スポンサーリンク

【MLB2019】見ているファンを熱狂させたウォーカー・ビューラーのコンプリートゲーム、16K

9回111球の熱投

現地2019年6月21日のフライデー・ナイトゲームのことですが、ウォーカー・ビューラーの16奪三振が話題になりましたね。

このゲームを週末によく見てみたのですが、ウォーカー・ビューラーの気迫が画面からでも伝わってきました。「いいものを見せてくれてありがとうございます」と言いたいくらいの投球でした。

ちなみに、コンプリートゲーム(英語略CG)は日本語で言う完投のことです。完封はshut-out。完全試合ではありませんので念の為。完全試合はPerfect Gameです。

この日のビューラーの投球のすごかった3点

心を動かされるくらいの投球にはそれなりの理由がありました。

1. 立ち上がりから3回1/3までパーフェクト

このゲームのビューラーは立ち上がりからが完璧でした。

年間通算のチーム打率が.269でMLB2位、ナ・リーグ1位のロッキーズ打線を相手に3回2/3までパーフェクト投球を披露。

2. 5者連続三振

そして2回から3回にかけて5者連続奪三振を記録しました。

3. タイスコアになった終盤3イニングを無失点

もっとも気迫を感じたのは、終盤3回の投球です。

4回にノーラン・アレナドにソロショットを、6回にはチャーリー・ブロックモンにソロショットを浴び、自らの失点で2−2のタイスコアに追いつかれたのですが、そこからが圧巻でした。

6回を終えて投球数は76球。ペースとしてはよかったものの、これからきつくなるタイミングでさらにギアを上げました。

特に、9回のマウンドに上がる時点では97球を数えていましたので、リリーバーに代わってもおかしくなかったのですが、マウンドを守り抜いた気迫に、先日鼻骨骨折にもかかわらずローテーションを守って登板したマックス・シャーザーと似たようなものを感じました(記事)。

9回の3アウト目をノーラン・アレナドから三振で奪ったボールは97.2mph(156.43kmh)を計測しました。

ビューラーは9回、111球を投げ、被安打3、自責点2、奪三振16、被本塁打2。

ヘルマン・マルケスも好投

ロッキーズ先発のヘルマン・マルケスもよかったです。8回を終えてドジャース打線を被安打5、失点2、自責点1、奪三振8、被本塁打1の快投。

ドジャース打線がなかなか援護できなかったわけですね。

マット・ビーティーがサヨナラ2ランHR

苦労していたドジャース打線ですが、最終回にビューラーの熱投に応えました。

ロッキーズのマウンドには2番手のハイロ・ディアスが上がりました。

ドジャースは2アウトまで取られるも、マックス・マンシーが四球を選び、勝利の芽をつなぎました。マンシーはいい仕事をしましたね。

そして6番LFに入っていたマット・ビーティー(Matt Beaty)が劇的なサヨナラ2ランHRを放ち、ビューラーに8勝目をプレゼントしました。

ビーティーは2015年ドジャース12巡目指名の右投げ左打ちの26才。デビューは2019年4月30日で、まだルーキーステータスです。

リキャップです↓

ドジャースの1試合奪三振レコードは?

ビューラーが達成した9回完投16Kはフランチャイズ史上11回目の達成。

9回完投でのドジャースの奪三振記録を持っているのは野茂さん。1996年に見せた17Kです。

Florida Marlins vs Los Angeles Dodgers Box Score: April 13, 1996 | Baseball-Reference.com
Los Angeles Dodgers beat Florida Marlins (3-1). Apr 13, 1996, Attendan...

ビューラーの美しいフォームを。

ビューラー、今年はサイヤング賞候補に名乗りを上げそうな投球でしたね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 匿名 より:

    ピッチングフォームだけでなくパフォーマンスまでバーランダー然としてきましたね

    • hirotee より:

      匿名様
      コメントありがとうございます。おっしゃるようにバーランダーのような風貌がありますね。ビューラーは腕をたたむ感じではなく、バーランダーのような棒振りに近いスイングなところもトミー・ジョンになりにくいのではないかと思っております。
      またご訪問してください! コメント、ありがとうございました!

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました