スポンサーリンク

【MLB移籍2020】パドレス、今度はDHを補強!レッドソックスからミッチ・モアランドを獲得!

MLB移籍/FA情報

トレードデッドラインまであと1日

 パドレスの攻勢が止まりません。

 現地2020年8月30日、東部時間17時のトレードデッドラインまで残り1日というところで、サンディエゴ・パドレスが再び動きました。

 今度は野手の補強で、レッドソックスから1Bのミッチ・モアランドを獲得しました。

トレード詳細

 タレントのトレードが取りざたされているレッドソックス。先鋒として決まったのはチャンスにめっぽう強い1Bのミッチ・モアランドでした。レッドソックスからはまだ大物が動くかもしれません。残り1日、筆者としては気が気でありませんが。

 さて、トレードの詳細です。このトレードで動くのは以下の3名。

【パドレスGET】

  • ミッチ・モアランド(Mitch Moreland): 1B/34才/左投げ左打ち

【レッドソックスGET】

  • ジェイソン・ロザリオ(Jeisson Rosario): CF/20才/左投げ左打ち
  • ハドソン・ポッツ(Hudson Potts): 3B、SS、2B/21才/右投げ右打ち

 1:2でベテラン1人に対して、複数のプロスペクトというメジャーのトレードでよく見るお手本のような形となったディールですね。

1Bにはホズマーがいるが

 ミッチ・モアランドと言えば、ポジションは1Bですが、パドレスにはエリック・ホズマーがおります。ポジションが重複しそうに思えますね。

 しかも、エリック・ホズマーは今季、打率.290、HR 7 、RBI 25と好成績を上げており、なおさら、モアランドのポジションがなさそうに思えます。

 しかし、パドレスがモアランドを獲得したのは1Bではなく、DHとしての起用でした。

パドレス、DHを補強

 今季、パドレスがDHで起用した選手の数は11名。タイ・フランスとトミー・ファムがそれぞれ10試合ずつ担ってはいるものの、マニー・マチャード、フェルナンド・タティス・ジュニア、ウィル・メイヤーズなどエブリデー・ポジション・プレーヤーがそれぞれ2試合ずつ担っているように、守備への負担を考慮した起用が続いています。

 ただ、.320、HR 10、RBI 17でレッズのジェシー・ウィンカーが活躍しているように、DHは本来パワーに特化したいところ。

 そこで、打率.328と1Bで規定打席に達している選手の中ではトップの打率を誇り、なおかつHR 8、RBI 21と長打も期待できるミッチ・モアランドをDHとして得点力をアップしたいというのが狙いです。

 なお、数字は現地2020年8月30日時点のものです。

選手プロフィール

 簡単に選手のプロフィールを見ていきたいと思います。

【SDP Get】ミッチ・モアランド

 モアランドは現地2020年8月30日時点で34才ですが、誕生日は9月6日なのでほぼ35才です。

 2007年アマチュア・ドラフトでレンジャーズから17巡目で指名を受け、プロ入り。デビューは2010年7月29日。24才の時です。

 ダルビッシュ投手が2012年にレンジャーズでメジャーデビューをした際、バックを守っていた一人がミッチ・モアランドでした。

 2016年までレンジャーズに在籍。その年のオフにFAとなり、レッドソックスとサイン。レッドソックスでは2度契約を更新しました。

 レンジャーズ時代の2016年にゴールドグラブ賞を受賞。2018年(レッドソックス在籍時)にはオールスターにも出場。

 通算954安打、HR174、RBI580。通算打率は.253、OBP .321、SLG .449。

【BOS Get】 ジェイソン・ロザリオとは

 1999年10月22日生まれの20才。ドミニカ共和国出身。2017年、17才の時にパドレス入り。2019シーズンはシングルA+に所属。120試合で打率.242、OBP .372、SLG .314、HR 3、RBI 35。

【BOS Get】 ハドソン・ポッツとは

 もう一人のハドソン・ポッツは、2016年アマチュアドラフトでパドレス1巡目指名の内野手です。1998年10月28日生まれの21才。

 2019シーズンは主にダブルAに所属。107試合で、打率.227、OBP .290、SLG .406。HR 16、RBI 59。マイナー4シーズンで57 HRを放っていることから、パワーはあります。ところが、OBP .290が示す通り、409 打数で三振が128とかなり多く、考えを変えてもらわないとなかなかビッグリーグ・レベルでは通用しない大砲。レッドソックスが彼を変えられるのか?注目です。化ければ、右の大砲。大きな戦力です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
タイトルとURLをコピーしました