スポンサーリンク

【MLB2022FA】CBA交渉期間中にファストフード店のレジにいたクレイトン・カーショウがドジャースと1年17Mで再契約!

カーショウは再契約

 現地2022年3月11日、ロックアウトが解除され、FAマーケットが再びオープンになったことで、堰を切ったようにFAディールがまとまってきております。

 まずビッグネームとしてクレイトン・カーショウのディールが決まりました。

 クレイトン・カーショウと言えば、先日8日にファストフード店のレジに立っていたことで、MLBファンだけでなく飲食業界にもサプライズを起こしていました。

レイジング・ケインにいたワケ

 ちょっと横道に逸れますが、クレイトン・カーショウが立っていたのは、Raising Cane’s Chicken Fingers (レイジング・ケインズ・チキン・フィンガーズ)というファストフード・チェイン。1996年創業です。

 ここで何をやっていたかというと、カーショーズ・チャレンジというボランティア活動。カーショウズ・チャレンジとはカーショウと奥さんのエレンさんによって設立されたボランティア団体で、活動内容はロサンゼルス、ダラス、ザンビア、ドミニカ共和国に住む弱い立場の子どもたちのために、彼らが住んでいるコミュニティーに良い影響を与えるように支援して行きましょう活動。

 その活動に協力したいということで、レイジング・ケインが名乗りを上げ、レジに立っていたということでした。カーショウはお客さんに活動内容を積極的にアピールしていたということでした。

 レイジング・ケインズの創設者兼共同CEOであるトッド・グレイブス氏は、「(FAの)クレイトンがどこと契約するのかは誰もが注目していますが、まさかレイジング・ケインズとは誰も思っていなかったでしょう」と冗談交じりに語っています。「クレイトンはエースなので、彼が今日、私たちのクルーに加わったことに興奮しています。また、私たちはカーショウズ・チャレンジを支援することに積極的で、彼には感謝しています」とお答えになられています。

契約内容

 さて、カーショウとドジャースとの契約内容ですが、下記になりました。

  • 1年/$17M プラスインセンティブ

 前回契約が2018年11月にサインした3年/$93Mで、均等割だと$31M。実際の支払いはサイニング・ボーナスが$23Mで、それを3回に分けて受け取り、さらに残りの$70Mを均等割で受けとることになっていて、$23.33M/年でした。

 また、クレイトン・カーショウは2021年11月のクオリファイング・オファーの有資格でありながら、オファーされていませんでした。

 もし、オファーされていたなら、今回のQOの金額は$18.4Mでしたので、この契約はなかなかいいラインで提示したのではないか?と思っています。

2022年は34才のシーズン

 クレイトン・カーショウと言えば、2011年から2018年が凄すぎましたので、どうしても求められるハードルが上がってしまう投手。ご覧の通りの数字とAward。

ほぼ4年連続でCY

 とりわけ、2011年から2014年の4シーズンでサイ・ヤング賞が3回で、受賞しなかった2012年も2位ですから、いかにすごかったかが思い知らされる数字です。

  • 2011: 21勝5敗、ERA 2.28 、233.1 IP/ サイ・ヤング賞、MVP受賞
  • 2012年:14勝9敗、ERA 2.53、227.2 IP/ CY投票2位、MVP投票16位
  • 2013: 16勝9敗、ERA 1.83、236.0 IP/ サイ・ヤング賞
  • 2014年:21勝3敗、ERA 1.77、198.1IP_/サイ・ヤング賞、MVP受賞
  • 2015年:16勝7敗、ERA 2.13、232.1 IP/ CY投票3位、MVP投票10位
  • 2018年:18勝4敗、ERA 2.31、175.0 IP / CY投票2位、MVP投票17位  

2022年は121.2 IP

 2010年から2015年までの6シーズンで200イニング以上が5シーズン。200イニングに足りなかった2014シーズンにおいても198.1 IPを投げており、ほぼ200IPと言っていい数字です。

 この激しい期間の疲労の蓄積がここ数シーズン顕著になってきており、2021シーズンは22スタートで121.2 IP、10勝8敗、ERA 3.55。

 これまで腰、首に故障を抱え、シーズンを離脱したことのあるカーショウですが、2021年7月には投手にとって危ない前腕部を傷め、60DAY ILに入ったこともありました。2021年はポストシーズンにも登板せず。

 左前腕部が回復していることを祈るばかりです。

ドジャースのローテーション

 ドジャースのローテーションは現時点で、ウォーカー・ビューラー、フリオ・ウリアス、トニー・ゴンソリン、そしてクレイトン・カーショウ。オフに加入したアンドリュー・ヒーニーがスターターとして投げるかどうか。そして2022年のオープニングでトミージョン手術から19ヶ月となるトミー・ケインリーの復活、そして2021年5月にトミージョン手術を行ったダスティン・メイのシーズン中の復帰も期待するところです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました