スポンサーリンク

“ダーティー”なプレーをしたM・マチャードに1つだけ良い面を上げるとすると

現地2018年10月16日のブルワーズ@ドジャースのNLCS Game 4で両軍のベンチがクリアーとなるアクシデントが発生しました。

このゲームは延長13回までもつれた好ゲームで両軍のブルペンが力を発揮し、非常に白熱した展開となりました。

最後は延長13回にドジャースがサヨナラ勝ちを納めたゲームだったのですが、途中の延長10回にこのようなプレーがありました。

1−1のタイという状況で両軍ともに攻撃陣がチャンスを作ろうにも膠着して動かなかった最中の出来事でした。

10回裏、1アウト後にバッターはマニー・マチャード。3−1からのゲラの2シームを叩いた打球はSSのオーランド・アルシアが軽くさばくSSゴロに。

楽々アウトのタイミングでしたが、M・マチャードはまるで日本でもどこかでみかけたような足による一塁手への不要なコンタクトを敢行。ハードアタックと書いてもいいかもしれません。

不意のコンタクトによって1Bのヘスス・アギラルが直後に足を引きずる始末に。

さすがに抗議するアギラルにマチャードも何が悪いと言わんばかりの応戦となり、一時両軍ベンチがクリアーとなりました。

せっかくの好ゲームに水をさすプレーでした。足をひっかけたところで、ボールを落としませんし、単に1塁手に怪我させるだけです。しかもVTR検証もある中で誰が見ても故意とわかることをなぜしようと思ったのかがよく理解できませんね。

なんとかしようというチームへの貢献がこのような形で現れては味方ファンも応援しにくくなるのでどう考えてもマイナスでしかないのですが。

ブルワーズ・サイドはこのプレーを痛烈に批判。

“It’s a dirty play by a dirty player” とライトから見ていたイェリッチも訳すのが不要なくらいストレートな言い方で呆れ顔。

“I’ve known Manny for many years and I don’t know why he would act like that.”

アギラルは「マチャードのことはよく知っているけれど、なんであんなことをしたのかよくわからない」とこちらも呆れています。

当のマチャードは、このように言っております。

”If that’s dirty, that’s dirty, I don’t know, call it what you want. I play baseball. I try to go out there and win for my team. If that’s their comments, that’s their comments. I can’t do nothing about that.”

「あれをダーティーと呼ぶならそうなんだろう。わからないけど。呼びたいように呼べばいいよ。俺は野球をやっていて、チームが勝つためにここにいるんだ。それ(このプレーがダーティーと呼ばれること)が彼らのコメントならそれでいいよ。俺がそれに対してすることは何もない」

プレーの流れで出たことであり、ギリギリセーフのハード・スライディングをした程度という認識のようですね。とくに謝罪などは考えていないとのことです。

とにかく、アギラルに怪我がなくてよかったです。フル出場しました。

アギラルが無事なことを前提にこのプレーをしたマチャードに対して1つだけ良い点を上げるとするならば、人間これくらい図太くなければいけない時もあるということでしょうか。

ただ、どういう見方をするにせよ、選手間で嫌われることは間違いないと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

【追伸】

この謙虚な姿を見習ってほしいですね。自分でブルペンを均すD・プライス who is 結果が出ていない。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
【MLB2024】レンジャーズのルーキー、ワイアット・ラングフォードがサイクル安打を達成!
タイトルとURLをコピーしました