スポンサーリンク

【移籍噂For2019】LADがカステヤノスに照準!BOSのクローザー状況も

ドジャースの噂

現地2018年12月25日は、クリスマス休暇のせいでサイト更新ほか記者もお休みのようで表面上はまったく動きがありませんでしたね。

ただ、年内に決着を!という動きもあるかもしれませんので、要注意ですね。

さてドジャースに噂が上がっております。

LAD、タイガースのカステヤノスに照準

現地2018年12月21日にレッズとの間で行われたブロックバスター・トレードで、ヤジエル・プイーグとマット・ケンプを出したドジャース。

【移籍For2019】プイーグ、ケンプ、ウッド、ファーマーがレッズへ!衝撃のブロック・バスターが成立(追記あり)
プイーグとマット・ケンプらがレッズへ動いた衝撃のブロック・バスタートレードの詳細です。

プイーグの穴と言ってもいいと思いますが、同じ右打者でRFを守るタイガースのニコラス・カステヤノス(Nicholas Castellanos)の獲得話が浮上してまいりました。カステヤノスは3Bも守ります。

ニコラス・カステヤノスとプイーグ

カステヤノス

ニコラス・カステヤノスは2019年3月で27才。MLSは2019年1月で5.029。今オフは調停の年。FAは2019年終了後の見込み。2010年タイガース1巡目指名でプロ入り。デビューは2013年のセプテンバーコールアップ時で21才の時。

2017年の成績が157試合出場、167安打、36ダブル、10トリプル、26HR、101RBI。打率.272、OBP.320、SLGが.490。

2018年も157試合に出場。185安打、46ダブル、5トリプル、23HR、89RBI。打率が.298、OBP.354、SLG.500。

ヤジエル・プイーグ

ヤジエル・プイーグはこの12月で28才になったばかり。MLSは2019年で5.102で、FAは2019年終了後の見込み。デビューは2013年6月。2019年オフは3度めの調停。

2018年は125試合、108安打、21ダブル、1トリプル、23HR、63RBI、打率.267、OBP.327、SLG.494。

2人ともこのオフの調停後の見込み年俸は$11.3M。

プイーグと年齢、スタッツ、年俸がほぼ同じ。ドジャース側からすれば非常にフィットする選手ゆえ、名前が上がっていると言えます。

2018年SS賞のファイナルに残りました(残念ながら受賞はならず)。

背景

ドジャースの今オフの野手補強は捕手がメイン

ドジャースの今オフの野手の最重要補強ポジションはあくまでも捕手です。

正捕手のヤズマニ・グランダールを残す気はないらしく、これはポストシーズンでの凡退の印象があまりにも悪かったせいかと思います。(もうちょっと冷静に見て欲しいなとは思います。)

よってドジャースがマーリンズのJ.T.リアルミュート獲得の有力な候補であることには変わりありません。

右打者補強も急務

しかし、野手も刷新したい事情があります。

レギュラークラスで右打者はジャスティン・ターナー(3B)、エンリケ・ヘルナンデス(2B/UTL)、クリス・テイラー(OF/UTL)のみ。デービッド・フリース(1B)もいますが、どちらかと言えばバックアップ的な位置づけです。

左バッター王国

そしてそごいのが左バッターの面々。

SSのコーリー・シーガー、OFのジョク・ビダーソン、OFのコディー・ベリンジャー、2Bのマックス・マンシー等の破壊力のある左バッターがかなり揃っております。

今のところプイーグの後のRFは26才のアンドリュー・トーレス(Andrew Toles )と22才のアレックス・ベルドゥーゴ(Alex Verdugo)の名前が上がっていますが、二人とも左打ちなんですね。ベルドゥーゴは投げるのも左です。

アンドリュー・トーレスの動画です↓。

アレックス・ベルドゥーゴの動画です↓。

どうしてプイーグを出したんだ!との疑念も残りますが、1巡目の野手と2巡目の投手を獲得しましたのでそれはそれでプロスペクトの刷新という意味では一つの目的を果たしたのだと思います。

レフティーの放出も

よって、ウィンター・ミーティングの頃から名前の上がっていた、ピダーソン、ベリンジャー、マンシーに加えて、若いトーレスとベルドゥーゴも交換要員として待機しているような状況です。

マーリンズが強気で厳しいことを言ってきそうなのでリアルミュート獲得なら誰を出すかはわかりませんが、もしそうなれば一線級の左バッターが出ていくことは間違いないかと思います。

タイガースにもレフティーを

リアルミュート同様、カステヤノス獲得の際にもタイガースにレフティーを差し出す可能性は非常に高いです。ここで右バッターを出すようなことはないと思います。

カステヤノスには他にも

なお、カステヤノスにはブレーブスも関心を抱いています。

リアルミュートの候補先

一応、リアルミュートの候補先としては、フィリーズ、ドジャース、アストロズ、ヤンキースが残っております。

レッドソックスのクローザー交渉状況

別の話題ですが、レッドソックスのクローザー状況に変化がありました。

レッドソックスはクレイグ・キンブレルとの再契約を視野に動いており、よい感触との報道もありましたが、まだキンブレル側からの良好な返事はもらえていない様子。

そこで急遽候補に上がってきたのがヤンキースからFAのデービッド・ロバートソン。

こちらは双方ともに好感触で2年か3年で話を詰めている様子です。ロバートソンが3年を望むのに対し、レッドソックスは2年でオファーしたい模様。ロバートソンは2019年4月で34才になりますので、少しでも長い方を希望している模様。

2年プラス3年目がベスティング・オプションという手もあります。

クリスマス休暇明けにバタバタっと決まりますかね?

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました