【MLBプロスペクト2019】SDPのクリス・パダックが2ヒッター、7Kでメジャーデビュー!

ST絶好調でローテに入ったC・パダック

現地2019年3月31日のパドレスの話題ですが、ルーキーのクリス・パダックChris Paddack)がついにメジャー・デビュー果たし、スプリング・トレーニング同様の素晴らしい投球を見せてくれました!!

三振が多かったパダックのデビュー戦

ジャイアンツとの開幕シリーズにローテーションの一角として登板したクリス・パダックは5回、79球、被安打2、失点1(自責点1)、奪三振7でメジャー・デビュー。

ルーキーながら落ち着いていて、1回は三者凡退。2回に至ってはブランドン・ベルト、ブランドン・クロフォード、ジェラルド・パーラの4、5、6番を連続三振! 

さらに3回表にも先頭のパブロ・サンドバルも三振で4者連続!の圧巻の序盤。

しかし、5回には前の打席で三振を奪ったブランドン・クロフォードにシングルを打たれ、さらにパブロ・サンドバルにはタイムリー2塁打を許し、1失点。

パンダは8球連続ファウル

パンダことパブロ・サンドバルはこの打席では意地を見せ、8球連続ファウルで粘り、大人げないほどの抵抗を見せるほど、パダックの投球はよかったです。

SFG、J・サマージャも結果を出す!

ただ、クリス・パダックには障壁が。相手投手のジェフ・サマージャがナイスピッチングを披露。

こちらも5回を被安打3、与四球4ながらも失点を1に抑える好投。パドレスの活気ある打線に仕事をさせませんでした。

ただ、J・サマージャ降板後にパドレスがしぶとい攻撃を見せ、パドレスが3−1で勝っています。

パダックが降板後に打線が逆転したので、残念ながら初勝利はなりませんでした。しかし、これだけいい内容なら初勝利も近いのではないかと思います。

打線にも頑張ってもらいましょう。

ゲームスコア パドレス3, ジャイアンツ1
The Official Site of Major League Baseball

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク