スポンサーリンク

【MLB2022FA】CBA交渉期間中にファストフード店のレジにいたクレイトン・カーショウがドジャースと1年17Mで再契約!

カーショウは再契約

 現地2022年3月11日、ロックアウトが解除され、FAマーケットが再びオープンになったことで、堰を切ったようにFAディールがまとまってきております。

 まずビッグネームとしてクレイトン・カーショウのディールが決まりました。

 クレイトン・カーショウと言えば、先日8日にファストフード店のレジに立っていたことで、MLBファンだけでなく飲食業界にもサプライズを起こしていました。

レイジング・ケインにいたワケ

 ちょっと横道に逸れますが、クレイトン・カーショウが立っていたのは、Raising Cane’s Chicken Fingers (レイジング・ケインズ・チキン・フィンガーズ)というファストフード・チェイン。1996年創業です。

 ここで何をやっていたかというと、カーショーズ・チャレンジというボランティア活動。カーショウズ・チャレンジとはカーショウと奥さんのエレンさんによって設立されたボランティア団体で、活動内容はロサンゼルス、ダラス、ザンビア、ドミニカ共和国に住む弱い立場の子どもたちのために、彼らが住んでいるコミュニティーに良い影響を与えるように支援して行きましょう活動。

 その活動に協力したいということで、レイジング・ケインが名乗りを上げ、レジに立っていたということでした。カーショウはお客さんに活動内容を積極的にアピールしていたということでした。

 レイジング・ケインズの創設者兼共同CEOであるトッド・グレイブス氏は、「(FAの)クレイトンがどこと契約するのかは誰もが注目していますが、まさかレイジング・ケインズとは誰も思っていなかったでしょう」と冗談交じりに語っています。「クレイトンはエースなので、彼が今日、私たちのクルーに加わったことに興奮しています。また、私たちはカーショウズ・チャレンジを支援することに積極的で、彼には感謝しています」とお答えになられています。

契約内容

 さて、カーショウとドジャースとの契約内容ですが、下記になりました。

  • 1年/$17M プラスインセンティブ

 前回契約が2018年11月にサインした3年/$93Mで、均等割だと$31M。実際の支払いはサイニング・ボーナスが$23Mで、それを3回に分けて受け取り、さらに残りの$70Mを均等割で受けとることになっていて、$23.33M/年でした。

 また、クレイトン・カーショウは2021年11月のクオリファイング・オファーの有資格でありながら、オファーされていませんでした。

 もし、オファーされていたなら、今回のQOの金額は$18.4Mでしたので、この契約はなかなかいいラインで提示したのではないか?と思っています。

2022年は34才のシーズン

 クレイトン・カーショウと言えば、2011年から2018年が凄すぎましたので、どうしても求められるハードルが上がってしまう投手。ご覧の通りの数字とAward。

ほぼ4年連続でCY

 とりわけ、2011年から2014年の4シーズンでサイ・ヤング賞が3回で、受賞しなかった2012年も2位ですから、いかにすごかったかが思い知らされる数字です。

  • 2011: 21勝5敗、ERA 2.28 、233.1 IP/ サイ・ヤング賞、MVP受賞
  • 2012年:14勝9敗、ERA 2.53、227.2 IP/ CY投票2位、MVP投票16位
  • 2013: 16勝9敗、ERA 1.83、236.0 IP/ サイ・ヤング賞
  • 2014年:21勝3敗、ERA 1.77、198.1IP_/サイ・ヤング賞、MVP受賞
  • 2015年:16勝7敗、ERA 2.13、232.1 IP/ CY投票3位、MVP投票10位
  • 2018年:18勝4敗、ERA 2.31、175.0 IP / CY投票2位、MVP投票17位  

2022年は121.2 IP

 2010年から2015年までの6シーズンで200イニング以上が5シーズン。200イニングに足りなかった2014シーズンにおいても198.1 IPを投げており、ほぼ200IPと言っていい数字です。

 この激しい期間の疲労の蓄積がここ数シーズン顕著になってきており、2021シーズンは22スタートで121.2 IP、10勝8敗、ERA 3.55。

 これまで腰、首に故障を抱え、シーズンを離脱したことのあるカーショウですが、2021年7月には投手にとって危ない前腕部を傷め、60DAY ILに入ったこともありました。2021年はポストシーズンにも登板せず。

 左前腕部が回復していることを祈るばかりです。

ドジャースのローテーション

 ドジャースのローテーションは現時点で、ウォーカー・ビューラー、フリオ・ウリアス、トニー・ゴンソリン、そしてクレイトン・カーショウ。オフに加入したアンドリュー・ヒーニーがスターターとして投げるかどうか。そして2022年のオープニングでトミージョン手術から19ヶ月となるトミー・ケインリーの復活、そして2021年5月にトミージョン手術を行ったダスティン・メイのシーズン中の復帰も期待するところです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました