スポンサーリンク

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!

マーシュを差し出して獲得した逸材

 現地2022年9月28日、レギュラー・シーズンも残り10試合を切り、155試合目となったエンゼルスはアスレチックスとの対戦。これからの残り試合はアスレチックスと現地29日にもう1戦交え、大谷選手が登板します。その後はホームでレンジャーズとの3連戦、そして最後のシリーズは再びアスレチックスとの対戦で、場所はコロシアム。2022年のフィニッシュはロードで終了となります。

 トップページにも書かせていただいていますが、大谷選手が29日の登板を前回から中5日でこなすこととなり、このペースで行けばアスレチックスとの2022年最終戦に登板の可能性があります。どうなるでしょうね!

ロスタームーブでレンドンが復帰

 そんな中、エンゼルスに朗報が2つあります。1つは6月に右手首の手術により、今季はシーズンエンディングと言われたアンソニー・レンドンが60Day ILから復帰すること。

 これでトラウト&レンドンで大谷選手をダブルでバックアップ!と喜びたいところではありますが、そうも行きません。

 というのも現地2022年6月26日に大ケイオスとなったマリナーズ@エンゼルス戦での大乱闘で、ジェシー・ウィンカーに最初に接触したアンソニー・レンドンはMLBからサスペンションの処分を下されているからです。

 レンドンが下された処分は以下の2つです。

  • 現地6月27日から7試合はベンチに入れず
  • 怪我が治り、ILから復帰後に5試合のサスペンション(おそらく2023年)

 そのうちの1番目はすでに終えています。今回の対象となるのは2番目。5試合のサスペンションです。エンゼルスは現地2022年9月28日にレンドンのステータスを変えているので、おそらくここからスタートして5試合。10月2日のレンジャーズ戦までの5試合に出られないということに。

 よって、10月3日からの最後の3連戦のアスレチックス戦で復帰すると思われます(間違えていたらすみません)。

 今季はもうポストシーズンがないエンゼルスですが、2023シーズンのスタートをスムーズに行かせるためにはやはりレンドンの力も必要。ベテランゆえ春先は調子が上がらないかもしれませんが、レンドンがいるだけで相手への圧が違いますので、今のうちにサスペンションを消化した方が来シーズンのためにも良いという判断かと。

 なお、レンドンの復帰により、1Bを守っていたマイク・フォードがDFAとなりました。フォードはこのままリリース→FAという流れになると思われます。

ローガン・オホッピーがメジャーデビュー

 そしてエンゼルスの朗報の2つめです。それが捕手のローガン・オホッピーのメジャーデビューです!

 オホッピーは28日のアスレチックス戦で8番Cでスタメンでメジャーデビュー。まだ22才でリード面はこれからとは言え、打撃、そして肩に大きな期待が寄せられています。フィリーズにいれば、そのままJT・リアルミュートの次にマスクをかぶっていたであろう捕手。打撃が良く肩が強い点はリアルミュートとプレースタイルも似ています。

 ローガン・オホッピーはトレードデッドラインでブランドン・マーシュとのスワップでエンゼルスへ移籍。なお、同日にエンゼルス&フィリーズ間で、ノア・シンダーガードのトレードも行われました。ノア・シンダーガードを出して獲得したフィリーズの選手が、ミッキー・モニアックです。予想通り、あまり打ちませんけど。

 なお、ローガン・オホッビーは今季、マイナー(ダブルA)で計26HRを放っています。トリプルAを経ずに昇格しました。

オホッビー、ローレンツェンを好リード

 この日のエンゼルスの先発はマイケル・ローレンツェン。初コンビで初回は少し苦労しましたが、2回以降はコミュニケーションも良かったのではないかと思います。

 ローレンツェンは5回を投げ、被安打3、失点1。アスレチックス打線のチーム打率がア・リーグ最下位の.217とは言え、ローレンツェンの良さをある程度は引き出した結果となりました。

 オホッビーは最後までマスクをかぶり、アーロン・ループ、ハイメ・バリア、ホセ・キハーダ、ジミー・ハーゲットらのブルペン陣のボールも実践で受けました。ブルペンはこの日も良い結果を出し、スコアレス・リレーでしたね。

メジャー初ヒットも

 そして、打撃では3回裏のメジャー初打席で、初ヒットを放っております。CF前へゴロのヒットでした。この日は1本だけでしたが、打撃はかなり期待できそうです。

大谷とも組む?

 現地2022年9月29日は大谷選手の登板日。おそらくスタッシかと思うのですが、オホッビーに受けさせるなら、2023年はエンゼルスはオホッビーをメイン捕手として起用する可能性もありますね。

 スタッシのリードは非常に良いので、彼にも頑張って欲しいところです。

 以上、エンゼルスの期待の捕手にデビューについてでした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました