スポンサーリンク

【MLB2019】見ているファンを熱狂させたウォーカー・ビューラーのコンプリートゲーム、16K

9回111球の熱投

現地2019年6月21日のフライデー・ナイトゲームのことですが、ウォーカー・ビューラーの16奪三振が話題になりましたね。

このゲームを週末によく見てみたのですが、ウォーカー・ビューラーの気迫が画面からでも伝わってきました。「いいものを見せてくれてありがとうございます」と言いたいくらいの投球でした。

ちなみに、コンプリートゲーム(英語略CG)は日本語で言う完投のことです。完封はshut-out。完全試合ではありませんので念の為。完全試合はPerfect Gameです。

この日のビューラーの投球のすごかった3点

心を動かされるくらいの投球にはそれなりの理由がありました。

1. 立ち上がりから3回1/3までパーフェクト

このゲームのビューラーは立ち上がりからが完璧でした。

年間通算のチーム打率が.269でMLB2位、ナ・リーグ1位のロッキーズ打線を相手に3回2/3までパーフェクト投球を披露。

2. 5者連続三振

そして2回から3回にかけて5者連続奪三振を記録しました。

3. タイスコアになった終盤3イニングを無失点

もっとも気迫を感じたのは、終盤3回の投球です。

4回にノーラン・アレナドにソロショットを、6回にはチャーリー・ブロックモンにソロショットを浴び、自らの失点で2−2のタイスコアに追いつかれたのですが、そこからが圧巻でした。

6回を終えて投球数は76球。ペースとしてはよかったものの、これからきつくなるタイミングでさらにギアを上げました。

特に、9回のマウンドに上がる時点では97球を数えていましたので、リリーバーに代わってもおかしくなかったのですが、マウンドを守り抜いた気迫に、先日鼻骨骨折にもかかわらずローテーションを守って登板したマックス・シャーザーと似たようなものを感じました(記事)。

9回の3アウト目をノーラン・アレナドから三振で奪ったボールは97.2mph(156.43kmh)を計測しました。

ビューラーは9回、111球を投げ、被安打3、自責点2、奪三振16、被本塁打2。

ヘルマン・マルケスも好投

ロッキーズ先発のヘルマン・マルケスもよかったです。8回を終えてドジャース打線を被安打5、失点2、自責点1、奪三振8、被本塁打1の快投。

ドジャース打線がなかなか援護できなかったわけですね。

マット・ビーティーがサヨナラ2ランHR

苦労していたドジャース打線ですが、最終回にビューラーの熱投に応えました。

ロッキーズのマウンドには2番手のハイロ・ディアスが上がりました。

ドジャースは2アウトまで取られるも、マックス・マンシーが四球を選び、勝利の芽をつなぎました。マンシーはいい仕事をしましたね。

そして6番LFに入っていたマット・ビーティー(Matt Beaty)が劇的なサヨナラ2ランHRを放ち、ビューラーに8勝目をプレゼントしました。

ビーティーは2015年ドジャース12巡目指名の右投げ左打ちの26才。デビューは2019年4月30日で、まだルーキーステータスです。

リキャップです↓

ドジャースの1試合奪三振レコードは?

ビューラーが達成した9回完投16Kはフランチャイズ史上11回目の達成。

9回完投でのドジャースの奪三振記録を持っているのは野茂さん。1996年に見せた17Kです。

Florida Marlins at Los Angeles Dodgers Box Score, April 13, 1996 | Baseball-Reference.com
Los Angeles Dodgers beat Florida Marlins (3-1). Apr 13, 1996, Attendance: 46059, Time of Game: 2:10. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, p...

ビューラーの美しいフォームを。

ビューラー、今年はサイヤング賞候補に名乗りを上げそうな投球でしたね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 匿名 より:

    ピッチングフォームだけでなくパフォーマンスまでバーランダー然としてきましたね

    • hirotee より:

      匿名様
      コメントありがとうございます。おっしゃるようにバーランダーのような風貌がありますね。ビューラーは腕をたたむ感じではなく、バーランダーのような棒振りに近いスイングなところもトミー・ジョンになりにくいのではないかと思っております。
      またご訪問してください! コメント、ありがとうございました!

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました