スポンサーリンク

【MLB経営】マジック・ジョンソンがドジャースを買収

ドジャース

ドジャースの経営

マジック・ジョンソンがLADを20億ドルで買収 

ScreenHunter_01 Mar. 28 16.16

こんにちは(^.^)
いやー、大きなニュースが入ってきました。
2011年6月に、連邦破産法(Chapter 11)に基づいて破産申請を行なっていたMLBのロサンゼルス・ドジャース。大リーグ機構にも球団の売却を管理されている状態でした。
そのドジャースを元NBAロサンゼルス・レイカーズのマジック・ジョンソンが球団及び施設を含め、20億ドル(約1660億円)で買収したとの報道がありました。
「MLB=ドジャース、M・ジョンソン氏らが1660億円で買収 」
ロイター 3月28日(水)14時2分配信
ドジャースの売却には、前監督のジョン・トーリさんの名前などが上がっていましたが、
結局、マジック・ジョンソンが買収に成功した模様。

投資グループ

 正確に書きますと、マジック・ジョンソンが名を連ねる投資グループ「グッゲンハイム・ベースボール・マネジメント」が、入札の上、落札したということです。

買収金額

買収金額は、ドジャース球団とドジャー・スタジアムの買収に20億ドル(1660億円、@83円/ドル)。その他、グッゲンハイム・ベースボール・マネジメントは「チャベス・ラビン」と呼ばれる球場周辺の土地、駐車場などの施設に対しては、現オーナーのマッコート氏と
JV(ジョイントベンチャー)を組んで、150万ドル(約1億3千万円)にて取得する予定とのことです。
 この20億ドル(約1660億円)という買収金額は、北米スポーツで過去に行われた買収の中で、最高金額なのだそうです。

松井選手の動向

さて、そこで我々日本人が気になるのは、やはり松井秀喜選手の移籍先。 ドジャースは現在も有力な移籍先の一つです。
他に、インディアンス、ブルージェイズ、オリオールズなどの名前も上がっています。この買収劇でドジャースに、松井選手獲得の動きが出てくるかも!とこっそり考えております。
投資したなら、回収しないといけませんものね。松井選手の日本での人気はスゴイですから、入団すればLAへの日本人観光客、グッズの売上は相当伸びるのは間違いないので、マジック・ジョンソン、松井選手を獲得すべきです!
お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
【MLBワード】ポストシーズン・シェアとは?
タイトルとURLをコピーしました