スポンサーリンク

【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も

2022コーチングの体制を変更

 現地2022年1月7日の情報としてジョン・ヘイマンさんが、エンゼルスの新ベンチコーチに、フロント・オフィスからレイ・モンゴメリー氏を起用することを報じました。

 MLBはロックアウト中ですが、マイナー選手やコーチングスタッフの契約は可能な状態。とは言え、やはり動きは活発ではありません。よって、少し様子していましたが、クラブ側はアナウンスはしていませんが、どうやらコンファームは出た模様です。

主要なベンチコーチを交代

 ベンチコーチと言えば、NPBで言うところのヘッドコーチに当たる要職。そこをフロント・オフィスから起用するのはちょっと異例の人事かもしれません。

 大谷選手の起用方法は変わることはありませんが、マイク・トラウト、アンソニー・レンドンが復帰し、攻撃力が格段に増すシーズンで、問題であったブルペンもまずはクローザーとしてライセル・イグレシアスと再契約。ロックアウト後の先発、ブルペン補強にも目が離せません。

強くなったライバル達

 そして同地区ライバルが、生まれ変わりつつあります。相変わらず強いアストロズ、大補強のレンジャーズ、そしてロビー・レイを獲得し、プロスペクト達もいい具合に仕上がってきたマリナーズ、リビルドが報じられ、メルビンが去ったとは言え油断できないアスレチックスと前年より周囲もザワザワとしております。

 そのような状況の中での主要ポストの交代でした。

レイ・モンゴメリーとは?

 新ベンチコーチのレイ・モンゴメリー(Ray Montgomery)は、1969年8月8日生まれの52才。アスレチックスの新ベンチコーチに就任予定のブラッド・オースマスや、ケン・グリフィー・Jr.らと同い年。

 選手時代は右投げ右打ちのOFで、1996-1998までの3シーズン、アストロズに所属しました。選手としては大成しなかったタイプのコーチですね。

 引退後はブルワーズのスカウトとしてリッキー・ウィークスを見つけたりしています。ブルワーズの国内スカウトの要職に就いた後、2009年にパドレスのスカウティング・ダイレクターに。

その翌年には、Dバックスからスカウティング・ダイレクターとして引き抜かれました。さらに2014年にスカウティング・ダイレクターとしてブルワーズに復帰。

 2020シーズン終了後、エンゼルスがフロント・オフィスのdirector for player personnel のポジションに起用。今回はフロントオフィスからの転進になります。

2021年のコーチ布陣

 ちなみに、2021年の布陣はご覧の通り。Coaching Assistant/Replay Coordinatorと、ブルペン捕手、打撃投手は除いています。ピッチング・コーチのマット・ワイズはインテリム(臨時)でした。理由はミッキー・キャラウェイのセクハラによりポジションが空いたため。

Position2021 コーチ陣
監督ジョー・マッドン
ベンチコーチマイク・ガエーゴ(Mike Gallego)
ヒッティング・コーチジェレミー・リード(Jeremy Reed) 
ピッチング・コーチマット・ワイズ(Matt Wise )
アシスタント・ヒッティング・コーチジョン・マリー(John Mallee)
ヒッティング・インストラクターポール・ソレント(Paul Sorrento)
INF/3Bコーチブライアン・バターフィールド
(Brian Butterfield)
OF/1Bコーチブルース・ハインズ(Bruce Hines)
キャッチング・コーチホセ・モリーナ(Jose Molina)
ブルペン・コーチドム・チティ−(Dom Chiti )
クオリティー・アシュアランス・コーチティム・バス(Tim Buss )
2021 LAA COACH

2022年コーチングはシャッフル予定 

 現地2022年1月8日時点で判明しているのはご覧の通り。元のベンチコーチのマイク・ガエーゴは、ジョー・マッドンの片腕のような人なので、残ることは決定していますが、ポジションは不明。

Position2022コーチ陣
監督ジョー・マッドン
ベンチコーチレイ・モンゴメリー(Ray Montgomery)
※マイク・ガエーゴ(Mike Gallego)
のポジションは未定
ヒッティング・コーチジェレミー・リード(Jeremy Reed) 
ピッチング・コーチマット・ワイズ(Matt Wise )
アシスタント・ヒッティング・コーチジョン・マリー(John Mallee)
ヒッティング・インストラクターポール・ソレント(Paul Sorrento)
INF/3Bコーチ
OF/1Bコーチ
キャッチング・コーチ
ブルペン・コーチドム・チティ−(Dom Chiti )
クオリティー・アシュアランス・コーチティム・バス(Tim Buss )
2022 LAA COACH (現地2022年1月8日時点)

2022コーチにアダム・イートンの名も

 そして、ポジションは不明ながら、フィル・ネヴィン(Phil Nevin:選手時代はINF)とベンジー・ギル(Benji Gil: 2002 WS戦士のINF)、ビル・ヘイスルマン(Bill Haselman:選手時代はC)の加入は決定。

 おそらくはネヴィンとギルが1Bか3Bコーチに、捕手出身のヘイスルマンがキャッチング・コーチでしょう。ただ、ベンチコーチの次に重宝されるのは3Bコーチ。要職ゆえに、マイク・ガエーゴが就き、ネヴィンかギルのどちらかが2人目のヒッティング・コーチということもあり得ます。

 ただし、実はもうひとり噂されているのがアダム・イートン。2019年のナショナルズのワールドシリーズ制覇に大きく貢献したOFですね。2020年から打撃不振となり、2021年はFAとして加入したホワイトソックスをDFAに。その後、エンゼルスに加入するも、すぐにDFAに。

 そのアダム・イートンにエンゼルスはコーチのオファーをしているのです。アダム・イートンはまだ引退のアナウンスはしておりません。

 よって、アダム・イートンが加入となると、おそらくOFの守備を担うでしょうから、1Bか3Bのコーチに就くかもしれず(どちらかと言うと1Bコーチかもしれません)、ますます人事がわからない状況になりそうです。

フロントからの起用の狙い

 2021年、パドレスのジェイス・ティングラー監督が苦戦し解雇されることになりましたが、監督してやりにくかったというのも要因の一つと言われています。A.J.プレラーGMの現場への介入もあったでしょう。

 要は監督には気心の知れた相棒がいるということですね。ティングラーに相棒を選ぶ機会はありませんでした。

 ジョー・マッドンにはマイク・ガエーゴが必要です。

 これは筆者の推察であることをご容赦願いたいのですが、この二人を分断する意味があるのかな?と思っております。おそらく新任のレイ・モンゴメリーはコーチ経験はないものの、かなり優秀な人です。

 ということは、選手開発もしくは人材起用を現場で実現してくれというフロントからの要請があるのかもしれませんね。マッドン監督は持論をお持ちの人ですから、おそらく頑固。別にフロントと現場に軋轢があるとは思いませんが、この新たな布陣には現場とフロントの風通しをよくする意味があるのかな?などとも考えております。

 とにかく、ALウェストが激しくなりますから、良い結果を出してもらいたいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました