スポンサーリンク

【MLBプロスペクト】2021年全体1位のヘンリー・デービスがメジャー・デビュー!

捕手かと思いきや、RFで出場!

 パイレーツに新しい時代が到来した模様です。

 現地2023年6月19日、2021年のアマチュア・ドラフトで全体1位で指名された捕手のヘンリー・デービス(Henry Davis)がメジャーリーグ・デビューを果たしました!

 Congratulations!

 ヘンリー・デービスは捕手として指名されたのですが、デビュー戦はRFで7番での先発出場となりました。なお、登録上は捕手兼OFということになっています。

メジャー初打席で初ヒット!

 この日からパイレーツは地元PNCパークでナリーグ中地区ライバル、カブスを迎えての3ゲームシリーズ。

 カブス先発は、大きなカーブに特徴のあるドリュー・スマイリー。

 テクニカルな投球を見せるベテラン左腕に対して、大物ルーキーがどのような打撃を見せるのか、非常に興味深いところでしたが、なんと初打席で結果を出しました!

 試合の流れとしてはパイレーツの先発でルーキー右腕のオズバルド・ビドー(Osvaldo Bido)が2回表に集中打を浴びて3失点を喫し、パイレーツがビハインドの状況で迎えた初打席でした。

1球で仕留める!

 3回裏、イニング先頭として回ってきたヘンリー・デービスにスタンドから大きな拍手で送られました。地元ファンも大いに期待している証ですね。

 その初打席、ヘンリー・デービスは打ち気に早ることなく、非常に落ち着いており、冷静に枠近辺のボールを見極めて3-0カウントに持ち込みます。この辺はさすがキャッチャーというところでしょうか。

 4球目と5球目は92-93mphのシンカーでこれらを見逃してフルカウントに。ここまで1球もスイングしていません!

 じっくりとベテランの球筋を幹割れたルーキーは、6球目、シンカーが甘いところに来たのを待ってましたとばかりに強振。スイングは今のメジャーの流行りのスイングで、重心はやや低め。そのせいか、非常に迫力のあるスイングでした。打球は三塁線を破り、見事にメジャー初打席で初ヒット、そして初長打となる2塁打を放ったのでした!

この日の打席 

 第2打席が回ってきたのは4回裏、2アウトランナー1塁の状況。この打席での対戦でドリュー・スマイリーはこれがメジャーのボールだと言わんばかりに得意のナックル・カーブを多投。7球中6球がそうでした。結果は空振り三振。

 第3打席は6回裏、マイケル・フルマーとの対戦。こちらはフルマーのボールが暴れて四球で出塁。

 第4打席は8回裏に回ってきました。ゲーム前半は0-3となんとか挽回できる点差だったのですが、7回表と8回表の2イニングでブルペンが打たれて計5失点。0-8と大きく差を拡げられた状況での打席でした。

 2アウトランナー無しで回ってきたこの打席では、右腕のマイケル・ラッカー(Rucker)との対戦。ヘンリー・デービスは1-1カウントからの甘い4シームに対応。これが捉えたあたりとなったのですが、CFライナーに倒れました。

 この日は4打席を経験し、3打数1安打、1BB、1SOという成績でした。

 なお、ゲームの方はカブスが8-0のスコアで勝利。パイレーツはこれで7連敗となってしまい、34勝37敗で借金が3となりました。

https://www.mlb.com/gameday/cubs-vs-pirates/2023/06/19/717698/final/box

ヘンリー・デービスとは?

 ヘンリー・デービスは上述の通り、2021年の全体1位の選手です。出身はニューヨーク州で、ルイビル大学の出身です。大学ではでスター選手として活躍。

ドラフト指名前の話。2020年はコロナ・パンデミックのせいで、NCAAもシーズン途中でキャンセルになりました。ヘンリー・デービスも漏れなくその余波を受け、14試合の出場にとどまります。ただ、短いシーズンながらも彼はOPS 1.179をマークしています。

パンデミックのおかげでプロとトレーニング

 そのパンデミックの最中、彼は思いがけず、メジャーリーガーたちと過ごす機会を得ました。

 彼はSNSでニューヨーク州出身のアダム・オッタビーノ(当時NYY在籍)が彼の自宅近くでネットスローで練習していることを知り、一緒にトレーニングしたいと申し出ました。すると、近くにいた右腕のマット・バーンズ(当時BOS)もこれに参加。これが彼に大きな影響を与えたことは間違いなく、翌年のNCAAでの大活躍につながります。

 ヘンリー・デービスはルイビル大の3年生のシーズンの2021年に50試合に出場。打率.370、OBP .483、SLG .663、15HR 、48 RBI、10 SBをマークしました。

 2021年6月、パイレーツは全体1位の指名権を得ていたのですが、誰を指名するかは外部にはまったくわからない状況でした。この年、大注目だったのはヴァンダービルト大の右腕のジャック・ライターと同大の同僚、クマール・ロッカーで、おそらく彼らのうちのどちらかが全体1位になると思われていたのでした。ヘンリー・デービスも名前は上がっていたものの、10位近辺だろうとの予測がされていました。しかし、蓋を開けてみると、パイレーツが指名したのはルイビル大学のスター捕手。パイレーツは、彼が将来の捕手であると確信。全体1位で指名したのでした。非常に惚れ込んだというところですね。

サイニング・ボーナスが全体2位より下の金額

 2021年7月17日に両者はサイン。サイニング・ボーナスは$6.42Mで、これは全体1位のスロット・バリューを下回る額でした。金額で行けばこの年の1巡目で5番目の高さです。全体2位のジャック・ライターの方がサイニング・ボーナスの金額は上で、レンジャーズと$7.922Mでサインしていたのでした。

 どうしてそうなったのかは明確な理由がわかりませんでしたが、その後の試合数を見れば、やはり何らかの故障を抱えていたのだと思われます。

 ドラフト・イヤーの7月以降のシーズンはこれはもうプロとして慣れるための期間です。

 プロとしてフルシーズンとなった2022年、ヘンリー・デービスは、ルーキー・レベルからダブルAまで計4つのレベルでプレーしますが、出場試合数は計59試合。やはり故障により試合数が少なくなったのでした。2022年はダブルAで31試合に出場し、打率.207、OBP .324、SLG .379、HR 4、SB 3、RBI 18。

 2023年はコンディションも良く、ダブルAとトリプルAで51試合に出場。打率.284、OBP .433、SLG .541、HR 11、SO 46、BB 40、RBI 30をマーク。ようやく本領発揮でついにメジャーに上がったのでした。

捕手としての出場は?

 本来は捕手のヘンリー・デービスがRFとしてデビューしたゆえに、捕手としてのキャリアは今後どうなるのか?と心配になった方は多いと思いますが、OFはどうやら一時的と考えて良さそうです。

 OFをやり始めたのはやはり怪我の影響。その負担を軽くするために、パイレーツは一旦はバットを優先させたということのようです。

 なお、本人はパイレーツの勝利に貢献できれば、OFとして出場することも喜んで受け入れるという姿勢です。

 パイレーツのデレク・シェルトン監督は、彼を捕手として出場させることも示唆しています。

 実際、パイレーツのメイン捕手であるオースティン・ヘッジスは、長い間際立ったディフェンダーでもありましたが、今シーズンは.打率175、OBP .231、SLG.242と苦戦。バックアップのジェイソン・ディレイは、打率.293、OBP .359、SLG.402と好調な数字を見せてはいます。

 今後のヘンリー・デービスに期待ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました