スポンサーリンク

【MLB2019】見ているファンを熱狂させたウォーカー・ビューラーのコンプリートゲーム、16K

9回111球の熱投

現地2019年6月21日のフライデー・ナイトゲームのことですが、ウォーカー・ビューラーの16奪三振が話題になりましたね。

このゲームを週末によく見てみたのですが、ウォーカー・ビューラーの気迫が画面からでも伝わってきました。「いいものを見せてくれてありがとうございます」と言いたいくらいの投球でした。

ちなみに、コンプリートゲーム(英語略CG)は日本語で言う完投のことです。完封はshut-out。完全試合ではありませんので念の為。完全試合はPerfect Gameです。

この日のビューラーの投球のすごかった3点

心を動かされるくらいの投球にはそれなりの理由がありました。

1. 立ち上がりから3回1/3までパーフェクト

このゲームのビューラーは立ち上がりからが完璧でした。

年間通算のチーム打率が.269でMLB2位、ナ・リーグ1位のロッキーズ打線を相手に3回2/3までパーフェクト投球を披露。

2. 5者連続三振

そして2回から3回にかけて5者連続奪三振を記録しました。

3. タイスコアになった終盤3イニングを無失点

もっとも気迫を感じたのは、終盤3回の投球です。

4回にノーラン・アレナドにソロショットを、6回にはチャーリー・ブロックモンにソロショットを浴び、自らの失点で2−2のタイスコアに追いつかれたのですが、そこからが圧巻でした。

6回を終えて投球数は76球。ペースとしてはよかったものの、これからきつくなるタイミングでさらにギアを上げました。

特に、9回のマウンドに上がる時点では97球を数えていましたので、リリーバーに代わってもおかしくなかったのですが、マウンドを守り抜いた気迫に、先日鼻骨骨折にもかかわらずローテーションを守って登板したマックス・シャーザーと似たようなものを感じました(記事)。

9回の3アウト目をノーラン・アレナドから三振で奪ったボールは97.2mph(156.43kmh)を計測しました。

ビューラーは9回、111球を投げ、被安打3、自責点2、奪三振16、被本塁打2。

ヘルマン・マルケスも好投

ロッキーズ先発のヘルマン・マルケスもよかったです。8回を終えてドジャース打線を被安打5、失点2、自責点1、奪三振8、被本塁打1の快投。

ドジャース打線がなかなか援護できなかったわけですね。

マット・ビーティーがサヨナラ2ランHR

苦労していたドジャース打線ですが、最終回にビューラーの熱投に応えました。

ロッキーズのマウンドには2番手のハイロ・ディアスが上がりました。

ドジャースは2アウトまで取られるも、マックス・マンシーが四球を選び、勝利の芽をつなぎました。マンシーはいい仕事をしましたね。

そして6番LFに入っていたマット・ビーティー(Matt Beaty)が劇的なサヨナラ2ランHRを放ち、ビューラーに8勝目をプレゼントしました。

ビーティーは2015年ドジャース12巡目指名の右投げ左打ちの26才。デビューは2019年4月30日で、まだルーキーステータスです。

リキャップです↓

ドジャースの1試合奪三振レコードは?

ビューラーが達成した9回完投16Kはフランチャイズ史上11回目の達成。

9回完投でのドジャースの奪三振記録を持っているのは野茂さん。1996年に見せた17Kです。

Florida Marlins at Los Angeles Dodgers Box Score, April 13, 1996 | Baseball-Reference.com
Los Angeles Dodgers beat Florida Marlins (3-1). Apr 13, 1996, Attendance: 46059, Time of Game: 2:10. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, p...

ビューラーの美しいフォームを。

ビューラー、今年はサイヤング賞候補に名乗りを上げそうな投球でしたね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 匿名 より:

    ピッチングフォームだけでなくパフォーマンスまでバーランダー然としてきましたね

    • hirotee より:

      匿名様
      コメントありがとうございます。おっしゃるようにバーランダーのような風貌がありますね。ビューラーは腕をたたむ感じではなく、バーランダーのような棒振りに近いスイングなところもトミー・ジョンになりにくいのではないかと思っております。
      またご訪問してください! コメント、ありがとうございました!

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました