スポンサーリンク

【MLB2022】ダスティン・メイ、トミー・ジョン手術からの復帰登板で快投!デビュー戦のホーイングは2被弾

ダスティン・メイが復帰登板

 すでにMLB唯一の80勝超えを果たしているドジャースは快調そのもの。

 現地2022年8月20日、そのドジャースに頼もしい投手が帰ってきました!トミー・ジョン手術で離脱していたダスティン・メイ(Dustin May)が メジャーのマウンドに帰ってきました。

メイ、復帰が早い!

 ダスティン・メイのメジャー最後の登板は、2021年5月1日のブルワーズ戦。ゲーム途中に顔を歪め、自ら志願してマウンドを降りました。その直前も明らかにスピードが落ち、ルイス・ウリアスにHRを許した時点で本人もやばいと思っていたようで、せめてイニングの最後までと思って投げたのが症状を悪化させました。

 ドジャースの判断は迅速でした。MRIの結果、UCL(Ulnar Collateral Ligament: 尺骨側副靭帯しゃっこつそくふくじんたい)の断裂までは行っていなかったものの、損傷度合いのグレードも高かったのか、即座にトミー・ジョン手術をする決断をし、2021年5月11日に手術を行いました。

 よってダスティン・メイは1年3ヶ月強でメジャーのマウンドに復帰したことになります。早かったですね!

完璧な管理のリハビリ登板

 術後のリハビリも順調で、現地2022年4月2日にはすでに傾斜のあるマウンドでのスローイング・セッションを実施。4月6日にはブルペン・セッションで25球を投げ、徐々に力を入れた投球に移行し始めました。

 6月18日には40球、6月24日にはライブBP(シート打撃のようなもの)に登板し、98mphと101mphをマーク。

 7月2日にルーキー・リーグにアサインされ、7月17日には実戦登板をスタートさせ、2.0 IPでパーフェクト、奪三振3をマーク。

 7月21日にはトリプルAへのアサインメントが決まり、7月22日に2.0 IP、7月28日に3.0 IP、8月3日に4.0 IP、8月9日、14日、20日にそれぞれ5.0 IPに登板。3Aでは5試合、19.0 IPを投げ、被安打14、失点4、ER 4、被本塁打2、BB6、SO33で、ERAは1.89。

 見ていて思うのは、ドジャースはしっかりと管理していたなということです。データでは主に日数くらいしかわかりませんが、イニング数も徐々に長く増やして行っていますし、投げた後は6日など、きちんと日数を空けています。肘の腱に負担のかかる変化球も球種によって徐々に増やして行ったと思われます。フィニッシュで指に力を入れるシンカーなどもなかなか最後のプッシュを許さなかったのではないかと想像します。

 リハビリのオーバー・ペースは本人にもクラブにも2次災害でしかありませんから、早く復帰したければ、腕を休めろなど、上手に管理して行ったことが見てとれます。さすが、ドジャースです。

メイの復帰登板は5回、71球

 復帰登板はマーリンズ戦で、先頭のジョーイ・ウェンドルに投げた復帰第1球目は、98.2mphのシンカー。いきなり、復帰前とも思えるHigh-90mphのボールを投げました。ジョーイ・ウェンドルには3球目の91.1mphのカット・ボールをシングルを許しましたが、この日与えた安打はこの1安打のみ。

 この日のMAXは2イニング目にミゲル・ロハスを1Bポップフライに打ち取った99.2mph。ファイナル・イニングとなった5イニング目は若干スピードは落ちましたが、それでも97.5mphを投げ、腕のスタミナも申し分なしです。

 92mph ほどのカット・ボールも多用したことが復帰戦で5イニングも投げられたポイントかなとも思います。この日は4シーム、シンカー、カット、カーブ、チェンジアップと手術前に投じていた球種を投げました。

 5回を71球と理想的なペースでした。被安打1、スコアレス、2BB、9SO!

デビュー戦のホーイングが2被弾

 マーリンズの先発は、この日がデビュー戦となったブライアン・ホーイング(Bryan Hoeing)。1996年10月19日生まれの25才の右腕で、ルイビル大学の出身。2019年のアマチュア・ドラフトのマーリンズの7巡目指名です。

 今季はAAでは1.40と素晴らしい結果を出していましたが、AAAでは16試合、84.1 IPでERAは5.55。

 この日の先発が予定されていた左腕のブラクストン・ギャレット(Braxton Garrett)がショルダー・イシューとなったため、急遽ホーイングがコールアップ。メジャー・デビューとなりました。ブラクストン・ギャレットは今季13試合に登板し、2勝6敗、ERA 3.67をマークしていました。

 そのホーイングはボールの切れで勝負するタイプで、ファストボールは92mphほどで速くないのですが、70mph後半のカーブを効果的に使い、ファストボールを速く見せるタイプ。

 1回裏に先頭のムーキー・ベッツを2B ゴロに打ち取ったのは良かったのですが、つづくトレイ・ターナーとフレディー・フリーマンに連続安打を浴び、ランナーを貯めたところでウィル・スミスにLFスタンドに持っていから、いきなりの3失点。

 3回裏は打者2巡目で、ムーキーから始まって3連打でまずは1失点。HRを打たれたウィル・スミスは三振に打ち取りましたが、つづくジャスティン・ターナーにLFへHRを浴び、さらに3失点。

 ホーイングは3回を投げて、被安打8、失点7、BB1、SO2、被本塁打2。いいボールを投げるのですが、ドジャース打線にはちょっと厳しかったですね。ホロ苦デビューとなりました。 

 ドジャース打線はこのように序盤にダスティン・メイを大量援護。6回、7回にも満塁のチャンスを作りましたが、左腕のアンドリュー・ナルディ、右腕のコール・サルサーにそれぞれ粘られ無得点。

 ゲームは7-0でドジャースが勝利しました。打線はあと2点ほど追加点が欲しかったですね。

ビューラー離脱決定もメイがバックアップ

 ドジャース投手陣は今季、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンが大躍進。そしてベテランのクレイトン・カーショウもここ数年で一番いいシーズンを過ごしています。カーショウはバック・イシューで現在は離脱しています。

 ウォーカー・ビューラーが6月10日のゲーム最後に離脱。ビューラーは当初はボーン・スパーの除去手術ということでしたが、8月15日にシーズン・エンディングの手術をすることが決まりました。

 ドジャースは肘の手術と言うだけで、症状や手術箇所を明かしておりません。いずれにせよ、今季のビューラーの復帰は無くなりました。

 ビューラーの手術は現地2022年8月23日の予定。

 ひょっとしたら、その後に詳細情報を明かすかもしれませんね。万が一、トミー・ジョン手術なら、2024年のスプリング・トレーニングまでアウトということになります。

 ビューラーのシーズン復帰が無くなったタイミングでダスティン・メイが戻ってきたことはドジャースは不幸中の幸いでしたね。ビューラーの肘の手術がトミー・ジョン手術でないことを祈りつつ。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
タイトルとURLをコピーしました