
10203230$35M
11203331$35M
12203432$35M
13203533$35M
14203634$35M
15203735$35M
16203836$35M
17203937$35M

 ここの内容がこの契約のMAXの想定で、17 年/$469.3M (2023-39)になります。

SEAがクラブオプションを拒否する場合

 マリナーズは上記のクラブオプションを拒否するかどうかを2029年のワールドシリーズ終了後に決めなければなりません。もし行使しない場合は、7 年/$168M (2030-36)のミューチュアル・オプションに変わります。双方合意が必要なので、マリナーズに拒否する余地は残されております。

YearSeasonAgeクラブOpt拒否
→7 年/$168M の
Mutualに
8203028$24M
9203129$24M
10203230$24M
11203331$24M
12203432$24M
13203533$24M
14203634$24M

この契約のすごいところ

 今回の契約は、MLS1.000未満の選手との延長契約という点では最大の契約となります。マリナーズ史上、もっとも高額な契約であり、仮にオプションが最大限発揮されたとしたら、17 年/$469.3M (2023-39)というとんでもない契約になります。

 オプションで$30M/年を超えるケースも想定されていますが、あくまで最大値であって、保証されているパターンとしては、$20M未満の想定になっているのは良いなと思います。$30Mを超えると、クラブからもファンからも当たりが強くなりいいことがありません。ちゃんと仕事をしている選手なら、間違いなく怪我はつきものですから、調子が悪い時のことも考えないと本人が苦しいだけです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました