スポンサーリンク

【MLB2021FA】ブレーブス、テレンス・ゴアを獲得!代走のみでメジャーを疾走するスペシャリストの獲得

獲得したブレーブスにファンとして感謝

 現地2021年2月26日、マイナーディールではありますが、興味深いディールがありましたので、記載させてください。

 アトランタ・ブレーブスが、OF兼PRのテレンス・ゴア(Terrance Gore/29)を獲得しました。

契約

 マイナーディールなので、メジャーに上がってからがどのような数字になるかというところですが、現時点では詳細は出ていません。

 ちなみにマイナーの間はダブルAレベルでだいたい週給$600、トリプルAで週給$700くらい。これでもアップしているのです。以前はダブルAで週給$350、トリプルAで週給$500程度でした。

 テレンス・ゴアの場合、メジャーに上がった場合、2021年の最低年俸$570,500よりは高い設定にはなると思われます。

代走のスペシャリスト

 テレンス・ゴアのプロフィールなどは以下の記事に詳細を記載しています。

 

メジャー通算7シーズンで15安打

 ご存じない方のために、かんたんに触れておきます。テレンス・ゴアはまさに足のスペシャリストで代走での起用が多いために、打席数が異常に少ないのです。

 そもそもメジャー7シーズンで試合数は102。PA(Plate Appearance:打席数)に至っては、たったの77しかありません(2020シーズン終了時点)。

 よって通算安打数も15安打しかなく、2014年にデビューして初安打が2018年まで出なかったのです。当時のカブス監督のジョー・マッドンはほぼ遊び感覚として打席に送ったというくらいのレベル。

 ただ、初安打はなんとマックス・シャーザーからきれいなセンター前ヒット。

通算40盗塁 

 足のスペシャリストゆえにさぞかし盗塁数が多いかと言えば、こちらもNOです。理由はやはり代走での起用が多いためです。メジャー通算で40盗塁。

2019年の成績(2度目のKCR)

 上の2つのリンク記事は2018年のカブス時代のものです。ロイヤルズの記事も移籍時ですから、内容はカブス時代のもの。

 あと、テレンス・ゴアはカブスに移籍する前、MLBのキャリアスタートがそもそもロイヤルズでした。よって、2019年のロイヤルズは2度めの在籍ということになります。

 2019年、ロイヤルズでは37試合に出場。このうちフル出場が12試合。また延長になったゲームでも9回まで出場したゲームがありましたから、計13試合のフル出場と見ていいかと思います。

 そのほかはゲーム後半に代走、あるいは代走から守備についてゲームフィニッシュというところです。キャリア通算15安打のうち、14安打をこのシーズンに放ち、マルチヒットも2試合。打率.275、OBP .362、SLG .353という成績でした。ただ、安打は実はこのようなセーフティーによる出塁が多かったのです。安打数が増えた理由はこれです。

 盗塁は13で、CS(Caught Stolen)が5。

ヤンキースに移籍

 シーズン半ばの2019年7月17日に、ヤンキースに移籍しました。ただ、ヤンキースではメジャーの出場試合はありませんでした。

2020年はドジャースに在籍

 FAとして2020年2月15日にドジャースとマイナー契約でサイン。

 2020シーズンは2試合だけ出場。開幕2試合目と6試合目に守備交代と代走での起用。この2試合では打席に立っておらず、また盗塁もなかったのでノーレコード。

 ドジャースにはシーズン終盤まで在籍し、11月にFAとなっていました。 

実はCS(Caught Stolen)も多い

 足を絶賛してきたテレンス・ゴアなので、さぞかし盗塁成功率も高いのかと言えば、実はそうでもありません。いわゆる盗塁失敗のCS(Caught Stolen)が9。失敗の確率が18%もあるのです。

 ヤンキースをリリースされたのもこの盗塁成功率が高くなかったためと言われています。

本当に走るだけ 

 CS(Caught Stolen)多いというのは、実は野球IQもそれほど高くありません。牽制死もよくひっかかるのです。PRで塁に出ているがゆえに、前へ前へという意識がそうさせることもあったでしょう。

だから、面白い

 本当に野球のスプリント力に特化した選手で、そんな輝く個性が1人くらいいてもいいと思うのです。

 ポジションプレーヤーの評価基準はとにかく打つことです。そうしなければサラリーは上がりません。その風潮の中にいながらも7シーズンもしぶとく生き残ってくれたテレンス・ゴアに期待するのもありでしょう。

 フィールドで疾走する姿は実にかっこいいです。そんな選手です。

 ブレーブスでもおそらく通年、マイナー生活もあり得るでしょう。ポストシーズンでアクティブ・ロスターに入れるかどうか。そもそも本人の生活は苦しいままのはずですが、それでも足のみで生き残っている彼を応援するのは悪くないと思うのです。

 絶対にメジャーに上がり、サラリーも上げてもらいたいですね。

 4打席連続セーフティーというのも見てみたいものです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました